脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

」「いまはだれも話しかけないでくれ!」気が滅入った時に、うまく一人をサバイブする方法。

ひとりになりたい・・誰しも。ふと、そう思うときって、あります。そんな時は大体、目まぐるしい生活や人間関係がもとになっていることが大半です。また、性格的に一人だと気が楽な性分だったり、やりたくないことをやらなければならない生活を送っていたり、常に周りに人がいるような生活をしている場合はどうしても避けられないはずです。

 

ただ、ひとりになりたいと思うときは心身ともに疲れている場合が多いです。あなたもそうなのではないでしょうか。疲れている、そんな時に、突発的に機転を利かせて的確に自己対処できる人間なんていません。今回は、とりあえず一人になりたい!一人になったけど、結局何すりゃいいんだ・・。魂がお疲れ気味の、当方に暮れているあなたに、どうすればよいのかアドバイスしていきます。

 

とりあえず、だれにも邪魔をされないであろうスペースの確保をする!

 

ひとりになりたいのは、何かに抑圧されているからにほかなりません。仕事や生活を取り巻く人間関係などで、自分自身のキャパ(器)があふれてこぼれそうになっていることを自覚していますよね。こんな時は、誰かといないほうが良いことが多いです。なぜならば、人が弱っているときに付け込んでくる人がいる場合が多いからです。

 

弱った自分を見せたくないし、やり場がない。そんな時はできるかぎり、物理的に知り合いなど、話しかけてくる人がいないような場所へ移動します。それだけでも、空気の入れ替えをしたようなものです。

 

具体的には、

 

ネットカフェ、喫茶店、ファミレス、スーパーのドリンクコーナーやフードコート、海、山、公園、岩盤浴やサウナ、日帰り温泉、マッサージ、スポーツ施設、レンタルスペース、駐車場など、

あまりわちゃわちゃしていない場所だと、余計な情報が遮断されるので頭の中が整いやすいとされています。

 

1年に何度も、ひとりになりたい!という気分になる自信があるのであれば、普段から時間を見つけて、ふらっと立ち寄れる居場所スポットの開拓をしておくのがおすすめです。とりあえず、暇なときに居心地の良さを試しに行くつもりで、いろんな場所に立ち寄ってみましょう。

 

 

 

ひとりになれる場所探しに落ち着いたら、頭の中でもひとりの世界へ。

 

 

ひとりになりたいときは、ひとりになった後に具体的に何をするのか明確ではない時があります。理屈じゃないんですよね、そんな時は。脳が疲れすぎて、自分が何につかれているのかわからないから、それを明らかにするために紙とペンを用意して、思いつくまま書いてみましょう。

 

 

自分の今の気持ち、「これからどうしていけば」「こんな時誰に相談するべきか・・いやいや、ちょっとまてよ・・」「あいつ人のやり方パクりやがって!」・・なんでもよいです。殴り書きでもなんでも。いいあらわせない今の状況や気持ちを、思いつく限り出し尽くすのです。

 

 

紙に書き出したほうが良いその理由は、頭の中で考え事をするよりも、紙などに書き出したことを目で見て頭の中に入れるのとでは、理解度や分かりやすさが格段に違うからです。ましてや、心が疲れた時は、脳が疲れているのと意味が同じなのです。どんな素晴らしいアイデアが目の前にあったとしても、疲れているだけでネガティブな思考に心が奪われがちになります。

 

もう一つは、現実逃避をすることは悪いことではありませんが、どれだけひとりになったところで、最終的に自分自身の気持ちからは逃げ切ることはできないからです。

 

 

ひとりになったあとから、「戻ろう。」と思うまでの過ごし方。

 

ひとりになりたいと思うのは、人によっていろんな理由がありますが、心が疲れてしまったパターンの時は、きちんと自分に対処してあげることが重要です。ここでおすすめしたいのが、自己分析と、ストレス解消です。

 

自己分析とは、自分の気持ちと向き合うことです。「自分って、毎回このパターンだよな。」「結局、どうすればいいんだろう」「今日は疲れた自分にご褒美だ。焼き鳥でも食べに行こう。」「寝たら忘れる。次から頑張ればいいさ。」なんでもいいです。疲れた気持ちをどういたわり、なぐさめ、流してあげるか。あの手この手でインナーチャイルド(あなたの中の、ちっちゃいあなた、みたいなもの)に愛を注いであげましょう。自分自身を大事にいたわってあげるイメージです。

 

ストレス解消(自分を一時的に甘やかす。もしくは、成長につながることにぶるける。)についてですが、運動やカラオケなどの心拍数が上がるようなことや、料理やDIYなどの創作活動があげられます。また、今まで興味がなかった習い事の体験レッスン、森林浴や瞑想、食べること、選択肢だけならばいくらでもあります。いろいろ試してみると、以外と好感触だったりして、自分は何をすれば発散しやすい人間なのかがわかってきます。こうして、自分がいままでよりわかってくると、自尊心も強くなってきます。周りの人にも、疲れたらこうしているんだと自信をもってアドバイスができます。

 

大事なのは、せっかく一人になりたいと思ったら、都合が許す限りひとりでいろんなことに手を出してみることです。しっくりとくる居場所や方法は必ず見つかります。今はまだそのしっくりする方法を知らないだけです。普段から、居場所とストレス解消法をリスト化しておくと、それはメニュー表にもなり、いざというときはそれに従って動くだけなので、迷うことがなく安心です。

 

 

 

ひとりになりたいと思った時の、気持ちの持ち方やコツについて

 

ひとりになりたいと思うほど、周りの情報を遮断したぐらい心が疲れている場合が多いため、今まで挙げた対処法を試してみるのもしんどいよ!と思う場合もあると思います。そんな時にぜひ参考にしていただきたい最終兵器のような考え方があります。

 

 

「もっと、シンプルに考えよう!」

 

間違いなく、今のあなたはいろんなことで頭の中がいっぱいいっぱいになってしまっているのだと思います。私にも経験がありますが、そんな時に友人から、「もっと簡単に考えれば?」と言われたことがあります。一瞬その言葉の意味が分かりませんでした。でも、その意味を頭の中でかみ砕いてみたときに、「あ!自分って難しく考えてるな確かに。」と気が付いたのです。

 

物事簡単にシンプルに考えるとは、もう、最低限の歩みでいいんだ、ということだと思います。あれこれ難しく考えるよりは、「疲れた、寝よ。寝たらなおる。」「とりあえずがっつりおいしいものでも食べよ。」と、エネルギーチャージを手っ取り早くやっちゃおうぐらいのごまかしぐらいの発想です。しかし、ゴマかせたら勝ちの時は自分自身にも適用できることを知ってください。

 

ふだんから物事を難しく考える癖のあるような人でも、睡眠欲や食欲であっさり疲れた心が落ち着いてしまうことも少なくありません。「人間って、単純なんだ!自分も例外ではないな!」と、思わず笑えてくることでしょう。

 

 

 

 

ひとりになりたいときの、自己対処法!まとめ

 

・ひとりになりたい時は、脳(心)が疲れている場合が多い

・はしごしてもいいから、まずは一人になれる場所に移動しましょう

・今の状況や気持ちを紙に書くなどして、自己分析する

・自分をいたわる手段として、ストレス解消法を思いつきでもよいのでやる

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

おうち時間でもできる。マンネリ化への対処の仕方とは?

マンネリ化。それは日々の怠慢ではありません。あなたのせいではありません。 脳がそういう風にできているがゆえ…

誰がなんと言おうと、自分の夢は先取りしておいた方が良い!

自分の夢を先取りするために必要となる「自覚」とは? 夢を先取りする上で自覚しておかなければいけないことがいくつかあります。 …

「温かい家庭」を夢みる人ほど結婚生活に失敗してしまいやすい。何度も相手選びを間違わないためにやることとは?

俗に言う、「温かい家庭」とは、どんな家庭のことを指すのか? ・笑ってご飯が食べれるのが当たり前の家庭 ・家族のことも他…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!