脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

影響されやすい性格のあなたが騙されにくくなる、裏ワザ的メソッド!

・人やメディアの言ったワードや噂話などを無条件で自動的に鵜呑みしてしまう。

・結果的に罪のない周りの人を振り回してしまって自己嫌悪してしまうようなことがある。

・同時に自分自身が振り回されてしまっているが、己が起こした行動がゆえに悪者になってしまっている。

今回は、そんな素直すぎるあなたに向けた、良い対策案をお届けする記事になります。

影響されやすい=人の言動を本気にしやすい=呪文に掛かりやすい


社会生活を営むうえで大事なことの一つに、「情報の取捨選択」というのがあります。メタ情報とは「人を動かすために意図的に作られた」ものも多くあり、

人は自分の頭の中のフィルターや今までの経験値を発揮することによって、

情報を正しく振り分けるコントロールが可能になります。

今の時代、情報がいろんなところから入ってきます。スマホをひらけばアプリのお知らせや広告、ウェブのCMなんかもそうです。

SNSの呟きも、覗いてみればキリがないくらい溢れています。

気分を良くしてくれる情報も多く、一生掛かっても見終わることがない膨大な量。

人間関係でもそうです。人には多かれ少なかれ承認欲求という本能がそなわっています。

自分をもっと知って欲しい、話を聞いて欲しいと思っている人はあなたの周りにもたくさんいます。

何が言いたいのかというと、メディアの情報も、あなたにものを買わせたいからあの手この手で良いイメージを植え付けようとしているし、

あなたを思い通りにコントロールしたいし、気になってもらいたいから、有る事無い事を言ってくる人が普通にいる、ということです。

しかも、フツーの顔して間違った情報や、人を惑わすようなを与えてきます。

飛び込んできた情報をすぐに鵜呑みしてしまいすぐに行動起こしてしまうあなたは、彼らからすれば絶好のカモなのです。

自分の掛けた呪文がすぐに効いて、彼らは何かを満足させています。

影響されやすいあなたが人に振り回されないために、前進を加速する方法

今まで、人の言動や情報に振り回されて失敗してきたあなたが、これ以上失敗しないためにはどのようにして気を付けていけば良いのでしょうか?

ひとつは、

今までの失敗ポイントを思い出して、「あの時もっとこうしておけば良かった!」と思ったことを頭の中でシュミレーションすることです。

例えば、Aさんが「この前あいつ(B介)がお前のこと悪く言ってたんだよ。俺は止めたんだけどな。」

などと嘘の情報を与えてきたのを本気にしてB介を怒鳴りに行ってしまった、としましょう。

この場合は、Aさんの言葉を事実関係を確認しないまま、鵜呑みにしたことや、B介にそれが事実なのか確認せずに怒鳴り込んでしまったことが自己嫌悪の原因となります。

もし、同じような出来事が怒った場合は、

・Aさんの言葉の意図を感じとる

・Aさんに事実関係を追求して信憑性を伺う

・Aさんは普段からあなたやB介に対する振る舞いがどうなのか観察する

・B介がそのような言動を起こすタイプの人間なのか、背景を推測しておく。

・B介をAさんの目の前に連れてきて事実関係を確認する

など、同じような場面があった場合を予想して、つぎはどのような対策を取るかを決めておくと、

前回とは同じような結果にならずにすみます。

コツとしては、失敗を良い経験値に変えていこうとする方向修正をはかることです。失敗したから一貫の終わり。ではなく、次の場面で試してみると、だんだん世渡りがわかってきます。

つまり、人の動きをよーく観察すると、些細な気付きがあります。

「あ、この人はこんなところあるなあ。」

「コイツ、人の不幸話聞いた時嬉しそうだな、、」

など、些細なことです。

決して感情移入せずに、客観的に眺めて事実として捉えたものこそが「情報」であり、「判断材料」です。

わざと影響されろ!ウソ情報を持ってくる人炙り出すズルい手法

これは個人の良心にお任せしますが、私が素直すぎて人に振り回されてどうしようもないときに編み出した手法があります。

会社や仲間内などの人の集まりで、3人以上のときに試すことができます。

会話の中で、ある一言を大声で言うだけで良いです。

そして数日くらい放置するだけで、態度が豹変する人がでてきます。しかも、あなたのことを欺こうとする人が。

「わたし、騙されやすいんですよー!すぐ騙されちゃう!」

↑これだけです。

人として騙したいのか、

異性として騙したいのか、

何かを騙したいのか分かりませんが、

このセリフを大人数の前で(雑談の中で)発したとたん、

態度が豹変してわたしに声を掛けてきた人が出てきた。と言うことが何度かあります。

騙せるかどうか試された、とも言えますが普通の人間はそんなことをしませんよね。

すくなくともあきらかに目の色が変わった人は要注意人物の可能性が高いので日頃からマークしておくことができます。

これは、本当に禁断の方法ですし、種明かしをしたらかなり恨まれるはずですので、

できれば最終的な手段に取っておいてください。そしてなるべく誰にも教えないで下さい。

私が伝えたいのは、分かって騙されるのはありだと思う、と言うことです。

影響される、というのは決して悪ではありませんが、失敗しても、洞察力を磨いて乗り切っていきましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

第二領域を最優先すべきか?有意義だが時間取られるパラドクッスからの回避方法とは?

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

ページ上部へ戻る