脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

脱ノウハウコレクター!アウトプットをマスターするだけでなんでも身につく

皆さんこんにちは!

これを読まれている方は,物事を自分のものにするにはアウトプットが1番大事と分かっているのにもかかわらず・・・アウトプットしていくやり方がわからないと思われてるのだと思います。一方で、世の中には「いつの間にか何かをマスターしてるな、この人。」という人もいますよね。そういう人が、無意識にやっていること、知りたくありませんか?

 

というわけで、今回はアウトプットの上手な方法をざっくりとお伝えしていこうと思います。

 

 

あなたが今、アウトプットをできない主な理由4つ

 

・流れが見えていないから

・インプットしたい目的が明確ではないから

・どこにアウトプットしてよいか分からない、もしくは場所を定めていないから

・アウトプットをすることによって得られる、真の効果を知らないから

 

一つづつ説明します。

そもそも、アウトプットする理由が感覚的に理解できていないケースが挙げられます。インプットしたことをモノにたとえてみればわかりますが、ポテトチップスの新商品がおいしそうだから買ってきました。売り切れ寸前だったけどなんとかゲットしました!食べてみたら思った以上に美味しかったです。ここまでがインプットですよね。ただ、これじゃあ自己満足で終わるので、周りの友人や同僚に「このポテチ、新商品だったから買ってきたんだけどさー、美味しくない?どこの店いっても売り切れてたけどさー、やっとゲットしたんだぜ~?」と、話してまわり、SNSでも画像付きで発信したとします。そうすると、自己発信することによって脳みそがフル回転し、無意識のうちにポテトチップスの細かな情報が繰り返されるという現象が起こるわけです。

 

簡単に言うと、情報を拡散する行動を少しでも多く起こすことが、アウトプットといえます。

行動がすべてです。流れとしては、インプットしてすぐにアウトプットをするという流れを自分の中に作って癖づけていくことです。そうでもしないと、せっかく時間を削って得た知識やスキルを効率的にものにすることは難しいでしょう。忘却曲線という原理ですね。

 

次に、インプットしたい目的が明確でないと、アウトプットするときに何もかも身につかない結果で終わってしまうことがほとんどです。

 

そもそも、何のために、インプットしたいのか?

 

ビジネス英語を覚えて昇格を狙いたいのか?

 

職場の外国人の女の子と会話したいから日常会話をマスターしたいのか?

 

しっっかりと自分自身の中で理解しておかなければ、何をアウトプットしてよいのか?自分の軸がずれてしまい、面白くなくなってしまいます。そうなってしまうと元も子もない話です。

 

 

また、本当に多いパターンですが、アウトプットに慣れていない人は、そもそものアウトプット先を開拓すること自体に挫折してしまいます。絶望的です。このような場合は、とりあえずエバーノートなどのアプリや、アウトプット専用アカウントを使ったブログやSNSを利用して、自分用もしくは誰かに教えるように少しづつでも記録発信していくべきです。継続さえしていけば、あとからまとめて見返すこともでき、アウトプット成功といっても過言ではありません。

 

 

アウトプットをすることの素晴らしさを知っている人は、これから何を学んでも逐一アウトプットしているはずです。

 

なぜならば、インプット→すぐアウトプット→自分の中でも復習でき、さらに頭の中で整理される→アウトプットすればするほど忘れにくくなり、行動としてアウトプットすればするほ細胞レベルまでスキルや知識が浸透していく効果を感じる→またまた有益なスキルや情報をインプットしたくなる・・・この無限ループが出来上がっていきます。

 

 

 

これは大げさなことではなく、皆さんも経験済みのことです。

 

そうです、子供時代のことを思い出してみてください。幼稚園であいうえおを学んで、家に帰って家族にたくさんあいうえおを話し、友達同士でもあいうえおを話し、知らない人にもあいうえおといったのかもしれません。自転車であろうが、英語であろうが、アウトプットしながら覚えたものというのは、あまり苦痛なくマスターできるのです。覚えることが苦痛なことというのは、だいたいが自己完結の自己満足でインプットだけで終わらせている可能性が高いのです。

 

 

 

 

 

できる人が無意識にやっていることは、「アウトプットをもっとシンプルに考える」だけ!

実は、アウトプットと言うのはただの流れ作業です。

 

気持ち的に難しく考えれば考えるほど苦痛になるだけなので、それはやめましょう。

アウトプットは、子供時代の感覚を思い出せばすぐに事がつかめます。インプットした内容を、面白がるのです。おもしろいなと思ったことは人に伝えたくなります。人ではなくてもブログなどで伝えるつもりで、出し切りましょう。ただし、あとから読んでわかるように、インプットした内容を自分なりの言葉に置き換えていく必要があります。

 

 

たとえ上手でなくてもよいので、

 

・今自分は何のために何をインプットしているのか?強烈に意識しながらインプットする!

・インプットしたら即!アウトプットする癖を作る!

・自分なりの言葉に置き換えて文章や絵にして記録を残す!

 

 

インプットした内容を財産だと思えば、ただのノウハウコレクターで終わります。せっかくインプットした膨大な時間が無意味になります。

しかし、アウトプットのほうに意識を傾けることによって、一見無駄かもしれないと思われていた作業が意味のあるインプットへと変換されていきます。これは経験者じゃないと感じることのできない、とても素晴らしい効果が得られます。

 

できることならば、インプット1に対してアウトプット9という感覚まで近づけることで、必ずやほかと差をつけることができます。ほとんどの人がやっていませんからね。

 

 

だまされたと思って、アウトプット先を確保して、インプットが終わったら、その場所に即、吐き出す!ただこれだけをやってみてください。めんどくさい感情なんて無視して一ミリでも行動してみてください。頭の中で考えるから難しくなるだけだと気が付くはずです!

 

それすらもできなければ、一ミリでいいのでアウトプットの方向に向けて動いてください。その行動を量産するだけで絶大なフィードバックが得られるはずですから、もっと行動したくなります。

 

アウトプットするということに、ポンポンポン!と、自分自身のリズムや感覚を覚えたら、面白いようにコツがつかめます。

 

 

 

 

 

 

最後に

最後に言いますが、「行動してないのはインプットしてないのと同じ」ですから。この恐ろしい言葉を忘れないでいただきたいです。これからの人生、せっかく大事な時間を使ってインプットしたことを無駄にしないように気を付けましょう。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る