脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

ネガティブな自分とうまく付き合う方法を、盛り沢山に探してみた。

こんにちは。頭の中がネガティブな考えの無限ループで苦しんでしまう。ネガティブ思考を抜け出したいのにその一歩が踏み出せない・・・ついついネガティブな発言をしたら周りの人間に暗い印象を与えてしまった。そんな方も多いのではないでしょうか?本気で悩んでいる方に、ネガティブな自分とうまく付き合っていける方法をいくつかご提案したいと思います。この記事を読めば、人の考え方って、もっと遊び心があって広い世界で自由なんだなと思えるはずです!

 

ネガティブ思考は悪いことではない、その理由!

ネガティブ思考とは、何か新しいことを始めようとしたときに「どうせ私なんか・・」と自覚のあるタイプと、ついつい口癖で見たもの聞いたことをマイナス面優先で解釈してしまうような無意識で自覚のないタイプがあります。自覚があるだけまだマシではないですか?完全の余地がありますから(笑)しかし、人がネガティブな思考になってしまうときには特徴があるんですよ。ズバリ、「防衛本能が働いているとき」(車や自転車の運転中に歩行者にぶつかってはいけないと注意する行為や、ハエが至近距離まで飛んできたときに手で追い払うのはネガティブ思考ではありませんが)防衛本能が働いてしまいすぎて行動力が著しく低下している状態のことです。しかも些細なことで左右されやすい。

 

 

たとえば、なんとなーく今日は朝から体調がいいからたぶんずっとポジティブな感じだー!と、一日がスタートすることもあれば、朝から仕事の嫌な面を思い出せば「最近ろくなことがないよなあ・・」と思ったりする日が自然にやってくるわけです。人は基本的に、一日の中でも何度もネガティブなゾーンとポジティブなゾーンを行ったり来たりしていると考えればわかりやすいと思います。極端な例を除いては、大多数の人間がその中で生活しているのだから、自然な現象であるといえます。

 

 

また、良くも悪くも自分の未来予測をして、用意周到を狙っているタイプも多いでしょう。未来はだいたい自分の思ったようになる。という偶然なのか必然なのか分からない格言がありますが、あながち間違っていないものです。物事、良い解釈でいればいい気持ちで過ごすことはできるし、悪い解釈に意識を集中させていればそのような事柄しか目に飛び込んでこないのも当たり前です。このようなタイプの方は、ネガティブ思考をする意図的要素がありますね。

 

 

あなたをおとしめるネガティブ思考。その恐ろしいルーツをえぐり出せ!!

しかし、中には人生の大部分をネガティブ思考に犯されていてにっちもさっちもいかずに苦しむタイプも多い世の中です。時には神経すり減ったりします。下手をすれば負の無限ループです。そんな時は、まず自分を責めないでください。だってあなたは何も悪くないのですから。むしろネガティブ思考に気が付いたときこそ、なぜあなたがネガティブになったのか?そのルーツを深堀してみましょう!ネガティブ思考の理由ではなくて、そのような思考回路の癖がついた理由を探してみてほしいのです。私が独自に調べた結果としては、第一位「親の口癖や思考の影響でネガティブ思考になってしまった。」第二位「学校での人間関係でダメ出しをたくさんされて、いつしか自己肯定感が欠落してしまった。」第三位「身体的・学力的コンプレックスを持っていて、長年解消されない。」です。元をたどればあなたのせいではないことは明らかです。

 

人は本来、外部からの影響に非常に敏感なんです。みんながそうです。なので特に自分の弱さを思い知ると、無意識的に自分より立場が弱そうな人に向かって気を許し、気を許しただけでなく、相手の心の耐性を考慮せずに傷つくような対応をしてします。これは悲しいことですが、いじめにもトラウマにもつながりかねないことなのに毎日いたるところで横行しています。

 

ただ、あなたのネガティブ思考の根本のきっかけやパターンをマインドマップなどで見える化をしながら自分の過去の記憶を突き止めてみると、ネガティブ思考の真犯人が見つかりますよ!

 

 

ネガティブ思考になってしまった時の脱出方法、7選!!!

ネガティブ体質の根本を突き止めたはいいが、じゃあ今、ネガティブ思考に陥ってしまったときにはどうやって抜け出せばいいか?いくつか方法があります。

 

・明るい性格の友人とかかわる

・「理想の自分」「自分と真逆のキャラ」を演じてみる

・頭の中で、浮かんできたネガティブワードや情景を「全無視」する!(何なら無限プチプチかのごとく、つぶしまくる)

・ポジティブ思考をすることで、物事が動いていくという刺激を実験してみる

・自分に自信を持つ。なければ小さなことでもよいので達成たら、「やるじゃん!自分!」と勝利をかみしめて自信を構築していく。

・毎日丁寧に暮らしてみる

・考えなしに、「ノリ」だけで行動してみる。失敗してもまた小さな失敗をする練習をしてみる。

 

自分自身を変えるよりも手っ取り早いのが環境を変えることです。類は友を呼ぶのは本当で、関わる人の中にポジティブな人が多ければ影響を受けてだんだん染まっていきますし、その逆もあります。自分の内面を変えるのはすぐには無理かもしれませんが、些細なところからメンテナンスをしていくことは可能です。もっとも簡単なのは、ポジティブ思考の持ち主にレクチャーしてもらうこと。「なぜそんなにポジティブなの?」とストレートに興味を示せばきっと相手の方も喜びます。しかも、その人の思考回路からヒントを得ることができるはずです!

 

「ノリ思考」のすすめ

一番のおすすめは、「ノリ」だけで行動してみることです。「どうせ・・」と思うところを「ノリ」でやってみる。なぜか、「ノリ」という意味の分からない理由で動けてしまいます!これくらいの心の軽さが必要なのかもしれません。私もネガティブ思考に陥ったときは、ノリでめんどくさい仕事に着手して、帰りにノリでランニングをして、ノリで部屋の片づけをしちゃいました(笑)ノリでやれば普段邪魔だなあと思っていた、余計な思考がぶっ飛びます。いつの間にか、「あれ?ネガティブちゃんはどこにいったのかな?」と、なっています。もしあなたが今、心底ネガティブな思考が嫌で嫌でしょうがないのであれば、「ノリ」で、ためしてみませんか?

 

 

 

 

まとめ

 

・ネガティブ思考とは、自然な防衛本能である。悪いものではない。

・あなたがネガティブになってしまった理由の根本は、過去にネガティブ思考を誰かに擦り付けられたから。

・治したいと願うならば、ポジティブな人と絡んで研究せよ!

 

 

一言でいえば、ネガティブ思考は「実体のない過去の誰かからの洗脳」だと言えます。これほどあなたを苦しませている敵は、実は見えもしないお化けと戦って消耗しているだけだったりするのです。

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る