脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

運転中に感じた違和感!危険を一瞬で回避するトレーニング!!

 

自動車関連での危険。

 

車を運転するひとであれば、幾度も経験されていますよね。

よくあるのが、後ろから車間距離を縮めてくる、あおり行為。

 

自動車学校の学科で配られた教本って、

本っ当によくできていますよね。

無駄がない。

でも、免許証という運転資格を手にしてからが、重要です。

 

 

実践で学ぶのはいわゆる、ぶっつけ本番だからこそ、

そこから学んでいくしかないというのも現実です。

 

 

そこで今回は、運転中に回避すべきポイントをまとめてみました!

 

ぜひ、ご参考あれ!!!

 

 

朝の通学・通勤時間に起こりがちな危険の回避!!

 

間違いなく、通勤ラッシュ!通学ラッシュ!!ということは?

 

小学生、集団登校から、大人の自転車通勤。

はたまた、朝の散歩やジョギングをしている人も多い時間帯です。

 

とうことは、

車も渋滞ができやすい時間帯となります。

 

出勤時間に間に合うか間に合わないか、あせって運転する人も多いと思います。

 

・集団登校の児童さんたち

・自転車通勤・バイク通勤の人のすり抜け運転

・あせって通勤している人の車の運転

 

特に気をつけるべきです。

 

それとあと1つは、

 

 

日差しです。

季節や天候によっては、朝日や逆境が、非常にまぶしい時間帯でもあります。

 

 

 

サングラスなどで視界をクリアにしておくと良いでしょう。

 

 

夜の運転中に、危険を回避するコツ!あるの?

 

昼間と違って、視界がさえぎられています。

歩行者でも、光で反射するようなグッズを身につけていない人は沢山います。

ましてや人通りの少ない道路ではあ信号無視をして横切ろうとする人も珍しくありません。

 

道路上に落ちている障害物にも気がつきにくいです。

 

ただ、

運転中の人が気をつけることはそう多くはありません。

 

  • スピードをゆるめる(夜モードのスピードにする)
  • スピード運転をしている車から遠ざかる
  • 対向車がいない時は必ずハイビームにする
  • 常に人や自転車の位置情報を目で察知しながら運転する

 

重要なのは、建物に注目しながら運転しないことです。

 

 

コンビニなどのお店の光は、夜道ではとても明るく目を引きますが、

夜の運転で特に注目すべきは、

暗いところを歩いている歩行者だったりするのです。

 

危険の回避は、事前に察知できる!この方法で安全に、目的地に到着!

 

 

車に乗って、誰にもぶつからず、迷惑を掛けずに移動することですね。

 

あなたの運転姿を見た人は、

 

あなたのことを

「見ていて危険を感じないような、

安心安全なドライバーである事」を信じるほかありません。

 

 

しかし、歩行者であろうと、二輪車であろうと、

人というのは油断をして、横断歩道のない道路を横切ったり、

勢いよく車道に進入したりするのです。

 

 

自己過信が良くない事は、お話ししましたが、

他者過信も、よくないのです。

 

だからこそ、普段から運転しながら頭を研ぎ澄ますべき理由がここにある!

 

 

 

運転していると、

「あれっ?」

と、違和感を感じる運転をしているドライバーさん。

いたりしませんか?

たまに遭遇することがあると思います。

 

 

 

筆者の話ですが、

先日なんか、直径5センチほどで二メートルの長さがあろうかという木材を、

何百本と小型のトラックに積んでいるドライバーさんの後ろを走りました。

 

もちろんその積載物はロープで固定されていましたが、

私は、「もし、落ちてきたら危ないなあ。」

 

と思い、神経過敏ではありましたが、隣の車線に移動しました。

 

その後

少し渋滞があり、その軽トラが進み始めた時。

不安的中!

積載ロープが解け、数本の長い木材が道路に落下。

もちろんすぐ後ろの車は気がついて困惑していました。

 

軽トラのドライバーさんも、気がつかず発信してしまい、

この光景を目撃したものの、

呼び止めるタイミングもなく、もどかしかった経験があります。

 

 

 

そうなんです。

 

他のドライバーさんや、道ゆく歩行者さんの動きに対して、

 

 

「あれっ?」

と、違和感をしっかりと感じて見てください。

 

 

 

そして、どうしてそれがどのような動きをしようとしているのか、

想像してみてください。

じゃあ、自分はこういう時はどうすれば、どう心がまえを新たにしたら良いのか、

逐一判断してみてください。

 

あれっ?と思ったら、

それを好奇の目で見るのではなく、

なぜなのか。どういう事情があって、こういう動きに出ているのか?

想像力を働かせることで、似たような場面の時にはサッと適切に動けるようになってきます。

 

当たり前ですが、頭で考えている時間は、

車などの運転で移動する速さには到底かないません。

 

 

だから、

運転中の違和感は、何かの前兆であることが多いのです。

 

 

おわりに

 

確かに、絶対に、事故に遭遇しない方法は存在しません。

はっきりいって、運もあります。

 

その中で強調したいことは、

 

 

機能よりも少しだけ、想像力を働かしてみませんか?

ということなんです。

 

 

ぶつかりそうになって、顔面蒼白、血の気が引いた経験って、

誰もがあると思います。

 

 

大体の人は、これを実際に経験をして

自動車運転の危険を知り、より一層事故を起こさない様に気を付ける事が身に付くものです。

 

 

常に、

 

かもしれない運転心掛ける事で、

未然に危険回避が出来るようになります。

 

 

そういすることで、事故に繋がる危険回避は減少して

未然の危険回避の回数が増えてスムーズに自動車の運転が出来る様に

なっていきます。

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

おうち時間でもできる。マンネリ化への対処の仕方とは?

マンネリ化。それは日々の怠慢ではありません。あなたのせいではありません。 脳がそういう風にできているがゆえ…

誰がなんと言おうと、自分の夢は先取りしておいた方が良い!

自分の夢を先取りするために必要となる「自覚」とは? 夢を先取りする上で自覚しておかなければいけないことがいくつかあります。 …

「温かい家庭」を夢みる人ほど結婚生活に失敗してしまいやすい。何度も相手選びを間違わないためにやることとは?

俗に言う、「温かい家庭」とは、どんな家庭のことを指すのか? ・笑ってご飯が食べれるのが当たり前の家庭 ・家族のことも他…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!