脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

うっかりブラック企業に転職してしまった!即やめする基準と、しばらく居座る基準。

「しまった!」

転職先での初日。もしくは2日目で、ここがブラック企業であることに気がついてしまったら、頭の中が真っ白になってしまいます。

働く枠があるというこということは、その前任が逃げだした、という説もありますが、、

さて、そんな時は、どうすれば良いのだろうか?

転職失敗して、即辞めするべき基準とは。

ひとことで言うと、

心地良く業績アップに貢献したい、と思える環境であるかどうか、です。

仮に職場環境が、

・面接での話と明らかに業務内容が違う

・プライバシーのカケラがない(提出書類を同僚が覗き見たり、それを話のタネにする、など。)

・職場内が雑然としすぎている。

・仕事おぼえるまで休ませるな!と言わんばかりの無茶振りをする。

・指導者なの教育が下手すぎる。(教えないけど失敗したら鬼の首を取ったようにさわぐなど)

・法律スレスレの職場ルールがある。

などの不穏なポイントが多く見受けられればここにいるだけでもはや時間の無駄です。見切りは早い方が良いです。

迷うことはありません。あなたがまともなうちに即辞めすべきです。

転職失敗したかも?だけどしばらくは頑張った方が良い基準とは。

逆に、即辞めせずにもうしばらく留まった方が良いパターンもあります。

それは、ブラック企業で働くことよりも、それを上回る理由がある場合です。

・苦労してやっと採用された職場である

・給料が悪くない、ほかに収入の当てがない

・保育園の枠を取るために働ければよかった

・世間体が保たれる安心感はある

・ひととおり働くまでは、成長の余地(学び取れるもの)があるかもしれない

・鉄のメンタルがあるから大丈夫や

このような場合は、たとえブラック企業であろうと、腰掛け気分で行けるところまで行こう。と言う気概があるので、

期間を決めて、やれるところまで試していくと、良いのかもしれません。ただし、常に「次の手」を考えて、準備しておくことをお勧めします。

転職明らかに失敗したのに、辞める勇気がない時はどうすれば?

しかしながら1番やっかいなのは、ブラック企業確定したはず。

なのに、

確信がありながらも辞める勇気がないタイプです。

流されるままに、ブラック企業で働いていると、高確率でどうなるか。

私と私の周りでの経験ですが、

忙しいストレスから、職場でじんましんが起こり、薬を処方されたが症状が改善せずに結局退職した同僚。

上司からの個人的嫌がらせで出勤数を減らされたが、そのうちストレスから顎下が腫れ、甲状腺の炎症で入院した先輩上司。

毎日フル勤務の12時間労働で役職名もついているのに、月収18万円台で5年以上勤務した挙句にスキルもそのままに退職していった同僚。

沢山の人が辞めていきました。

ほかの上司も、もとも英語が喋れたり博識の方でらありましたが、次のノルマに毎日胃が痛いといって、最後には会社では何もなし得ないまま、やめていきました。

私自身は、休みなしに働いていたことから、片方の鎖骨が腫れて来て、掌蹠膿疱症という病気を発症しました。

とにかく、ストレスに長時間晒されると、気持ちのリミッターが外れます。それでも、ストレスをかけ続けていると、

なんらかの形で体にヘルプのサインが出てきます。

不幸話だけしてしまいましたが、脅かしているのではありません。ストレスにさらされると、人間は恐怖や不安から、適切な判断や行動がしにくくなってきます。

ブラック企業を辞めた人をたくさん見てきて気が付いた共通点

辞めていった人の共通点があります。それは、例外なく、幸せになっていることです。

後日談を聞いても、ブラック企業からの栄転は、間違いなく天国です。

いろんな理由から、ブラック企業を退職した同僚たちは、

さっさと婚活をして幸せにくらしている人、

介護職の資格をとって、必要とされる出番が増えたので、生活に困らなくなった人、

二世帯同居に踏み切って、長時間労働から解放されて、新しい生活を過ごすことができた人。

例外なく幸せそうに見えました。

そのかわり、職場時代の話はタブーのようになっていましたけれど笑

つまり、辞める勇気がない人は、本当の意味で自分を大切にする。という行動を放棄しているのです。

ブラック企業での理不尽さに、感覚が麻痺していることを自覚して、

退職代行を使い、職場の人とコンタクトを取らずに辞めることもできますし、

働くことで譲れない条件を自分で線引きして、その基準どおりに動いてみては、どうでしょうか。

ブラック企業の定義は人それぞれですが、内心この会社に貢献したくないな。と思ったら潮時です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る