脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

〝やめる”実績をかさねたら、人はぐんぐん楽になれる。

こんにちは〜!いつもネットが手放せない生活で、お腹いっぱいの時代ですね〜!うにまんじゅです。かくいう私も、例外ではありません。

 

以前、違う記事にもやめたことについての内容を載せましたが、今回、またまた、やめたい事、出てきたのです。

 

なぜか?

筆者の場合、結構やりたい事が多くって、食事や雑用と同時進行してしまいます。

 

するとどうなるか?

 

本当にやりたい事に集中できていないんですね。

 

 

食事や雑用も、一緒に済ます事が多く、たくさんのタスクを制限時間内にこなしているつもりが、どこか機械的にやっている感があるんですね。

 

機械的にタスクを詰め込むことで、満足感に酔っていました

 

つまり

 

それぞれのタスクに一点集中できていないので、どこか雑になっているんですよ。その工程や仕上がり具合が。

 

これで時間が節約できているつもりで、

1日にたくさんのことを成し遂げた満足感が、うっすらとあるだけで、

自己満足したいだけの人間みたいに思えてきて、

こんな気分になりたいわけじゃないんだけどなあ〜!という虚無感が湧き上がってくる時が出てきました。

 

節約した時間に、要らない情報をインプットしすぎているからかも知れません。

 

たとえば、ネットで気軽に調べたい事があり、

なんとなく知恵袋で調べた事が解決すると、

 

ついつい他の相談も閲覧したり、ランキングを見たりと夢中になっていたりした事もありました。

 

やめたくなったら、〝やめる〟。でもやめられないのはなぜ?

 

 

 

ネットなどでいろんな情報収集をしていると、なんとなく他のページに飛んでしまう事って、よくありますよね。そしてそちらの情報に夢中になってしまう。

まるで、気の知れた友人との雑談に、ついつい話が脱線するのに似ていますね。

それ自体は、娯楽という観点からも、悪いことばかりではありません。

 

ただ、自分自身にとって、後にも残るような充実した時間だったのか?と、ちょっと時間を置いて振り返ってみて欲しいのです。

 

数日もすると、「あれ?なんであの時ついつい無駄な時間を過ごしてしまったんだろう?」

 

なんて、喪失感を少しでも感じるのであれば

 

その癖は改めるように、意識して習慣をずらしてあげるという事も大切です。

 

〝やめる〟時期を意識する

 

 

①やろうと思った時や、無意識にやろうとした時点で、思いとどまって〝やめる〟

 

②やっている途中で、「価値を感じなくなったら」その場でやめる。

 

③今回はやり終わったが、次回からはもうやらない事にしよう、と判断し上で〝やめる〟

 

 

世の中には、

 

射幸心を煽る演出であふれたパチンコなどのギャンブル・ゲーム、なかなかやめられない喫煙や、人間関係の依存など、

気がついたら簡単にはやめられないような

 

〝罠〟が

あちらこちらに蔓延っています。

 

なかなか、自動では気付きにくくやめにくい事も多いので、こういう事にはじっくり自分自身と向かい合いながら、あなたがしっかり主導権を握って対処していくべきです。

 

 

小さい事でも、必要のない行為は

 

 

〝やめる〟

 

 

これを繰り返す事で、他の〝やめる〟がやってきても、

内容は違えど前回までの経験が、コツとして残り、それを応用できるようになります。

 

これが、いずれはあなたの実績の山となります。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

おうち時間でもできる。マンネリ化への対処の仕方とは?

マンネリ化。それは日々の怠慢ではありません。あなたのせいではありません。 脳がそういう風にできているがゆえ…

誰がなんと言おうと、自分の夢は先取りしておいた方が良い!

自分の夢を先取りするために必要となる「自覚」とは? 夢を先取りする上で自覚しておかなければいけないことがいくつかあります。 …

「温かい家庭」を夢みる人ほど結婚生活に失敗してしまいやすい。何度も相手選びを間違わないためにやることとは?

俗に言う、「温かい家庭」とは、どんな家庭のことを指すのか? ・笑ってご飯が食べれるのが当たり前の家庭 ・家族のことも他…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!