脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【論理的思考・練習ノート】上司から、「ワインを分類しておきなさい。」という指示があった場合。

論理的思考とは数学的思考とも言われています。私たちが数学を学ぶのは論理的に考える力をつけるためです。

しかし論理的に考えることは文系と理系に関係なく、大事なスキルです。国際社会、考え方が違う人の集まりのなかで、自分の考えを相手にきちんと分かりやすく伝えることが出来るために論理的思考は必須です。

 

 

この論理的思考で欠かせないのが、

分類というカテゴリーです。

では、いってみましょう!

 

 

 

「倉庫に沢山並んでいるワインを分類しておいてもらえるかな?」と上司に頼まれました。あなたならどのように分類して上司に報告しますか?

 

頭の中で、シュミレーションしてみてください。

 

1ワインの産地別

2ぶどうの品種別

3ワインの生産年別

 

 

 

 

 

結論を先にいうと、上司への報告としてベストなのは「ワインの産地別に分類しておきました。産地別に分類することによって味の情報をつけられるからです」となります。

一見、ワインの生産年別に並べた方が古いワイン、当たり年のワインなどが分かりやすくて良いように思います。しかしそれ以上の情報が得られません。

一方ワインの産地別に並べた場合は味についての情報をつけることが出来ます。よくソムリエが「○○産のワインの味の特徴は~」と語っていますよね。つまり分類することによって新たな情報が引き出せるのでとても有効な分類方法だと言えます。そしてぶどうの品種別の分類ですが、確かにぶどうの種類が分かれば味の情報をつけることが出来ます。

でも、一つのワインに複数のブドウが使われているので、ぶどうの品種で分類すると一つのワインが複数のカテゴリーに入ってしまうので、良くないのです。分類するときには「もれなく、だぶりなく」が基本だからです。

 

ワインだけではなく日常生活において物事を整理して考えたり、分類することはよくあることです。

ただ、今まで何となく分けていたものを「どの方法で分類すれば新たな情報が出てくるかな?」と意識して考えるだけでもかなり違ってきます。

そしてこれが論理的思考というものなのです。実生活でも、お試しあれ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!