脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

「脱皮」と「脱走」の共通点とは?知恵を身につけて人生を走り抜けるためにできること。

今回は、私の意味深なブログタイトルについて、書いてみました。
このブログを始めたきっかけは、今の生活もいいけど、今の自分をバージョンアップさせたいと思ったからです。
 
私は正直、子供時代から恵まれた環境で育っそれが普通なんだと思って生きてきました。

だけど、どうしてもやりたくない事は意地でもやるつもりはなくて、

苦手で嫌なことからは逃げてもいいじゃん!

という考えでいます。正直わがままと言われようが、自分に嘘をつくのはすごく精神的に苦しいというか、、

ひとからのプレッシャーがものすごく、自分を崩壊させるんです。感受性が強いのかもしれません。

ただ、得意な面は伸ばしていきたいと思っているので、これまで話題が乗り越えてきたことや、経験して掴んだ人生のコツについてお伝えしていこうと思います。

同じように悩んでいる方のお悩み解決と発想の着想になればと思っています。

脱皮と脱走の共通点は、「変わりたい」という強いエネルギーである。

 
脱皮とは、両生類や昆虫に用いられることが多いです(成長の過程で、皮を破るの意味)が、人にも当てはまります。辞典には、
古い習慣や考えを捨てること。と、あります。
脱走とは、犬などのペットに用いられることが多いですが、人にも当てはまります。
ここでは、脱獄者のことではなく、壁を越えて逃げることと形容します。壁とは、実際に目に見える壁ではなく、
生きていくうえであなたの目の前に立ちはだかった難問・課題のことです。
ということで、
脱皮=心の壁を破ること
脱走=壁を越えて物理的に逃げること
になります。
筆者はこの二つの先に、突破という文字があると解釈しています。
なんらかの方法で、好ましくない現状から脱して欲しいです。逃げられなくて、その場で悩んで止まっているあなた。

例えば、1年の終わりに「この1年でいちばん充実していた時間と、無駄にすごした時間」を思い出すように振り返ってリスト化してみるとします。

実際に思い返してみるとわかるのですが、

・充実していた時間=行動を起こしていた時間

・無駄だった時間=悩んで立ち止まって結局行動できなかった時間

であるはずです。

悩んで決断するまでの時間や、余計なことを思い出してネガティブなことを考えている時間が大幅に人生の無駄だとわかります。

人生、突き抜けたい!けれど、脱皮と脱走だけではなにかが足りない!!

 
生きていくうえで、良い行い、良い習慣、良いと思った食べ物、良い環境・良い部分を吸収して生活する。
吸収していれば、否が応でも周囲に良いものを放出=与える気持ちになります。
そうすると、年単位で、回りに回って何かの形で自分に返ってきます。こうやって、人はどんどん古い習慣を脱ぎ捨てて、成長していくものです。
もしその道中で、危険を感じれば脱走することもひとつの手です。危険を感じれば。ですよ。社会的に人に迷惑をかけて逃げるということはもちろんいけません。
しかし、脱走癖はよくありません。そもそも自分にかなり自信があることに対してならば、脱走する必要はありません。
それでも、こころの許容量は人それぞれ。よくあるところで、明らかに向いていないPTA役員の押し付けやブラック企業のむちゃぶり業務命令など、嫌がることを無理やりさせられそうになったなどがあれば致し方ない。
わがままでも何でもないし、線引きが難しい風習以外でも、苦手なジャンルや弱点は誰にでもあります。
ただ、それらを適切な態度やことばでうまく流せる場合もあります。それを知恵と言います。

脱皮=生まれ変わりたい時/脱出=らちが開かない時に活用するパワー

人生のあらゆる場面で、前もってテレパシーを働かせておいたほうが良いなと思われるケースを順次記事にしていきます。
人は今日明日のことは描きやすいですが、5年後・10年後のことまで具体的に描くということをあまりしません。
プロ野球選手の小学生の時の作文には、はっきりと「通算何本打つ選手になる!」などと具体的に書いてあることも多いそうです。
それだけ彼らの想いが強かっただけではなく、絶対そうなるんだという確信があったのでしょう。

私はというと、思考停止で悪い大人に騙されたことにも気が付かず、口を開けたまま大人になってしまいました。

分け隔てなく教育してくださった大人もたくさんいましたが、

近くにいる弱そうな人間に対して横柄な態度を取ったり、勘違いして日常のイライラを解消しているような陰気な人や、騙そうとしてくる人もたくさん声をかけてきました。

実際に騙されましたけどね。

そんなわたしでさえ、子どもの頃から言い続けて思い続けて実現できたことがいくつもあります。

・22歳で結婚すること

・20代後半までに武道を習うこと

・自費で歯科矯正すること

・欲しい車に乗ること

以外と望んだ事は実現しています。

参考にしたのは、周りの人たちの行動パターンと、彼ら本音から見えた人間関係のからくり。図書館で借りたり購入した数々の自己啓発本でした。

得た教訓が3つあって、

・自分だけを頑なに信じろ(自分が幸せじゃないのに他人を幸せにできる余裕はない)

・自分の感情と他人の感情を分離せよ(課題の分離)

・処せ術はある程度テンプレ的な技を装備せよ(気持ちはどうでもよい。態度や姿勢はたとえ演技でも評価されて得をする

・自分の望みや欲しいものを詳しく知って、アンテナを張ること

つまり、

自分の軸を持つために、自己分析をしたり、マインドを整えたりすると、それに反した誘惑をはねのけることができ、

良くない感情のやり場や処理方法をあらかじめ決めておくと、土壇場で流されたり取り乱して大失敗しなくてすみ、

無難な振る舞いを身につけておけば避けられないコミュニケーションでも最低限損な役まわりをせずにすみます。

人生の糧を得るには、自分の好きなものや欲しいものがくっきりわかっていると、欲の大きさ次第では、それが心のよりどころや生きる希望になります。

本当のことです。

この4つが備わっていないと、まわりに振り回されて、運が悪いと人によってはメンタルをやられやすいです。

さらに絶望した時に、光の存在が見えなくなります。

これを読んでいる人は多分、大人になっても人生不器用な人なんだろうと思います。

私もそうだから、分かります。

そんな方向けに、しくじり経験者があつめた体験談とともに人生を変えるヒントを執筆しています。

不器用な人にでもなるべく分かりやすい内容にグレードアップしていきますので、よろしくお願いします。

一緒に、突き抜けていきましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る