脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

1000万円貯蓄できている人の特徴とは?1000万円貯めたいけれど、「何か」が足りない気がする人は、ギャップを知るべき!

貯金を1000万円貯めたい!けれども、どうしてもポテンシャルを忘れてしまう。

結果、気がついたら何年も経ってしまってる。このまま人生終わってしまうよー!

一体どうすればいいのかなぁと、お悩みの方向けに、

1000万円貯めている人がやっていること

1000万円貯めるためにやってきたこと

の、ポイントを押さえて説明します。

 

もし、今からお伝えする内容と、今のあなたにギャップがあるのであれば、

その差を埋めるためにできることがあるはずです!!!

1000万円貯めるために必要な基礎的なこと!

目標を明確にする(1000万円貯めて何がしたいのか?)

1000万円貯めた後のことを明確にしていると、目標が穴いやすいのはご存じでしょうか。

あなたは1000万円貯めた後、何がしたいのか、明確に言えますか?

・ただ安心感が欲しい!

・貯金と言ったら、とりあえず1000万円からっしょ!

でも、事実。

安心したいために漠然と1000万円貯めたいなって思っていた結果が、今のあなたです。
1000万円貯めるっしょ!と、ノリで貯めたいなと思っていても、

絵空事で終わったのではないでしょうか?

それも当然です。

1000万円貯めた自分を見たことがない人は、貯めた後の自分が想像ができにくい。

 

 

 

経験したことのない自分になった後の創造がしにくいのは痛いほどわかります。

そのかわり!

そのあとのことを明確にイメージさえできれば、

「自分はこのために1000万円貯めているんだ!」

という現実感がいっぱいの毎日を送ることができます。

100万円貯めるためには、

「かわいい子供たちがある日突然医者になりたいといった時のために準備しておくんだ!」

「ためたお金を投資に回して不動産投資するんだ!」

「高額の趣味にお金をかけたいから、今のうちにがぽっと蓄えておくんだ!」

「お金に苦労するのが怖いから、数字のゲームをしたい!」

何でも構いません。
今日の晩御飯に食べたいものを明確にすればするほど、それがかないやすいのと同じだと考えてください。

銀行口座をわけて先取り貯金をする

先取貯金とは、月の収入の一定額をはじめに1000万円貯蓄の専用口座に入れてしまうことです。

できれば自動振り込みなどのサービスを使うと、お金に感情を持たずに言い訳せずに貯めることができるのでお勧めです。

収入減が複数ある方もいると思いますので、額を決めてしまうほうがやりやすいはずです。

 

 

家計簿をつけて収支を把握する

 

 

紙の家計簿帳でも、アプリでも構いません。大雑把に種類分けをして、出て言ったお金、入ってきたお金を記録していきます。定期的に振り替えることで、無駄な出費や増えていく貯蓄が可視化できます。

固定費を見直す

固定人は、食費、光熱費、通信費など、生活しているとどうしてもかかってしまう費用のことです。

家計簿をつけて分析をすると、

 

 

 

「この食費は外食をもうちょっと減らすと節約できるのでは?」

「通信費はもう少し安いプランないかなあ。」

などと、改善点が見えてくるものです。

改善点を見つけたら忘れないようにすぐに実行できるように予定表などに記録しておくと便利です。

計画的に行動して早割・セールを積極的に活用する

何も考えずにぶらぶら買い物をしていると、時間だけでなくいらないものを買ってしまってお金も失います。

できることならば、もっと効率的に買い物をするためにネットでまとめ買いをしたり、セールの日を狙って戦略的にまとめ買いをしてみるとよいです。

そのためには、お得そうな情報や、効率的に買い物できるようにアンテナを張っておく必要があります。

収入が上がっても生活レベルを上げすぎない

収入が多いほうが貯蓄がはかどりやすいのは事実ですが、

「資格が取れて年収12万円アップしたから、ご褒美に高い料理でも食べに行こう!」

などとプチぜいたくをするようになるのはあまりお勧めではありません。
それでモチベーションアップなどの利益があればよいのですが、

そういう時こそ財布のひもが緩みがちなので、ほどほどに押さえておきましょう。

資産運用をする

お金を増やしてくれる影武者を作れるのが、資産運用です。
今は興味がなくても、

1000万円以上貯蓄したときも、

楽に資産を増やしやすので今からでも小さく始めておくと目標達成もしやすいです。

何より、金融リテラシーが付き、お金との付き合い方がうまくなります。

環境/仕組みづくり編

壊したくないくらい可愛いor豪華なデザインの貯金箱を設置する

貯金箱を買ってある程度小銭をためたのに、何かの拍子に貯金箱を開けて、何かの入用に使った経験はだれしもあると思います。

そうです、いつでも開けられるんだからと思って人は簡単に小銭貯金をしてしまいます。その抑止力となるのが、壊すにはもったいない貯金箱を使うことです。

少なくとも今までよりは歯止めがかかるはずです。

普段使うカード以外は(ポイントカードも)家に置いておく

物理的に、いつでも使えるように財布に入れておいたカードを、

「今日使う見込みのあるカード」のみ持ち歩くというものです。

なぜかというと、

あらかじめ買い物の計画を考えざるを得なくなるし、
それ以外の必要のない寄り道をしなくなると言おうメリットがあるからです。

また、

「ポイントカードがあるからこの店で買い物をしてたんだ・・」

と、気が付くことができます。

固定費以外も身の丈に応じて使う

 

 

固定費以外といえば、遊興費(遊ぶお金)、お小遣い趣味、教育費、美容代、保険料・・・

年間の平均収入の何パーセントを使っているのか?月ごとに分析をすることで、

多いのか?

少ないのか?

もっと減らせないか?

など検討、改善する手掛かりが見つかります。

 

 

 

小銭は財布に入れっぱなしにしない

小銭を貯金箱に入れるようにするのをお勧めしています。

1000万円貯金がある人が良く実行している内容として、「小銭貯金」というのがあります。

小銭が財布の中にあると、思わず残りで自販機のコーヒーでも買ってしまいがちになります。

というわけで、小銭はできる限り、なかったものとして扱うのがおすすめのやり方です。

思考/自己暗示編

貯金が趣味にする。貯蓄を一番に考える。

「趣味=貯金でーすww」

というぐらい、貯金することを自分の優先順位一番に持ってきましょう。
貯金を楽しむ方法も見えてきます。

1000万円貯金するのは決して苦痛なものではありません。
今まで貯金に挫折したのだから、今までの方法が間違っていたのだと気が付くことができましたね。

だからこそ、やり方を変えてみることで、

貯め切った後の恩恵を得るために、再チャレンジすることができるのではないのかとおもいます。

覚悟を決める

 

 

気の持ち方というのも重要で、

何となく貯まればいいな、1000

と軽く思うよりも、

何が何でも貯めてやる!!!!

と決意するのとは、結果が違ってきます。

覚悟を決めるとは、なんなのか?そこから物事を考え直してみるのもよいですね。

 

 

使う前によく調べる、使う前にひと手間かける

 

 

 

お金を使うときに、無意識で買い物かごに放り込んだ経験のある人は多いと思います。

1000万円貯められる人は、こんな時もいちいち、

 

 

「これは本当に自分に必要なものなのか?」と吟味して購入や契約を決めています。

めんどくさっ!って思うかもしれませんが、めんどくさいのははじめだけです。

 

 

これによって購入をする基準を自分のものにしているので、

 

 

後々自分の基準に沿って自動的に買うものを選択するだけになり、

無駄が意思なくなくなり、

 

 

後々出費の検討が楽になるという恩恵があります。

 

 

 

 

 

自分のやり方を信じる、守る、愛する

 

 

 

自分の貯蓄方法は間違っているのでは?と思ったら、

貯蓄できている人の方法を集めて、それをたくさん試してみるべきでしょう。

でも、すぐに成果が出るわけではありません。

 

 

 

だからこそ、すぐにあきらめて貯蓄をやめてしまうのではなく、

一ミリでも目標達成に近づいているのだという実感を探しましょう。

 

 

 

自分は、これを達成したいから、この方法で1000万円貯めようとしているんだ!

貯められると思っているからやっているんだ!根拠だってあるんだ!

 

 

 

 

 

という気持ちをかみしめながら、己の貯蓄力にさも自信があるのかのように毎日を送ってください。一ミリの成長に自信をつけ足すようにしていってください。

そんな自分を意識しながらやっていくことです。

 

 

 

 

1000万円貯金できる人は、実は意志が強いのではなく、こういった自尊心が強いようです。

記録編

どのくらい貯められたのかをグラフにするなどの記録をする

月々少額であろうと、だんだん貯金額が右肩上がりになっているグラフとを見るだけでモチベーションが上がるものです。

目で見えるように記録しておくことで、貯めってきている実感を得ると、思ずと長続きします。

1000万円貯められる人は、一攫千金タイプは少なく、10年スパンで無理のないように計画を立てられる人が多いようです。

ぜひ、定期的に記録をすることで右肩上がりの実感を感じて長続きの糧にしていってください。

 

 

改善する

日々の生活を振り返り、無駄を見つけて改善していく。
一日矢井習慣を振り返り、100万円貯めるうえで無駄だなと思う行動やお金の使い方がないか、確認してみましょう。

例えば、何となくひまだから、ゆっくりする場所が欲しいから頻繁に寄り道をして散財してないか?

行動記録をつけて、もっとコンパクトに行動できないのか?

小さなことですが、小さなことだからこそ、改善の余地があると思いませんか?

その時々で最適解をみつける。

1000万円貯めるには、予想外の出来事があったり、思い通りにいかない壁にぶち当たることがあると思います。

そんな時には、一時的に貯蓄額が減っても「ああ~、もうだめだ!」と崩れ落ちるのではなく、ゴールまでのルートを修正しましょう。

なぜならば、1000万円までのゴールは人それぞれだからです。

環境や収入、コツのつかみ方や、貯蓄の手段も違います。

自分の基準での最適な方法を見つけることでやりやすくなるのは間違いないでしょう。

 

 

我慢してストレス溜めすぎない。かけるところにはお金をかける。

かといって、何でもかんでも節約して切り詰めて神経をとがらせてまで1000万円をためればよいかというと、

それはお勧めできません。

精神衛生上よくないし、それだと不健康だからです。

あくまで、

 

 

 

費用対効果を考えながら特別感を持たせて意義のある支出だこれは!

と納得できる場合であれば、お金をかけてもかまわない。ということです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!