脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

テレビ、スマホ、ゲーム「無限の泉」を蹴散らせて、集中力を福利的に増やす方法!

 えっ!集中力は、副利で増やせる?

よく、集中力が足りないという問題にぶち当たります。あれもこれもやるべき事がありすぎて、一日があっという間に終わってしまう。
一度にたくさんの事をこなす、つまり生産性を上げるという行為を行う上で、集中できる力は絶対に書かせない能力です。

頭を使わないタスクは同時進行で物事を行うことはできますが、集中力がないと文章は書けないし、研ぎ澄まされた学びやアイデア構築につながりません。

この能力がないと、日々の生活に忙殺されるだけで自己成長ができません。
なぜなら、今のネット社会では「無限の泉」で構成されてるからです。

特にテレビ、ネット、ゲームなどの本能に働き掛けてくる強い誘惑には勝てません。誘惑を遮断する仕組みを作り集中力を増やす方法を知れば、今よりも10倍生産性が上がります。

とりあえずこのブログを読んでくれているならば、少なからず生産性を上げてビジネスや生活面でクオリティを高めたいと思っているはずなので、
一刻も早く自己成長できる自分になりたいのが本音でしょう。
しかし…
「集中力」をコントロール出来ない限りは、
たとえ今の生活サイクルでマルチタスクを頑張ってこなしたとしても、のらりくらりと時間だけが過ぎていき、
結局ある程度タスクをこなして良い気分になった自分だけしかそこにいない、という結果に終わるパターンで、出来たことといえば人生の無駄時間浪費でしかないでしょう。
散々不安だけを煽ってしまったので、
今日は、1日の集中力を飛躍させる方法を話したいなと思います。
方法は簡単で、
・腕時計をつける
・スマホを会社や別部屋に置いて帰る/寝る
・1日のハイライトを決める

まず、腕時計を着ける理由は、スマホで時間を確認すると無意識のうちにお知らせやメールなど、時間以外の情報をついでに見てしまうからです。

細切れ時間5分でもこれをやってしまうと、一日の中で無意識で同じ行為を10回は行っているはずです。

一度スマホに手をつけた回数を数えてみてください。10回はくだらないでしょう。この積み重ねが一日の中で集中すべき膨大な時間を失っています。恐ろしいですね。

それに、スマホで目に飛び込んできた情報になんらかの「反応」をするたびに集中力の波を下げてしまっています。

スマホを会社や他の部屋に置いて帰る/寝る

は、意思力ではスマホに手をつけないことが難しいので物理的に手を伸ばせない距離にスマホを置き、「無限の泉」から遠ざかることです。

やるべきことが終わるまでは「無限の泉」に手を伸ばさない環境を手に入れます。

すると、本来こなすべきタスクに向き合うことができ、驚くほど集中的にスピードアップすることができます。

スマホのお知らせなどの集中を削ぐ注意が入らないと、目の前のことをやるしかないためいかにして早く終わらせるか?にも真剣勝負で向き合えるからです。

最後に、

1日のハイライトを決める

ハイライトとは、一日の中で1番重要度が高くいタスクやテーマの事です。まずそのメインディッシュを決めてしまいます。

例えば昼から行う企画書の資料作成がハイライトだとしたら、

午前中に行うメール返信の合間に午後の資料作成に必要な情報を集約したり企画書のアウトラインをさっと作っておくなとができます。

他のタスクを行いながらも、1日のメインとなる企画書作成を意識する感覚です。

そうすると、結果的にハイライトに対する意識づけを行えば行うほど、1日の中で集中力が福利で増えていきます。

ハイライトさえ意識して一日を過ごせば、よりクオリティの高い仕事ができたり、充実度の高い人生につながるはずです。

仕事で疲れた夜の時間帯に、
集中高く、効率よく勉強するのは、不可能だと思います。
少なくとも、脳科学的には、無理です。

特に集中福利的に増やす方法は何か?
という問題を拙著『時間術大全』で
詳しく解説していますので、さらに詳しく学びたい方は、
『時間術大全』をお読みください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今までの振り返り・自分反省会を無駄にしないための考え方

定期的に人生を振り返ったり、今月振り返ったり、今日1日を振り返ったり、また新しくチャレンジしたことの体験を振り返ってみたり。 振り返…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

ページ上部へ戻る