脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【察知de回避】20歳過ぎたら気をつけるべき、3つの誘惑!②~ネットワークビジネス~

今回は、20歳過ぎたら気をつけるべきこと!その②!!

 

ネットワークビジネスです。

これは、MLM=マルチレベルマーケティングといいます。

 

ネットワークビジネスと、一般の会社の違い!

 

ビジネスモデルがちがーーーーう!!

 

 

Aという会社があります。主に日用品を扱っています。歯ブラシ・洗剤・サプリメント・鍋・浄水器など、幅広いです。

Bという会社があります。主に日用品を扱っています。歯ブラシ・洗剤・サプリメント・鍋・浄水器など、幅広いです。

 

 

Aという会社は、テレビや雑誌・インターネットの広告会社にお金を払って商品のCMをしてもらいます。そして店頭でも扱ってもらうことで売り上げを上げます。

Bという会社は、日用品を購入した会員さんに、商品のよさを宣伝してもらって、売り上げを上げます。その売り上げの数パーセントを会員さんに払います。これで売り上げが上がります。

 

わかりますか?

Aという会社は、例えばK王・Lオンなど、誰もが知っている会社です。コンビニやスーパーに行けばたいていのものは売っています。

Bという会社は、人づてで販売する方式をとっているので(自由には注できるのは会員さんのみ)、大きな会社ですが、お店販売していないのです。

 

 

 

いわゆる、商品やビジネスの仕組みを誰かに紹介すれば、自分のもとに紹介料が入ってくる仕組みをとっている会社なのです。

 

 

売り込み方は、営業・セールスの方と同じです。しかし、そんな経験やスキルがなくても会員さんになれるため、実際に生活に困らないくらい稼げている人というのは少ないようです。

 

そんな会員さんのために

ネットワークビジネスでは、マーケティング(いわゆる商品の売り込み)の勉強会が開催されています。

 

 

なぜ私が知っているかですって?

それは20歳のころ、なにも察知できずに考えなしについていったことが幾度かあるからですよ~~!!

20歳だったから、偏見も皆無でした。まあ、そこが誘いやすさでもあるんでしょうね。

 

この、ネットワークビジネス。

学生でないこと

成人していること

入会の条件・これだけ!ね、入り口が広いでしょう?

じゃあ、誰が誘ってくるの?

 

 

 

 

誘ってくる人は、仲の良い友人や最近連絡を取らなかった知人が多い

 

そうなんです、身近な人から誘われることが多い。場合によってはあなたがちょっと意識をしている異性だったりもします。

なぜでしょう?

 

筆者は20歳の時、知人に誘われたネットワークビジネスの勉強会に参加した事があります。その時に配布された紙があるのですが、

 

その紙の中に

 

「あなたの知っている人を50人書いてみよう!」

といったものがありました。

付け加えて、その勉強会?に参加していた中で、司会者さんをやっていた人に促されました。

 

 

「人は、産まれてから今までに、かかわった人を数えると最低でも1000人ぐらいいる!その中で、しばらく会っていないけど連絡先が分かる人は少ない人でもでも50人はいる!しばらく会っていない同級生、あいつは今何をしているかな?幸せにしてやりたいな。牛乳配達をしていたおじさん、元気かなあ?こんな感じで探してみて、記入してください。ね?意外と知っている人の数、多いでしょ?」

このようなことを言っていました。

 

 

でも、「ネットワークビジネス」だけに、誰かを誘って商品を買ってもらわないと儲からないですよね。

 

会員さんはまず、個人的に誰に売ろうとなった時は、やはり知人から当たるというのが本流なんです。

そしてその、売ろうとしている知人というのが、たまたま あなた だった。だいたいのきっかけは、それだけのことなのです。

 

主に消耗品を売っているので、確かに歯ブラシが古くなったら買い換えればいい。一生使えるという高額な鍋も、商品自体にはとてもこだわりがあり、品質もよいものがほとんどです。ただ、一般人(セールスを生業としていない人)が、いきなり友人・知人に「この洗剤、いいよ!買わない?」なんて話しても、?ですよね。ましてや紹介料があると知れば、その分安くしてもらいたいと思うはず。あまりよい印象を与えません。今までの関係に亀裂が生じる危険も否めませんね。

 

感化される人もいる。なぜ?勉強会で、「夢をかなえよう!」という話もされます。

 

素直である会員さんは、そのまま知人を説得して、勉強会に連れて行きます。そこでは、ある程度稼いでいる会員さんの、わかりやすい説明もされています。こういったスタイルの会社は、アメリカが本家であることが多いです。

 

「はい、ここ、笑うところ!」→(会員さん・「アハハハ」)

「アメリカ人は、司会者が出てきたら、面白くなくても笑顔で拍手する!」→(会員さんの笑い声と拍手喝采)

などと、アメリカナイズのユーモアも飛び出してきます。

 

それは面白いなあと感じたのですが、

 

「たくさんの知り合いに、いい商品を買ってもらうことで、こっちにもお金が入ってくるし、Win-Winじゃない?権利収入を得よう!そして、プライベートジェットに乗って毎月ハワイに行こうよ!こういう生活って、夢じゃないんだよ!」

こういう、「夢」のある話になります。

 

 

あなたより人生経験の多いであろう大人が、こういう話をしてくるのです。さあ、どうしますか?

 

ネットワークビジネスを勧誘された、こちら側が考えるべきこと!

 

 

上でも申し上げましたが、ネットワークビジネスは、日本ではハードルが高いというか、どちらかというと向いていないと考えています。

本当に尋常じゃないぐらい頑張れば、トップに近づけるのかもしれません。まさに鉄のメンタルになれるでしょう。

 

 

ただ、「商品を買い続けてくれる人をたくさん作り続けなければならない」のです。

 

 

想像してみて下さい・・・・・

 

 

商品の知識を勉強して、

 

 

知人・友人ひとりひとりの前で、

 

通販番組の実験のように「ほ~ら、すごいでしょ?」と、紹介しなければならないんです。

 

紹介したからって、買ってくれるとは限らないのです。

 

しかも、同じようなことをして稼ごうとしてくれる人を探していかなければなりません。やる人探しです。

 

 

考えるべきことは、3つ!

 

「紹介してきてくれた人が、実際に今稼いでいるのか?」

「自分に紹介したことで、誰が何の得をするのか?」

「その商品を、魅力的に感じて、気持ちよく購入できるのか?」

 

もしここで、何か察知することがあれば、ヒラリと身をかわしましょう!

成人だから、なおさら自由なのです。

 

 

体験談

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る