脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危機回避体験談】歳の離れた無自覚な弟の危険に対する母のやりとりを見て学んだこと

 これは、Wさん(20歳/学生)の体験談です。


年の離れた小さな弟が危険よくやる手口を書かせていただきます

母が料理をしている構って欲しいのかまだ幼い弟は母親に近づき相手をしてと言わんばかりにちょっかいを出します

更にその日の弟は学校から親孝行しろとでも言われたのかどうしても母親の料理を手伝いたいらしくなかなか母親のそばを離れたがりませんでした。

普段は駄々をこね始めても少し誤魔化せば何事もなかったかのようにことが過ぎ去るのですが、、

今回はそうもいかず挙げ句の果てには

僕にも包丁触らせて

自分が料理をすると言い出し泣き出す始末です

見かねた母親は少し手伝わせれば満足するだろうと弟に調味料や食器運びなど簡単なことをやらせました

始めは弟もそれには素直に従い手伝っていました

しかし弟はやはり男の子使命感なのか包丁や他の道具を触りたがり始めました。

そして結局調味料や食器運びなど簡単なことにも飽きてしまいました

次第に母親の隣で

◯くんに触らせて欲しい

ぼくもお料理がしたいの

などと駄々を捏ね始めてしまいました

その場を誤魔化しも効かず

母親はどうするのだろうと思い見ていましたが

弟に包丁を握らせ一緒に切らせるのかなと思ったのですが

母親は違う方法で包丁を触らせることなく弟の包丁の危険を回避したのでした

母親はまず弟に真剣な表情で向き合い怒るのかと思いきやこんなことを言いました

くん

じゃあお母さんがくんにすっごい大切なこと頼んでもいい

いつもはお父さんにしかやってもらわないことなんだけどくんがやってくれるならお母さんすごく嬉しい

お兄ちゃんとかおねぇちゃんたちにもまだ頼んだことないからすごく心配だけどお母さんくんならできると思うから頼んでる

なにやら母親から頼み始めたのです

さっきの態度から一変し

いきなり頼み始めた母親を見て弟は頼りにされたことが嬉しかったらしく、

元気よくうん頷きました

そして

大役を任されることになった弟は包丁を掴むのではなく

なんと電子レンジでもやしをチンしてナムルを作る大役を任されたのでした

もやしを耐熱ボウルに入れめんつゆとごま油を入れた電子レンジでチンする、という簡単な係を任され

元気よくこなす弟はすっかり包丁のことは頭のことから消えているようでした

やはり小さな子は頼りにされると嬉しいんですね

というわけで今回は母親が無事に弟を包丁の危険から回避させたのでした

一連のやりとりを目の当たりにして、弟の言動にヒヤヒヤさせられましたが

やはり自分たち兄弟を育てた百戦錬磨の母親はさすがだな思わされる出来事でした。子育てをされているにとってはあることかも知れませんが、

小さな子無自覚に危ないことしてい場面ほど、大人は冷静に寄り添うのが大事なんだと学びました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

おうち時間でもできる。マンネリ化への対処の仕方とは?

マンネリ化。それは日々の怠慢ではありません。あなたのせいではありません。 脳がそういう風にできているがゆえ…

誰がなんと言おうと、自分の夢は先取りしておいた方が良い!

自分の夢を先取りするために必要となる「自覚」とは? 夢を先取りする上で自覚しておかなければいけないことがいくつかあります。 …

「温かい家庭」を夢みる人ほど結婚生活に失敗してしまいやすい。何度も相手選びを間違わないためにやることとは?

俗に言う、「温かい家庭」とは、どんな家庭のことを指すのか? ・笑ってご飯が食べれるのが当たり前の家庭 ・家族のことも他…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!