脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

どうするの?家族で意見が割れた時。上手な話し合いは、できますかていますか?

 

いきなりですが、家族で意見が割れたことってありませんか?筆者はもちろんあります。同じDNAを持ったもの同士ではあるけれど、性別や年齢、ライフステージや交友関係もバラバラの者同士が一緒に生活をしているんです。当然です。しかも馴れ合いといった、心を許しまくっている事で起きる争いも時として否めません。今回は、そんな家族とうまく話し合いができる方法をお伝えしていきます。

 

会社でも家庭でも、ルールは同じ。会議では、人の意見を頭から否定しない!

 

いわゆる、「ブレーンストーミング」。この絶対的ルールというのが、「さまざまなアイデアや意見を出し合うが、それに対して否定をしない。」というもの。そうすることによって、柔軟な案件や、新しいアイデアが生まれやすいというメリットのある方法です。企業では割と当たり前に行われている会議の手法です。

もちろん家族会議にも応用できます。家族会議で行う話し合いでも、そもそも家族それぞれの意見や希望を汲みながら、それぞれの考えやアイデアを出し合うものでなければいけません。

そのルールをそれぞれが念頭に踏まえたうえでの話し合いが、円滑な結果をもたらす重要な方法といえます。

これでまず、話し合いができる状態、とい土台が気づけたわけです。

 

どうしますか?決定的な、意見割れをした時!持ち家か、賃貸か?

筆者の両親も、コレで意見が割れた時期があるそうです。

父いわく、「マイホームを持つの男としてのステータスだ!当時も今も、それが当たり前。」

母曰く、「子供たちが学校に行きだして、もしもいじめにあうなどのことがあったら、賃貸のほうが校区を変えやすいじゃない?それに、同じ風景ばっかり見ながら一生暮らすのは飽きる気がするわ。」

 

結局、「持ち」マンションの一室、になりました。引っ越す必要があれば、その部屋を貸し出して収入源にしているみたいです。現に今現在は、中古物件の一軒家を買い取り、十数年ほど暮らしております。

このように、機転を利かせた?第三の方法に落ち着く、ということもありです。意見の割れた、どちらにとっても納得できる案は、探し出せば意外と見つかるものです。

 

話し合いをするくらい、重要な内容と向き合っているのだから、きっといい答えは見つかるはずなんです。

 

意見が割れることは、決して悪いことではない

 

話し合いがめんどくさいと、思うときって、あります。話し合わずに、みんなが自分の意見を尊重してくれればいいのに!自分の言うことを聞いてくれるだけで全部うまくいくのに!!

だけどそこで考えてみて下さい。いくら家族といえど、他の家族に対して、横柄な態度や雑な扱いをしている。その人がもしも弱ってしまった後に、「家族なんだから当たり前」と、優しい気持ちで手助けしてくれるでしょうか?むしろ、「家族なんだから」気を使わずに、本性でもって逃げていったりするのではないのでしょうか?

家族って、いずれはバラバラになっていくものですが、同じ血が流れているかけがえのない存在です。知人・友人とは違った、無条件の絆があります。

話し合いの場では、家族それぞれが、お互いを尊重し合えているか確認できる場です。せめて、真っ向から否定しない関係でいてください。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!