脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

book opened on white surface selective focus photography

「本をたくさん読みたいが読む時間がない」時は「要約の要約」に動け!

世界中に存在する本の数は億を超えています。一生掛かっても読み切れないほど膨大です。

日本だけでも次々と話題の本が出版され、それを見るたびに「読んでみたいな…」と思うタイトルがどんどん増え続け、キリがないですよね。

今回は、「読みたい本がたくさんあるのに毎日忙しすぎて時間が取れないよ!」と言う方に、「効率的に数多くの本を読むコツ」をお伝えしていきます。

本は「辞書」。知りたいテーマを明確にするからアンテナを張れる

「ただ私は本が好きだから、ページをめくるのが好きなだけ…^^」といういるかもしれません。しかし。ここでは、「何かしらの情報や知識を得るためにたくさんの本を読みたいんだ!」という人もがほとんどだと思います。

そんな時は、「なんとなく面白そうな本ないかな…」と、良さそうな本を見つけにいくのではなく、「テーマ」を明確にした上で探しに行って下さい。

例えば、「最近、集中力がないな…」なんて思ったとします。じゃあ、集中力をテーマにした本を10冊20冊と探していけば効率がいいです。つまり、「今悩んでることや、どうしても知りたいこと」を明確にするんです。

そのテーマに沿った本📖をいくつかピックアップしておくと、効率的に読みたい本にありつきやすいです。「読みたい本」や本のジャンルをあらかじめリスト化しておくと、本を探すときにちょっと検索したり書店で探しやすくなったりします。

テーマを決めて、ロックオン!する感覚です。「そんなにたくさんの本読めないって!」と思うかもしれません。でも大丈夫。切り口は違えど、書いてある内容が重複していることが多いので、それ以外のところを拾っていけばいいんです。簡単でしょ?

気になった本の要約サイトや要約動画をみまくる

次に、限られた時間で、効率的に情報収集できるコツです。これもテーマを一つに絞った方がたくさん情報が得られます。

「本の要約サイト、本のネタバレサイトYouTubeなどの本要約動画(倍速再生がおすすめ)、Amazonレビューをチェックする」こと。Amazonレビューはご丁寧に要約してくれているアカウントもあるので、本要約サイトと馳せると内容を文字で理解できます。パッと見て重要なところだけ抽出できます。映像でみたり耳で聴いた方が内容が入ってきやすいよと言う人は要約動画を検索してから一気見したり、移動中などに耳で聞いても聞いてもスキマ時間にでも情報が得られます。

どの要約サービスも、ほぼ素人がリアルな投稿をしていますし、投稿者によっては簡潔にその本の内容を抽出した濃い内容が掲載されている。つまり、いいとこ取りができるわけです。YouTubeだと倍速再生で移動中や作業中でも耳に入ってくるので、関連動画を後で見ると言う項目にバババとまとめて登録してしまえば、後は流しっぱなしにするだけです。

要約で得た本の情報を、さらに要約してみる

せっかく効率よく学べたのならば、実践に落とし込みましょう。そうでないとトータルの時間が無駄に成り下がります。アウトプットのコツは、「実践に流すこと」「忘れない工夫をすること」「復習して、ものにすること」です。要約をさらに細かくするまでの工程は以下のとおりです。

・内容が気になった本の要約動画を複数聞く→多面的に情報を抽出する
・気になった箇所・現状身につけられていないことをメモる
・即Todoに落とし込む/実践に取り入れるように、予定に組み込む
・(要約本の内容がもっと詳しく知りたい内容だ〜!)→読みたい本リストに入れる
・Googlekeepなどにさらに重要な項目だけまとめていく(要約の要約)

膨大なアウトプットには限界があるので、すぐにアウトプットできないものは記録しておく必要があります。でも、できることは全て取り入れて忘れないようにルーチン化していけるのが理想です。

無意識レベルで気になった本だけ、直接手に取り、熟読する

最近では当たり前になってきましたが、本を一冊全部の内容を熟読する必要はありません。むしろ自分の欲しい情報だけを都合良く拾い読みし、何らかの方法で自分自身に腹オチさせることが最も有益です。

特に自己啓発系の本だと、「自己利益になると思える情報」のみ取り入れていきながら多種の本を読んでいくと、どの内容が本質なのか?が分かってきます。自分の人生に取り入れてみていって初めてヒントや答えがわかります。

また、本を読む時間はないが、移動時間やホッとしたい時間。生活に揉まれている中で、気持ちを整えたいために読書を取り入れるのもありです。

例え1分であろうと、極端に言えば食べる時間や寝る前の時間。究極、湯船に浸かりながらでも本は読めます。要は、もしもたった5秒であろうと、何かの情報を拾いたいのであれば、本を一瞬でも手に取りたまたま開いたページから着想して学ぶなどの工夫をしてみるのはどうでしょうか。

また、パラパラとめくったページを脳に見せるイメージでやると、潜在意識的に、無意識下で気になる箇所だけやたらと目に止まるものです。他には、目に止まった箇所を後で読んでも良いですし、寝る前に本がめくれるようにセットしておくなど、読みたい本を部屋の邪魔な配置に置くなどして、嫌でも目につくように仕向ける工夫もできます。

出版社や著者の特色もわかるようになる

たくさんの本を読めるようになれば、出版社の特色もわかるようになるため、その出版社がオンラインで記事を出していればいい情報かそうでもなさそうか、好みで判断することもできるようになります。例えば、「ビジネス系の本なら、ダイヤモンド社か東洋経済が読みやすいな…」「幻冬舎から出てる本はお堅いイメージがあるけど出版するなら箔が付くな…」とかです。

それに、たくさんの本を出版している著者もいます。気に入った著者ものであれば、他ジャンルの内容であっても読みやすかったりしてファンになることもありますし、学びになりやすかったりもします。逆に、好みではない著者の場合は今後しばらくは選択肢から省けばいいのです。ほかだと、「世界的ベストセラーの本の方が内容が深いから好みだし信憑性があるな…」などの知見も出てきます。

つまり、たくさんの本にサラッと触れるだけで著者や出版社の特色までもが肌でわかるようになります。

まとめ


本を読むのに目的は入りませんが、有益な情報があり、何らかの形として自分自身の人生に取り入れたい方も多いと思います。

そんな時にできる事としては、

・本から得たい情報を明確にする
・本の要約サイト、ネタバレサイト、書籍レビュー、要約動画をフル活用してインプットする!
・抽出した情報を、予定などとTodoに入れてしまう
・何度も思い返したいもの、熟読したいと思った本は「読みたい本リスト」にストックする
・たとえ5秒でもながらでも良いので、無意識レベルで本を読むという行動ができる工夫をする

そもそも本の読み方は人それぞれではありますが、効率よく情報収集をし、抽出した内容を効率よく自分のものにしたい人にはこの方法がお勧めです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グダグダ先延ばし癖から脱する方法

1日があっという間に終わってしまって、「大した事しないまま一日が終わったわ...」と途方に暮れることありませんか?こんな日が続くのならば…

「返信不要です」でイラッとしないための対処・対策・気持ちの落としどころとは

ビジネスや個人的なやり取りの中で、「返信不要です。」と連絡がくることがあります。「え?どういう意味?」人によっては思いますよね。結論から言…

「片付ないといけない…」「でも、いらないのに捨てられない…」無間地獄から脱出した方法

部屋をすっきりしたいのに、いらないものがあってもモノが捨てられない。そんな、ヤキモキしてしまう矛盾ってよくありますよね。そんな時はどうした…

animal big big cat brown

プライドの高い人間は、弱みをチラ見せしてバカになればいい

「プライドの高い人間だった」側の人間の心理 プライドの高い人間は、重度になると周囲混乱していようが迷惑を感じていようが、むしろ …

人生の無駄行動から抜け出す方法はあるのか?

今回は、「無意味な行動から抜け出したい人」向けに記事を書いていきます。 後から1日を振り返ると、 「わ〜、無駄な時間を過ごして…

ページ上部へ戻る