脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。

「いまさら親と一緒に生活したくない。」
「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛だから、話をしたくない」
「将来的に、面倒を見たくない」
「育ててもらった立場だけど、色々ありすぎて感謝なんてできない」
「頼まれても、家業の手伝いすらしたくない」

大人になっても親子関係で悩む人は多いです。

過干渉な親の場合、必要以上に仕事や貯金の口出しをされたりすると人によっては縛られている感じがして、

感謝と同時に嫌悪感まで抱くようになってしまうこともあります。

親の言うことを額面通りに受け取って、感情がえぐられる経験は、ときには振り回されるようで辛いものです。

 

 

そのようなパターンが多いと、関わるのが嫌で嫌で仕方がなくなる。

 

 

それって、果たして自分勝手なのでしょうか?親に必要以上に関わるとイライラしてしまうのに、なんらかの事情で関わらないといけなくなってしまった場合、どのような方法をとるべきなのか。

お伝えしていきます。

 

 

 

親と関わりたくない時って、どんな時?「コントロールしようとしてきた時」がほとんどである

なぜだか親のうっとうしいと感じたことのある人がほとんどだと思います。それって、どんな時でしょう。

 

・将来のことや生活のことをいろいろ聞いてくるだけでなく、「~しなさい」と必要以上に口出ししてくる

・お金の無心、同居や家業の手伝いを要求してくる

・親の社会的人間レベルがわかってしまったとき

 

主にこの3つに集約されます。

 

 

つまり、

・自分をコントロールしようとしてくる

・自分にプレッシャーや縛りを与えようとしてくる

・無意識的に、遺伝子レベルで自分の成長レベルの限界点を見たようなイラつきを感じてしまう

 

他人からされてもいやなことではあるのですが、身内なだけに、関係をスパッと切りずらいのが悩ましいところです。しかも親戚関係のつながりもあるので、良いときは信頼感が置けますが、ダメになる時は泥沼化しやすいのが家族です。特にお金関係が絡むととくに節操がなくなりやすいケースが多いものです。

 

 

 

 

親の辛辣な言葉を、額面通りに受け取らないことが大切

人はある程度歳を重ねると、特に自分の子供には物事を直接口にするのか気恥ずかしい時があります。

人によっては感謝の気持ちをストレートに伝える事は少ないです。悪いことだけは遠慮なく口にするくせに、です。

 

 

子離れできていない親が、あなたにそばにいて欲しい寂しい気持ちから、「あんたどうせ暇なんだったら、たまには手伝いにきてよ!」と捲し立ててしまったり意味があったりするのかもしれません。

 

 

 

うるさいな、と思った時ほど、彼らの裏の気持ちを想像してみましょう。わらないときは、成人の子供を持つ職場の先輩や知り合いにさらっと聞いてみて、親の気持ちを想像で借りてくると、「そうなのかもしれないな」と、気持ちの落としどころが作れます。

 

 

悲しい話、親子でも「相性の悪巡り合わせ」はある、、、

親子だからと言って相性が良いとは限りません。

なぜならば。同じ親から産まれた兄弟でも、すくなからず性格も違うはずです。「個体差」ってありますよね。それにもちろん、親から学びとってきた部分も、反面教師にする要素も、全く違ってきているはずです。

 

 

逆に言えば・・・・・・・・・・親から見ても、口にはしないが何かしらそれぞれの子供に相性は感じているのかもしれません。それは親子以前の人としての相性といえますよね。

 

良くも悪くも、人間的な相性や波長というのは相手も同じように感じていたりすることがほとんどだったりします。

 

 

いっそ親に対して頼る気持ちを断ち切って、「完璧」に自立してしまう。

もしあなたが生活面や金銭面で親に頼っている要素があれば、立場上ある程度は言うことを聞くしかない。ものです。

また、あなたがまだ若ければアパート契約をするための審査などで身内の連帯保証人が必要な場合も出てくるかもしれません。

 

こんな時のためにも、親に頼らないといけない状況を少しづつ断ち切っていくことを考えるべきです。確かに親に頼るほうが何かと楽な面はありますが、都合の良いときだけかかわるとしても精神衛生上ストレスがたまるぐらいであれば、物理的にも気持ちの上でも「関係を断ち切る」ことはいずれ必要になってきます。

 

後々後悔しない程度の期間、関係を断ち切り、数年してお互い年を重ねれば状況も変わってきます。

それはあとで恩返しするでもかまわないし、まだ恩を着せてくる親であれば、やはり断ち切って正解だったなと判断できます。「今生の分かれになったとしても、この人を断ち切るのか?」今の精神状態や常識的な価値観を天秤にかけて思い切って決めてしまいましょう。

 

 

心の底から精神状態が辛くなりそうならば、気持ちを正直に伝えて距離を置く

心の底からイライラしたり、親と関わることで悪影響しか感じられないのであれば、嫌な気持ちを正直に伝えた上で、距離をおくほうが健全です。

何をされるのが、

どのぐらい苦痛で、

どんな精神状態になるのか。

ぐらいリアリティのある表現を主張すれば、普通の人間であれば理解してくれるものです。

お互いにオーバーヒートしている時は、お互いにそれだけ伝えて距離を置くのが有効です。

大人であっても、社会ではそれなりに人格者としてまかり通っている人間でも、親子関係は難しいことが良くあります。

だからこそ、険悪になりそうな時ほど伝えることだけは伝えて距離をおくべきです。

 

 

人格否定をしてくる親なら、悲しいけれど、無理矢理距離を置くしかない

 

 

不幸なことに、あなたの人格を否定してくるような信じられないような人間が親だった場合でも、時が経つにつれて緩和されることもあります。が、残念ながらそれは絶対ではありません。

 

距離のおき方は直接宣言しないことです。逆上されかねない時は、あなたがベストだと思ったのであれば、直接親を突っぱねるのも仕方がありません。悪気があるなしは別にして、大なり小なり人格否定をされているはずです。過干渉も実はあなたの人格を尊重されていない証拠です。

 

そんな親にだけは似たくない。そう強く思いませんか?過剰な詮索や心配をされて行動をいちいちチェックされて、人生振り回されているような気持ちになりたくないですよね?話し合いなどができれば救いようがありますが、おそらく話の通じない相手です。

 

話し合いでお互いの意向を出し合って、分かり合える方が良いですが、このような場合だと、今すぐに関係が良くなる可能性は低いです。

喧嘩しカーッとなって、もうどうなってもいいや!となって親の傷つく言葉を言ってしまう可能性があるならば、本当に重要な時以外は関わらないようにしていくべきです。

過干渉親を上手く誤魔化すには少しだけ我慢/距離を置くしかない

 

過干渉の親御に干渉されて、窮屈な思いをよくして来た場合、自立したあとでも彼らは様子を伺ってきます。

でも、いまは離れられている。としたら、ひとまず干渉からは逃げられている。実家に帰るのもたまに。

 

 

その時だけ、ちょっと我慢して聞き流す程度でも構わないはずです。ものの5分だけいやな思いして耐える経験し手後はさっと変えればいいくらいに思う練習だと思えば。親は絶対ではなく、大人なのであれば従う必要はないし、子供ロスにいつまでも付き合う必要はないです。

 

関係を断ち切るまでいかなくても、徐々に頻度を減らしながら、言わせておけば良いと割り切る練習だと思えば、親に対面した時に気分次第で何かを言われてもそれは親が自分で処理しなければならないただの個人的な課題なのだから、そのうち言い返す気も薄らいでうまく誤魔化せるようになります。

 

つまり、親に対して何かしてあげたい気持ちがある時、自分ができる事はするけど頻度を減らしたりして、折り合いをつける事を考えてみる。するとちょうど良い距離が発見できてそれが保てるようになってきます。

 

 

 

 

 

まとめると、

・親の言うことを額面通りに受け止めるべきではない。
・分かり合えない親であれば、フェードアウトするしかない
・我慢して関わる頻度を徐々に減らしてなるべく快適な距離感を保つ
・年数が経つと、関係が変わってくることもある。

もちろん、あなたを育ててくれた親は、それだけで素晴らしい存在であることは事実です。

 

でも、あなたが幸せになる事が一番大切だと思います。

親と関わってストレスでおかしくなりそうなぐらいであれば、あとで後悔しない程度に、適切に関わりを断つべきです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

仕事にやりがいが見いだせない時にできることは何だろう?

給料・昇給・扱い、、、自分の思い通りの見返りがないからやりがいが腐っていく。 「仕事をしててもいまいちやりがいが感じられない…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!