脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

凡人のあなたが、忘れられない人間になる方法。

人は死んだら忘れられるのではない。人の記憶から消えた時、本当に忘れられてなくなってしまう。

なぜ、こんなに存在を忘れられるのが、辛くなるのでしょう?

職場や仲間内で、存在感のない人のようになってしまうのでしょう?

今回は、そんな壁を越えようぜ!というお話をしていきたいと思います。

死んで忘れられるのが怖い場合の乗り越え方。

私は家族に、話している事があります。

「もし先に死んだほうが、ご飯の時にお茶碗をパリーン!って、割りに来ることにしよう。」

あの世が本当にあるのかないのか、試してみよう。と、明るく提案しました。

そうです。死んで忘れられるのが私も怖いのですが、よくよく考えたら、死ぬまでが怖いのです。

死ぬ前に体や機能を失うかもしれない。だけど、それはそうなった時に思えば良いことです。

出たとこ勝負というやつですね。

なぜなら、不安になっているマイナス思考に注ぎ込むその時間や労力が、

無駄!

だから。です。

心の準備をしようと身構えていても、そんなビビりなタイプの人間は、どうせその時になってもうろたえるのは同じですから。

大事なのは、避けられないことにフォーカスするのではなくて、ほかの気分の良い事をしてみるべきです。

暖かいお茶や、リクライニングシートでゆっくりしてみるでも、身近なことから人は今の幸せをゲットできます。

大人になったら、子供の心を忘れてしまうのは、当然のこと。

子供の時の、楽しい思い出。毎日が長く感じられて、それがいつまでもいつまでも続くと思っていた。

旅行にも行ったかな?楽しかったんだと思う。泣くこともあったと思います。だけど、子供の頃の毎日の、刺激のあったポイントは覚えていると思いますが、

大人になったらだんだんエピソード記憶というのは忘れていきます。

なぜ、遠い記憶になるのか?

それはもっと、重要なことだったり、

体が覚えるように訓練したり、

違う習慣に切り替えたり。

細かいこと言ってもキリがないのですが、誰もが何らかの理由で、古いことは忘れて、新しいことや自分に有益なことを取り入れる。

そして、その繰り返しで生きているのだと思います。それが、生きる、生き様。

それが、命を燃やす。完全燃焼したと言えるのだと思います。

職場などで忘れられ存在になってしまうときどうすれば?

インパクトの弱い存在感の人は、必ずいます。あなたもそうみたいですね。

キャラが薄い?

声が小さい?

リーダーではない?

その要素は色々あると思いますが、

一言で言えば、

「目立ってない」

のだと思います。

目立つ要素が他者から見て見えないのだと思います。逆に目立つタイプの方から、影の薄い存在として位置付けされた場合もあるでしょう。

「自分ひとり、居なくても。」

集団行動をしている時なんかは、そんな思考になってきたりします。

それを解消するには、自分の人生自体に軸を持つ必要があります。

他の人から見ても、目立たない存在であっても、

「あの人、存在感ないよねー!」

と、影で笑われても。

自己分析をして、自分のやりたいこと、なりたい人間像がはっきりしていれば、

それに向かって走るだけ。

それこそが生き様です。他者の評判や存在感よりも大事なものがあります。

それは、毎日自分に「インパクト」を与えることを意識しているか。

ボケーッとして思考停止で毎日を過ごすのではなく、

「私はこんな人間なの!」

と、自らにアピールして確かめるような感覚です。

まあ、こんなキラキラしてモチベーションを上げよう、という思想に疲れるタイプの方もいると思いますが、

要するに言いたいことは、

・存在感とは、他者が作り出した空気でしかない。

 

・大事なのは、他者に対して目立つことではなく、自分自身に対してインパクトを与えよう。

ということです。

なぜかというと、

外見でインパクトを与えるのは手っ取り早いので、何かを発表したりする演出としては時にはありかと思います。

時には違う自分になるのもかまいません。

しかし、

中身が伴わないと、薄っぺらさを見抜かれてしまいます。

見抜かれた時の方が恥ずかしいです。だからまず、内側からアプローチしていくべきです。

本当の存在感とは、内側から醸し出されるセンスや生き様、独自性なのです。

独自性こそ、個性であり、誰にも盗めない存在になれます。

まずは、

どんな小さなことでもよいので

「これだけは誰にも負けない!」

と言えるものを、探し出してはどうでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

おうち時間でもできる。マンネリ化への対処の仕方とは?

マンネリ化。それは日々の怠慢ではありません。あなたのせいではありません。 脳がそういう風にできているがゆえ…

誰がなんと言おうと、自分の夢は先取りしておいた方が良い!

自分の夢を先取りするために必要となる「自覚」とは? 夢を先取りする上で自覚しておかなければいけないことがいくつかあります。 …

「温かい家庭」を夢みる人ほど結婚生活に失敗してしまいやすい。何度も相手選びを間違わないためにやることとは?

俗に言う、「温かい家庭」とは、どんな家庭のことを指すのか? ・笑ってご飯が食べれるのが当たり前の家庭 ・家族のことも他…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!