脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

よく当たる占いって、本当にあるの?!無難すぎる占い結果をあえて意識して、日常に生かす考え方!!

突然ですが、「占い」って、好きですか?

 

 

職場の行事や仲間内でやるとその場の空気が盛り上がりますよね。

おみくじクッキーなんかはその最たるものでしょう。

 

ただ、不安を煽るような事を言われたりしたら嫌だなーと思うので、直接見てもらったりは、しない派です。

 

 

こんにちは!うにまんじゅ です。

 

今回は、占いの種類から、

友人に占ってもらった経験から分かった事。

お届けしますよ〜!

 

 

占いの種類が多いと悩むあなたへ!まずはカテゴリーを知る事!

占いの種類は大きく分けると4種類!目的に応じては、多岐にわたる!

 

誕生日・星座・四柱推命などの、産まれた時の時期や時間で運命を占う

・タロット・おみくじ・ルーン占いなどの、その時選んだタイミングの結果を占う

手相・人相・風水・姓名判断など、その時期によって結果が変わる可能性がある占い

霊鑑定・オーラ鑑定などの霊的な力をかりた占い

 

かなり大まかに分けてこの4つ。

 

 

占ってもらう手段としては

雑誌インターネットのような気軽なものをはじめ、

霊的な内容でも電話口でも占ってもらえるみたいです。

占い師のいるコーナーのある百貨店やテナントではもちろん対面式で。

 

占いが胡散臭いといわれる理由!その上で、楽しんでみる気持ちで!

俗にい言う、「当たらなかった!」「全く違うことを言われた!」「ついつい高いお守りを買ってしまった!」

 

という、インチキ商法に引っかかったという話も耳にします。

実際に怪しい商売をしていることもあるので、見極め方の目安を挙げてみました!

 

高額なグッズを買うように言われる!

「コレを使うと今の不運が取れる。」「買わないと、何日以内に災難に巻き込まれる。」

と、不安をあおり、占ってもらいにきただけの人の心を惑わす占い師は、信用してはいけません。

不安をあおって商売することは、本来ならあってはならないことです。

占いに興味のある人の中には、生活上悩みがあって、占い師さんに相談したくてお金を払っている人も多いのです。

其れに漬け込まれている可能性が高いのだと知っておきましょう!

 

不安をあおる・良くない予言をするだけで、アドバイス的なフォローをしない!

占いにきた人を傾倒させようという意図が見えます占いというのは、不幸を知るためだけにあるのではなく、

元々は、人生の方向に迷った人々を救うための小さなオアシスのような拠りどころでした。

それを、悪い話ばかりする占い師さんに関しては、ミステリアスな演出で怖がらせているだけにしか見えません。

 

無愛想な態度・対応。

これは、接客をする職業すべてにいえますが、言語道断ですね!

でも、こんなうそみたいな対応をする占い師さんって、いるんですよ。

 

結局、あなたの直感と、占い師さんの評判がすべて!!

占い師さんも人間ですので、得意とする占いとそうではないものがあります。

また、人間的に波長・相性が合う合わないもあるのです。

直感を研ぎ澄ました方法で占う方法も存在するのでやはり、あなたの直感を当てにしてください!よほど判断しかねるようであれば、占いたい内容で選ぶしかないですが。

また、評判の良いところにしたほうが、縁起も良いです。あまり評判が良くないとされる占い師さんでも、真実は分からない部分があるので、具体的にどの部分が悪いとされているのか情報集めもある程度は必要かと思います。

 

 

実録!!占いで救われた経験から見る、上手な活用方法!!!

自分の知らない自分が分かるような気がして、

場合によっては神がかっている雰囲気にドキドキできる占い。

 

私は基本的に占いなどは信じておりません。
イメージとしては

 

心の隙間を狙った営利目的の詐欺だと思っております。

 

 

占いの練習台?無料だけども戸惑います。

 

そんな私に友人が、占いを勉強しているのだと告白してくれました。
趣味程度のものだとあまり気にはしていませんでした。

 

 

ある時占わせてもらいたいと言われました。
もちろん営利目的ではないので無料です。

 

あんま気が進まなかった私に、

「自分の実力を試したいから占わせてほしい」
と頼んで来たので、まあ・・・・(ためいき)

 

友達の頼みとなれば仕方なく占ってもらうことにしました。

 

 

まず手相を占い。

 

これまでの出来事を思っていたよりも細かく占い始めました。
どれも当たっているのですが、誰でも当てはまるような内容です。

 

 

友達なので昔した話をそれらしく話しているのかなあ・・
いつ終わるのか、退屈な気分だったことを覚えています。

 

注意喚起は、誰にでも当てはまるのでは?と正直思う。

手相を見ながら、乗り物に注意するように言われました。
たしかに私は乗り物に乗る頻度が高いので、
何かトラブルに見舞われてもおかしくありません。

 

特にバイクでの走行に気をつけるように念を押されたのを覚えています。
1年以内に大きな事故にあうかもしれない。
しかも、走りなれた道路の交差点が危険だというのです。

 

 

   

 

これも誰にでも当てはまる内容だと思います。

 

しかし、友人があまりにも真剣な表情で話すので
「これから安全運転を心掛ける」
と返答しました。

更にタロット占いでも事故に気をつけるよう念を押されました。

 

もし他人に占われていたら、
「これが占いマジックか!?」

 

 

と何も気にすることはないのですが、

 

友人が心配してくれたので、心がけた安全運転

友人に真剣な表情で心配されると無視するわけにもいきません。
この日からバイクに乗るときは安全運転を心掛けました。

 

以前はスピードを出していた場所や、
すり抜けていた場所でも無理をせず走行するようになりました。

 

半年経っても事故は起きませんでした。
日頃から心掛けのおかげだと占ってくれた友人に感謝しました!

 

さらにそれから2ヶ月ほど経った昼のこと・・・!!

 

 

私を抜き去ったバイクにつられスピードを出していました。
ある交差点で信号が黄色に変わりました。
ふ、と友人の言葉が頭を過ぎりました。
私は冷静に減速しました。
前を走っていたバイクはそのまま信号無視で直進しました。
そこで右折車と接触し、横転しました。

 

私の視点ではバイクの信号無視が原因です。
しかし、車も早くから交差点に進入し、危険だと感じました。

 

 

 

その後、バイクの運転手がどうなったのかわかりません。

 

 

あの時一緒に交差点に進入していたらと思うとぞっとします。
間違いなく巻き込まれていたでしょう。

 

 

 

このことは友人にも情けないけれど震える声しか出ない状態でしたが

報告しました。

 

 

「まだ1年経っていないから、
これからも気をつけるようにね?」
と言われました。

 

結果、占いにより助言を受け、危機を回避できたと思っています。

 

 

この経験があってから、

・普段の生活の盲点を正すことができた!

・それにより危険の回避につながった!

 

心からそう思いました。

 

こういう例も、あるんです。友人に対しては、本当は興味がなかったことをカミングアウトして謝罪し、

反省しました。

 

 

 

占いも、危機回避への誘導になることは間違いがないようです。

 

 

終わりに

占い好きな人を見て、「何の目的でこんなに並んでまで占ってもらうのだろう?」

と、疑問に思うことはあります。

 

周囲の知人友人家族に占いをやる理由をリサーチしてみました。

 

女性11人・男性3人に聞いたところ・・・

 

・悩みがあり、行くべき道を自分で決めかねているから背中を押して欲しい。

・話題性があり、話のネタになるから。

・経験として、占い師さんに興味があるから。

・友達と行ってあとから盛り上がれるから。

・寂しいくらい落ち込んでいる時、カウンセラーのように相談できる。

・仲間の誕生日や血液型・動物占いで性格を押さえたコミュニケーションで楽しめるきっかけ作り。

 

理由は人それぞれでした^^

 

皆さんもぜひ、日常生活に占いを反映させてみては、いかがでしょうか?

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!