脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危機回避体験談】妊娠中の不安な気持ち。予想外の展開を、どうやって乗り切る?

Kさん(32歳/主婦)の危機回避体験談です。

 


妊娠中は、自覚症状がなくても発覚する異常もある。

 

私は三歳の子どもがいる母親なのですが二人目を妊娠し助産院での出産を目指し過ごしていましたつわりも落ち着き仕事にも普通に通い順調に経過をたどっていました助産院での健診と並行して妊娠8か月の提携病院での検査がありました血液検査も異常なし赤ちゃんも順調に育っているとのことで安心して次の内診を待ちます

 

胎盤の位置や子宮口の状態を見るための内診なのですが診察台に座り始まったとたん先生の声色が変わりました2.7cmしかないよお腹張らないお腹は時々張ることがありましたが座ったり横になったりすればおさまっていたので気にしていなかったのです。(2.7cmというのは赤ちゃんが生まれる産道子宮頸管ことで4cmあるのが理想的で3cmは欲しいところ)だいぶ短くなっていたようでした

 

気になる自覚症状がなかったので急に自分の身体が異常らしいということを言われ事態を呑み込めませんでしたその後すぐお腹の張りをチェックするNST検査を行いました。(これは30分ほど安静にしながらお腹にベルトをつけて赤ちゃんの心拍とお腹の張りの頻度や大きさを調べるものです。)

 

 

 

入院を勧められたが、上の子の預け先の不安からはなってしまった一言

 

 

 

 

検査をしながら頭をよぎったのは入院という二文字でした知り合いに子宮頸管が短くなり緊急入院したことのある人がいたのもあり他人ごとではなかったもののまさか自分がかなり動揺していましたもし入院という事態になったら上の子はどうするの預かってくれる人はいませんどうしても入院だけは避けたいそればかり考えていましたそしてNST検査の結果が出たとのことで診察室に再度呼ばれました入るなりまずいですよ先生張りは弱かったものの10分間隔での波が見られ陣痛のようだとのことです結果とこれからどうするかをまくしたてるように言われました一番いいのは入院して点滴で治療すること予想通りの言葉を聞き他に方法はないんですか」と返しました。

 

 

 

 

医師の言葉でハッとさせられた!最終的に判断した答えとは

 

入院を嫌がるのは赤ちゃんを一番に考えていないからですお金のことや自分の生活のこと上の子のことそういう赤ちゃん以外のことを優先しようとしているからではないですかそう言われました確かに上の子のことを優先したかもしれませんでも赤ちゃんも上の子もどちらも大切なんです真っ白になる頭で何とか言葉をつなぎ服薬しながら自宅で安静にするから帰してほしいという意思を伝えました幸いまだ自分で選択できる余地がありましたでもこれ以上ひどくなったら今度こそ入院は避けられない

 

 

 

 

そこで帰宅して次の診察までひたすら寝たきりになりました入院を避けたいのは夫も同じ家事や上の子の保育園の送迎からお世話から全て引き受けてくれました3日後の診では子宮頸管の長さも伸びお腹の張りもやや落ち着いていました

 

 

 

上の子の妊娠中はトラブルが何もなかったので油断して動きすぎたのが原因だったようです妊娠中は無理は禁物もっと危険な状態になってからでは手遅れだったかもしれません

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!