脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

きったねえ!と思われるだけで人生不利。だけど、どうすれば?清潔感のない自分から脱出出!!

こんにちは。人は良くも悪くも清潔感のあるなしで持たれる印象が決まってしまいます。

そればかりか、清潔感のありなしで人間関係が円滑にいく確率も決まってしまいます。

逆に言えば、清潔感さえ出しておけばまず、悪い印象が持たれにくくなります。

今回は、清潔感とは何か?人が清潔感を感じるポイント・清潔感を醸し出す方法をお伝えしていきます。

 

 清潔感を醸し出さなければならない理由と、世間が感じる印象

人のどこに清潔感を感じるか

人のどこに不潔感を覚えるか

 

まずは知るべきです。

清潔感がある人ってどんな印象ですか?当たり前のことも含め

•お風呂、夜寝る前に入る

•髪にツヤがあり、カットをこま

めにしている

•毎食後きっちり歯磨き

•ブレスケアに気を使う

•アイロンかけたハンカチ、ティッシュケースに入れたティッシュを持ち歩く

•脱毛全身をしっかりしてる

•ボタンが取れたらしっかりつける、服にシミなし

思いついただけでもこれだけあります。

要するに、自分の体から発生する老廃物と、シワや穴のあいた服装を見られたらアウト!

なんです。

たしかに自分のお手入れはめんどくさいし、無頓着になってしまうのが性分な方も珍しくありません。

しかし、

世間的には、

「だらしないな」と、思われやすく、仕事をするにしても関係を構築していくにしても、「この人は他の面でもだらしないんだろうな、、」

と、思われやすです。

いくらあなたが優れた人間であっても、です。

清潔感がないと、世の中損することが多いため、少しずつでも変えていく事をおすすめします。

では、具体的にどうすれば清潔感だせるのか?

端的に言うと、

・プロに任せる(清潔感のある髪型、コーディネート、デザインにして下さい。などとお願いする)

・清潔感を感じる知人に、コツを聞く(その爪の手入れ、何を使ってやってるんですか?やど)

・消臭グッズを色々試して気に入ったものを常用する

・正しいシャンプーのやり方や、洗顔法などを調べて実行してみる

などです。

取り入れる際に大事なのが、

あなたは今の時点で清潔感について悩んでいるわけなので、人やネットの情報を、これは取り入れたら良さそうだけど、あれは多分無意味だからやめておこう。

などと、自分のフィルターにかけてはいけません。

だって、その選択肢の結果、悩んでいるのですから。

むしろ、

できている状態の人を鵜呑みにするからこそ、改善の余地があるんだ!と、思いましょう。

え?と、思った方法を試してみたら以外と評判良かった。なんてことはよくある話です。

清潔感は、教養に触れることでさらに空気感で醸し出すことが可能である。

見た目だけではなく、心から清潔な印象を持たれるためには、普段から美しい物を見るて、目を養うことが必要です。

なぜかといえば、世界で認められた、価値のある作品を見に行くことで、本物の造形美とは何か。特別とは何か。を学ぶことができ、そのような一流に囲まれると、それに相応しい人間になろうと思えてくるからです。

だからこそ、一流の目を養うために美術館や古典芸能で芸術に触れたり観たりされてはいかがでしょうか?

少しでもお役に立てましたら幸いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る