脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危険回避体験記】左耳が聞こえにくい!突発性難聴の予感がしたが、結果は全く違った話。

これは、kさん(30代後半男性/プログラマー)の体験です。


 

私は昔からテキトーな性格だったので、耳掃除をよくサボっていたんです。

小さい頃は家族が耳掃除をやってくれたのですが、アラサーになってからは家族に取って貰うのは恥ずかしいので、耳掃除は放ったらかしにしていました。

 

たまに耳掃除は行っていましたが、人差し指を耳の中に入れてテキトーに耳垢を取るくらいでした。

 

そんな生活をしていていた、ある日の事です。

のんびりと家でテレビを見ていたら、左耳が少し聞こえにくくなりました。今までも、こういう症状はよく起きていたのですが、自然に治ってました

 

なので、自然治癒で治そうと放っておこうとしたのですが、その時は「もしかしたら加齢による病気かもしれない」と感じました。

 

しかも、その頃は有名人が「突発性難聴」を患ったというニュースがやっていた時期だったので、普段の自分だったら放っておいたかもしれませんが、

 

その時はインターネットで耳の病気に対して調べる事にしました

 

そしたら

「突発性難聴はいきなり来る」「早く治さないと治る確率が3分の1になる」

などと書いてあったので、私はマズイと感じて耳鼻科に行く事にしました。

 

耳鼻科に行って先生に診察をしてもらった所、

突発性難聴では無くて、耳垢が耳の奥に詰まって耳の聞こえが悪くなる

「耳垢栓塞」という症状が起こっていました。

 

早速、先生は耳垢を取るための機械を使って、

耳奥にあるたくさんの耳垢を取ってくれました。
先生は

「もし、このまま放っておいたら耳垢が固くなってしまって取りにくくなる所でした。他にも放っておく事によって、炎症や難聴になってしまう可能性もありますので早く来て良かったですね」

と言われました。

 

耳はとっても敏感な場所なので、早めに病院に行って良かったです。
この経験から、違和感を感じたらすぐに行動をする事の大切さが分かりました。

 

これまでは、「たまたま」耳に違和感が出ても自然治癒で何とかなりましたが、今回は早期発見したおかげで、炎症や難聴にならないで済みました。

 

病院は患者さんも多いですし、お金も結構取られるので、行くのが面倒くさいと感じていたので、今までは大きな症状が出るまでは病院に行こうとはしなかったです。

 

しかし、症状が起きてしまったら手遅れという事は普通にある事なので、これからは違和感を感じたら、グズらないで病院へ行くようにします。

 

年齢もアラサーなので、今後は色々な病気を患う可能性は増えてくると感じます。なので、定期的に健康診断なども受けようと感じてます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の無駄行動から抜け出す方法はあるのか?

こんにちは!今日も元気にいきましょう!ウベ氏です。 今回は、「無意味な行動から抜け出したい人」向けに記事を書いていきます。「わ〜、無駄な1…

person holding white stylus

計画を妄想で終わらせないための、PDCAの回し方

自己啓発は好きだけど行動に結びつかない行動に結びつく計画を立てても結局大した熱量が持てない結局諦めてやめてしまう こんな人生をぐるぐ…

person holding apple magic mouse

デジタルデトックスをしたことがない人に絶対わからないこと

自分では気がつかないけど、「デジタルに支配されてるな、、、」って人を見て気がついちゃうんですよね。どこ行ってもみんなPCやスマホいじってる…

pexels-photo-2385477.jpeg

憧れのあの人を見て、「羨ましいな…」と思っただけで終わらない方法

目の前の人や、テレビやオンラインで確約している人を見ると、「わぁー、いい人生送ってるなぁ・・」などと羨ましい気持ちが湧いてきたことは誰もが…

「目標を明確にする」のが難しすぎると思ってしまうのはどうして?

何か新しいことを目指そうとするときに、よく「目標を明確にししないと意味がない。」と言う話があります。 その目標自体を見失って…

ページ上部へ戻る