脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危機回避体験談】歳の離れた無自覚な弟の危険に対する母のやりとりを見て学んだこと

 これは、Wさん(20歳/学生)の体験談です。


年の離れた小さな弟が危険よくやる手口を書かせていただきます

母が料理をしている構って欲しいのかまだ幼い弟は母親に近づき相手をしてと言わんばかりにちょっかいを出します

更にその日の弟は学校から親孝行しろとでも言われたのかどうしても母親の料理を手伝いたいらしくなかなか母親のそばを離れたがりませんでした。

普段は駄々をこね始めても少し誤魔化せば何事もなかったかのようにことが過ぎ去るのですが、、

今回はそうもいかず挙げ句の果てには

僕にも包丁触らせて

自分が料理をすると言い出し泣き出す始末です

見かねた母親は少し手伝わせれば満足するだろうと弟に調味料や食器運びなど簡単なことをやらせました

始めは弟もそれには素直に従い手伝っていました

しかし弟はやはり男の子使命感なのか包丁や他の道具を触りたがり始めました。

そして結局調味料や食器運びなど簡単なことにも飽きてしまいました

次第に母親の隣で

◯くんに触らせて欲しい

ぼくもお料理がしたいの

などと駄々を捏ね始めてしまいました

その場を誤魔化しも効かず

母親はどうするのだろうと思い見ていましたが

弟に包丁を握らせ一緒に切らせるのかなと思ったのですが

母親は違う方法で包丁を触らせることなく弟の包丁の危険を回避したのでした

母親はまず弟に真剣な表情で向き合い怒るのかと思いきやこんなことを言いました

くん

じゃあお母さんがくんにすっごい大切なこと頼んでもいい

いつもはお父さんにしかやってもらわないことなんだけどくんがやってくれるならお母さんすごく嬉しい

お兄ちゃんとかおねぇちゃんたちにもまだ頼んだことないからすごく心配だけどお母さんくんならできると思うから頼んでる

なにやら母親から頼み始めたのです

さっきの態度から一変し

いきなり頼み始めた母親を見て弟は頼りにされたことが嬉しかったらしく、

元気よくうん頷きました

そして

大役を任されることになった弟は包丁を掴むのではなく

なんと電子レンジでもやしをチンしてナムルを作る大役を任されたのでした

もやしを耐熱ボウルに入れめんつゆとごま油を入れた電子レンジでチンする、という簡単な係を任され

元気よくこなす弟はすっかり包丁のことは頭のことから消えているようでした

やはり小さな子は頼りにされると嬉しいんですね

というわけで今回は母親が無事に弟を包丁の危険から回避させたのでした

一連のやりとりを目の当たりにして、弟の言動にヒヤヒヤさせられましたが

やはり自分たち兄弟を育てた百戦錬磨の母親はさすがだな思わされる出来事でした。子育てをされているにとってはあることかも知れませんが、

小さな子無自覚に危ないことしてい場面ほど、大人は冷静に寄り添うのが大事なんだと学びました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グダグダ先延ばし癖から脱する方法

1日があっという間に終わってしまって、「大した事しないまま一日が終わったわ...」と途方に暮れることありませんか?こんな日が続くのならば…

「返信不要です」でイラッとしないための対処・対策・気持ちの落としどころとは

ビジネスや個人的なやり取りの中で、「返信不要です。」と連絡がくることがあります。「え?どういう意味?」人によっては思いますよね。結論から言…

「片付ないといけない…」「でも、いらないのに捨てられない…」無間地獄から脱出した方法

部屋をすっきりしたいのに、いらないものがあってもモノが捨てられない。そんな、ヤキモキしてしまう矛盾ってよくありますよね。そんな時はどうした…

animal big big cat brown

プライドの高い人間は、弱みをチラ見せしてバカになればいい

「プライドの高い人間だった」側の人間の心理 プライドの高い人間は、重度になると周囲混乱していようが迷惑を感じていようが、むしろ …

人生の無駄行動から抜け出す方法はあるのか?

今回は、「無意味な行動から抜け出したい人」向けに記事を書いていきます。 後から1日を振り返ると、 「わ〜、無駄な時間を過ごして…

ページ上部へ戻る