脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【運命を変える決断!】「どうしても、仕事を辞めたい!」「でも、動けない・・・・」そう思ったら、するべき事。

こんな仕事、やめてやる!誰だって、1度は思ったことがありますよね。しかし、そういう思いが募りに募った時。あなたの脳内は麻痺してしまいます。そうなると、正常な判断ができなくなる恐れがあるので、そうなってしまう前になんとか打開策を見つけ出しましょう!

 

 

仕事を辞めたい!!と思ったのは、どんな時?自己分析として、紙に書いてみよう。

紙に書いてみるという作業は、自身の思いを冷静に見ることができる、という利点があります。

 

・まず、真っ先に思い浮かぶのが「人間関係」ではないでしょうか。会社という組織には、あなたを含めいろんな人間がおります。良い・悪いではなく、合う・合わないの問題がほとんどです。

・会社の方針・給与・待遇への不満。思っていた条件と大幅に違うけれど、それが暗黙されている状態になっているのに、今後も期待できない。己の能力は置いといて、もっと自分を評価してくれる会社って、あるのではないだろうか?

・仕事の内容に不満がある。苦手な部署に居座らざるを得ない・他の同僚と比べて、キツイ仕事を回される。どう考えても、自分が損をしているような気がしてしまう。

 

他にも、挙げたらキリがないかもしれませんね。

 

その、一つ一つに、語りかけてみてください。

 

本当に、改善する方法はないのか?社内に見方もしくは中立的な立場の人がいるのなら、軽い気持ちで意見を聞いてみてもいいでしょう。人事に相談するのもありです。

 

辞めるか辞めないかのジャッジの基準は、「周りの基準」ではなく、あくまで「あなた基準」で!!

 

まず、今の仕事の不満が、私生活に影響が出ているならば、すぐにでも辞めるべきです!自宅にいるのに、心も体も疲れが取れない。ニュートラル状態でいられない、ということ自体、異常な事態です。

 

すぐに辞められなかったら、「余計なことは何も考えずに物理的に」具合が悪いことを伝え、何日か休んでください。その休んだ時間に次への行動を決めてしまいましょう。

 

やめる覚悟があるならなおのこと。

 

 

次に、今の会社を辞めたことで得るものと失うものをそれぞれ書いてみてください。

 

・社会的保障・給料・長年努めてきたというステータス・一部の良い人間関係・上司との信頼関係

・自分の思い通りになる時間・ストレス・仕事のスキル

 

・・・羅列すればきりがないほどあるでしょう。

 

 

結論をいいますと、貴方が入社する前とした後のギャップが大きくかけ離れるほどの、マイナス面が多い場合。

または、会社が自分を人間として大事にしてくれている実感があるかないかで、決めてください。

なぜなら、従業員を大切にしない企業に未来はないからです。

 

 

(もちろん、自分自身も社会人として改善していかなければならない点はあるのかもしれませんが、私生活で、趣味や楽しみでストレスの解消してみることもまた、現状をやり過ごす方法のひとつです。)

 

 

それでも、実際に仕事を辞めようとする時。それは素敵な離陸へのパスポート!

いろいろな角度から、試行錯誤はしてみたけれど、どうしても今の会社と合致できない。未来が見えない。そういった場合もおると思います。

働く上で、あなたが求めている条件って、何でしょうか?

あなたにとって重要な条件を3つくらいに絞り、狙いが定まったら

それを満たす事が可能であろう、次の場所をさっさと探してしまいましょう。

 

その前段階として、

 

1・仕事を辞めた後に失ったものを補うための準備をする(生活費向こう半年分の確保、次の仕事を見つけておく)

2・「次」をすでに決めてしまうこと

3・引継ぎ業務に徹し、できる限り円満な退職をすること

 

今の仕事以外の時間は、すべて上の3つに集中しながら生活していきましょう。1と2は同時並行できます。これを固めてから、一気に3へ行きましょう。次の居場所を作ってしまうことで、あなたの決意と行動が、ゆるぎないものへとなります。

 

 


 

 

おわりに

 

 

仕事を辞めたくなったときに、なんだかんだと理由をつけながらもずっと居座ることも悪いことではありません。ただ、仕事に対する文句を垂れ流し続けることが、良くないのです。一つ一つ、解決していける人材になるにはどうしたらよいのか、考えながら力を注いでいく自分に成長できることも大切です。

筆者の場合は、9年努めた会社を辞めたことがあります。入社一日目から「しまった!」と思ったのですが、長時間勤務とパワハラを我慢し続けて病気になりました。それでも働くことはできたので、自分でできる範囲内のことだけに従事して、私生活とストレス解消の時間をバラ色にして何とか、乗り切りました。

ハタからみたら、「早くやめればいいのに」。といわれる状態でも、案外動きにくいということも良くあります。仕事以外の、別の世界を多く見るように心がけ、本当に自分にとってふさわしい環境をつかんで下さい!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る