脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【痛いのが怖い!】痛みを取って、苦痛から極力逃れる方法はあるのか?

痛いのが好きな人はいないと思いますが、何が嫌かって、痛さ×怖さの絶望感!

 

 

痛むことで非常に惨めな気分になるんですよね、悶え苦しみながら無力な自分を思い知るというか・・・

そもそも、我々はこんな苦しい思いをするために産まれてきたんじゃないわけですよ!

 

 

 

そこで!

今回はざっくりと

 

 

「痛みから逃げる方法とコツ」をお伝えしていきます!

極力痛くない人生を送りましょう!

 

 

 

痛みとは「体の故障を知らせるサイン」である!

痛みの種類とメカニズム

「痛み」と一言にいっても、その種類はかなり多くの視点で分類されます。

時間の長さであらわせば、慢性的なものなのか?突発的なものなのか?

場所的な分類であらわせば、外因性のものなのか?内臓の痛みなのか?複雑なものを挙げればストレスなどが原因の心因性の不調が痛みとして出てしまったケースもあります。

 

医学でも全貌が臨床で解明されていない部分もあり、大きくカテゴリーわけするしかない部分もあるようです。

 

 

心因性以外の原因のほとんどの痛みは、体の内外から刺激や緊張などの不具合が生じると、その部位の細胞の情報を脳に伝える受容体という物質が、信号として伝達することで痛みがうまれます。たとえば、足を強打して打撲した。この刺激が脳に危険信号となり、その痛みの信号が患部に直撃したという状態です。これが素人にも分かる「痛み」がやってくるしくみです。

 

痛みに個人差はあるのか?

普段病気をあまりしない人で、ものすごく痛がる人っていると思います。はたからみれば、「なにをおおげさな!」と感じてしまう人もいますが、本人にとってはそれは痛み×恐怖の相乗効果がそうさせていることは否めません。

しかしそれだけではありません。

痛みとは、神経伝達物質の分泌量をはじめ、体質的に敏感・鈍感だったりすることもあります。痛みに強い人なんて本当にいるのか?と思いますが、作家の伊集院静氏がある著書での中での話が特に驚きました。

 

比較的自分では痛みに強いと思っていたが、めずらしく胃に鈍い痛みを感じた。昨日食べたしめさばが当たったのか?次の日医者に行って驚かれた。自分の胃の中にアニサキスという回虫が。「よく痛みに我慢できましたね。」

 

アニサキスという回虫が胃の中に入ってしまったら、大の大人でも悶絶するぐらいの激痛に見舞われるといいますが、これほど痛みに鈍いだなんて、単純にうらやましい話ですね!

 

男女の差というものはあるのか?と疑問もありますが、一般的に言われているのは出産を経験する女性の方が痛みに強いとされていますが、実際のところ氷水や電気刺激で臨床実験をした場合は男性の方が比較的痛みに強い傾向が見られたということでした。男性に多いホルモン物質テストステロンも、痛みに強いとされています。結論としては女性の方が痛みに強いというのは俗説であるということがわかっています。男女どちらが痛みに対する耐性があるのかということは当てにならないのです。

 

なぜならば、痛みを感じている当本人にしかその度合いが測れないからです。その痛みを数値で示すことも不可能です。したがって、男女差というよりは個人差はあると結論付けます。なにより、同じ人物でも年をとってくると神経の衰えから痛みに対して鈍くなることが多い傾向にあるので、これもまた本人がどう感じるかの問題です。

 

 

また極端な例ですが、生まれながらにして、痛み全くを感じない
体質の方がいます。月9のドラマでその名を知った方も多いと思いますが、

「無痛症または無痛・無汗症」
何しても痛みを感じないという、それはそれで日常生活が大変であることが想像できる症例です。

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みが怖い人が普段から準備しておくべきこと

・近くで痛みの専門外来(ペインクリニック/麻酔科)を調べておく。

昨今では総合病院・個人病院かかわらず、痛み専門の外来が多くあります。あまりなじみがない方も多いかと思いますが、待合室には腰が痛い人と肩が痛い人、腕が痛い人が同じように診察待ちをしているようなところです。痛みを緩和したい、他の科で受診したけれど原因がわからなかった人や慢性化した痛みの患者さんが通っています。

まずお近くの病院をリサーチしておきましょう!

・持病はなくても痛み止めは常に携帯する!

急に痛くなった時のために頓服を処方してもらうか、薬局で売っているものを携帯しておくと安心です。ちなみに私は胃薬と痛み止めを細めのウエストベルトにいつも入れています。

・痛みのツボをチェックしておく

歯が痛ければ、盆の窪という頭と首のくぼみを押すなど、対処法として学んでおくことをおすすめします。私は胃痛の時に左手の中指の指先をもんでやり過ごすことが多いです。

・心の準備をしておく

定期的にくると想定できる痛みや、体内に石があるなどの痛みが想定できる場合は、その時がきたらどうにもならない場合が多いので、せめてパニックにならないように自分に言い聞かせておくなどの強気な心が必要となります。それでも回避したいとなれば、医療機関に相談することは無駄にはなりません。不安を取り除くための手助けを求めることをためらってはいけません。

・もちろん痛くならずにすむ予防だってできる!

身近なことでいえば、毎日正しい方法で歯磨きをし、定期健診を受けていれば歯の痛みで悩まされる確率はかなり低いです。よく噛んで適量を守る生活をしていればヘルシーで病気をしにくい体でいられる確率が高い。人間は何十年先のことを想定して行動を起こすことが難しいとされていますが、自分のこととなるとなおさらそのとおりだと思います。

けれども、痛くならないためならこのぐらいの努力はできるのではないかと思います。

・痛みから逃げ切る手段はないのか?

痛みというのは体の危険を教えてくれるありがたい機能なので、感謝しなければいけません。しかし、2018年現在、痛みをコントロールできる権限は一般人にはなく、医療界でも終末期の患者さんやパニック時の沈静に使われるもののみ存在していると思われます。また、その「痛み」というものが計り知れないなぞに包まれているという点から、日常生活での痛みから逃げ切るというのはまだまだ浮世の世界であります。

 

よって、私たちは常備薬や患部の血流改善のためのストレッチや温熱、ツボ刺激や呼吸法で乗り切るしかないということがスタンダードになっているのが現状です。

 

・病院では我慢せずに痛いことを和らげて欲しいと伝える。

不快に感じる痛みであれば、まずは診察で原因を探してもらうことが先決です。その上で、処方や治療法、日常生活で注意すべき点をアドバイスしてもらうべきです。その上で痛みへの恐怖に苛まれるようであれば、そういったケアをしてもらえる病院をみつけましょう。痛みの恐怖や苦痛を理解してもらえる医療機関を探すことが大切です。

 

お金は痛いですが、体の痛みよりましでしょ?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!