脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【体験記】嫌な予感が当たりやすいのはなぜ?危険察知で自己防衛!

 

Rさん(20代後半・女性/営業事務)の体験記です。


私が中学生の仲の良い友人3人でショッピングセンターに買い物に行った時のです

含め3人とも女性ですが3人とも好奇心が旺盛で近所の公園や森林で探検したり虫をとったり川で遊んだりと活発なタイプでした

 

それでもあきらかに危険な場所に近づいたりする事はなく親にやめろと言われた事はきちんと守っていました

私達が買い物に訪れたのは所の大きなショッピングセンターでした

 

 

敷地が広く建物にたどり着くまでの間にも広い駐車場があります

またその駐車場に入れる入り口も敷地が広く距離を歩かないとならない遠い場所にありました

駐車場と建物は地面から23m下に位置し駐車場をぐるっと囲むように土と木で装飾されています森林をそのまま持ってきたような状態でコンクリートなどでは一切補強されていません

 

家が近くよく通っていたこともあり自分たちの住んでいる地域の方角から建物までの入り口が遠いことも当然

わかっていました遠い入り口へ足を運ぶのが億劫に感じていた私達は

 

俗に言うショートカットすることを思いつきました遠い入り口ではなく

車場を囲っている木の間をすり抜けて3m程度の土壁を滑り降りようと考えたのです

その日は雨が降った後で地面は濡れていました当然ショートカットしようとしている土壁も濡れてぬかるんでいるはずです私は急に怖くなり元から高いところが苦手であったこともあり怖気付いていました

 

目をつけていた土壁にはすでに何人もの人が滑り降りたありました皆同じことを考え実行していたのです

その光景を見た友人2人のうちの一人が大丈夫だって降りよう言いぬかるんだ土壁をサーフィンの様に器用に滑り降りて行きました

 

一人めの友人が無事駐車場に降り立ったのは私も見ていました本来なら安心して私も次に降りるはずだったのですが

どうにもまだ嫌な予感拭いきれませんそうこうしているうちに二人目の友人が私を押しのけ降りようとしました

 

なんとなく嫌な予感がして木の間を潜ろうとしている友人にストップをかけましたやっぱり辞めよう私が声をかけると二人目の友人は臆病だね言って一人目の友人と同じように滑り始めましたそこで事故は起こりました

 

一人目の友人は運が良かったのですが散散削られたぬかるんだ土から植えてある木の根っこが飛び出ていたのです

後で見てわかったのですが木の根っこはアーチ状に飛び出ていて二人目の友人の足がアーチの穴にはまってしまったのです

3mほどある高さのちょうど真ん中ぐらいだったと思います

 

足が輪に入り込み前につんのめった形になった友人はそのまま前に転倒し傾斜を転がり落ち行きました駐車場に落ちた友人は微動だにしなく1人目の友人も呆然していたのを覚えています私はビックリして入り口まで必死に走りました

 

走っているうちに私の頭の中で心配だから辞めようと言ったのに私じゃなくてよかった思ってしまいました友人2人の元にたどり着いた時には近くに車を止めていたらしい男性が駆け寄っていました救急車に運ばれ幸い命に別状はなかったのですが足を酷く骨折し全身打撲と脳震盪で友人は入院しましたあの思いとどまらなかったら私が怪我をしていたと考えると恐ろしいです

 

そして嫌な予感自分にしかわからない言うことがわかりました

でもそれは自分の身を守るにはとても大切なことで自分を事故や怪我から守ってくれます

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る