脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危機回避体験記】小さな子どもが、包丁で「お料理したいの!」と泣き出したらどうすればいいの?

これは、Jさん(20代後半女性/看護師)の体験談です。


 

 

私の母が、年の離れた小さな弟が危険なことをしないようによくやる方法書かせていただきます。彼女料理をしている構って欲しいのかまだ幼い弟は母親に近づき相手をしてと言わんばかりにちょっかいを出します

 

更にその日の弟は学校から親孝行しろとでも言われたのかどうしても母親の料理を手伝いたいらしくなかなか母親のそばを離れたがりません

 

普段は駄々をこね始めても少し誤魔化せば何事もなかったかのようにことが過ぎ去るのですが、今回はそうもいかず挙げ句の果てには

 

弟は僕にも包丁触らせて自分が料理をすると言い出し泣き出す始末です

 

見かねた母親は手伝わせれば満足するだろう弟に調味料や食器運びなど簡単なことをやらせました始めは弟もそれには素直に従い手伝っていました

 

しかし弟はやはり男の子使命感なのか包丁や他の道具を触りたがり始め結局調味料や食器運びなど簡単なことにも飽きてしまいました

 

次第に母親の隣でまた自分も触らせて欲しいお料理がしたいのなどと駄々を捏ね始めてしまいました誤魔化しも効かず母親はどうするのだろうと思い見ていましたが

 

やはり自分たち兄弟を育てた百戦錬磨の母親はさすがだなという行動ある意味教訓のある危機回避があったので紹介していこうと思います

 

もう包丁を触らせるしかないと思われる状況でしたので弟に包丁を握らせ一緒に切らせるのかなと思ったのですが母親は違う方法で包丁を触らせることなく弟の包丁の危険を回避したのでした

 

母親はまず弟に真剣な表情で向き合い怒るのかと思いきやこんなことを言いました

 

くんじゃあお母さんがくんにすっごい大切なこと頼んでもいい

いつもはお父さんにしかやってもらわないことなんだけどくんがやってくれるならお母さんすごく嬉しい

お兄ちゃんとかおねぇちゃんたちにもまだ頼んだことないからすごく心配だけどお母さんくんならできると思うから頼んでる

 

なにやら母親から頼み始めたのです

 

さっきの態度から一変いきなり頼み始めた母親を見て弟は頼りにされたことが嬉しく元気よく

うん

頷きました

 

そして大役を任されることになった弟は包丁を掴むのではなく

なんと電子レンジでもやしをチンしてナムルを作る作業を任されたのでした

 

もやしを耐熱ボウルに入れめんつゆとごま油を入れた電子レンジでチンする簡単な大役を任され元気よくこなす弟はすっかり包丁のことは頭のことから消えているようでした

 

やはり小さな子は頼りにされると嬉しいんですね

 

こうして母親は無事に弟を包丁の危険から回避させたのでした

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る