脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危機回避体験】猛暑バンコクで余裕だった私が日本のコンサートで調子こいて熱中症とパニック障害になった話。

 

Oさん(40代女性/医療事務)の貴重な体験談です。


今から10年ほどちょうどバンコクに赴任中だった私は夏休みということもあり日本への一時帰国中にスマップのコンサートへ行くことに

一緒に行く友達からは事前に日本は猛暑だから暑さ対策しなくちゃだめだよ再三言われていた

 

 

 

それに対して私は

うんうん

言いながらも

 

 

こっちは一年中が猛暑のバンコク暮らしだぜ日本の暑さなんてチョロイチョロイ!

たかをくくっていました

 

 

 

当日のライブは野外で夜から

でもグッズ販売は炎天下で長蛇の

 

 

 

そんな我慢大会の

おいしいビールを飲むためと水分もほどほどに汗だくになってやっとの思いでお目当てのグッズをゲットして休憩しようとしていました

 

 

 

 

あれおかしい、、、、、、、、、、、、、

何かフラフラして顔面紅潮涼しいお店に入っても全然治まる気配がなく体も痙攣してくる始末

 

 

 

ごめん今日は無理そうだから悪いけどひとりでライブ行ってくれる~?

 

あと申し訳ないけどあたしのチケットをだれか欲しいって行列してる人に買ってもらうよう交渉してもらえるかな~?」

 

 

 

そう言い残し友達もフラフラの私を一人で帰らせるのが心配のよう

その場で別れ何とか駅まで歩いていけたのですが改札口で限界

 

 

 

結局駅員さんに助けを求めとりあえず救急車を呼んでもらいたいことを頼んでその後のたうち回る始末

そう私は中症で脱水症状に陥っていたのです

 

 

 

その後救急車で近隣の病院に運ばれ点滴を受けて帰ることに

その時は単なる熱中症で体も回復できたと思っていました

 

 

 

しかしそれから大変なことへ私は駅で倒れたという意識から電車に乗れなくなってしまったのです

それ以外の体の不調も続き病院ジプシーを続けた結果パニック障害だろうとの診断が

 

 

 

しかしすぐにバンコクに戻らなければならない

しかも電車に乗れないのにひとりで飛行機に本当に不安で不安でドキドキもひどく

 

 

 

でも発作は死に至ることはないと言い聞かせ・・・

ネットでいろいろ調べているうちにその人なりの発作時の対処法があることをしりました

主だったものはやはり呼吸法みたいでしたが私はあまり効果がありませんでした

 

 

 

それそんなあるの~?と興味を持ったのが笑点のテーマソングを聞くと落ち着くという話でした

試しに飛行機の中で聞いてみたところ歌詞もなくただただ番組を連想させる楽しい音楽のみ次第に気分が落ち着いていく自分がいました

 

 

 

それまで様々なヒーリング音楽をきいてもダメだった自分だったのにあれが~?という驚きは今でもです

そう自分が暗示にかかっているみたいです()脳って単純なんだなつくづく思うしこういう武器を教えてくれた誰とも知れないネットの情報に感謝しています

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!