脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

【危機回避体験談】体調の些細な違和感に気がついて、回避した話。

 これは、Uさん(50代/製造業)の体験談です。


よく熱を出す子ども時代環境のせいか体質なのか分からなかった

私は幼少の大阪に住んでいましたその当時の自分に何が原因だったのかは分からなかったのですが結構熱を出したりしてよく小学校を休んでいました

そして小学校3年生の2学期の途中で父親の転勤の福岡県の田舎に引っ越しました。

それからというもの、体調を崩しがちだった以前とは一転、小、中、高と元気に過ごすことが出来ました。

今考えると、大阪では「光化学スモッグ」が発生する事が度々ありました。当時約40年程前ですが、大阪は空気が汚なく、

幼心に「黄色い旗が小学校の校庭に上がったら帰らないといけない。」と、子どもながらに認識していたりもしました。

子供の頃、よく分からない熱などを出していた原因はそれなのかなと、今になって思います。

社会人になり、喫煙者の多い環境でまたもや病気を患った

又、社会人になってからは喘息になり、しょっちゅう入退院を繰り返してきました。小児喘息ではありませんでした。大人になってからの喘息です。

これも今思う事なのですが、社会人になって、周りで煙草を吸う方が多くなったことが原因なのではないかと思います。

そして、以前より「呼吸器が弱いのかな」とは思っていましたが、20代前半に喘息の発作で苦しくなり、

あまりに息苦しさに命の危険を感じ、家族に「救急車呼んで!」と叫んだ出来事がありました。

ただ、叫んだところまでは覚えているのですが、実はそれから3年間程の記憶はありません

脳の疾患を機に、常用していた薬の服用に違和感が

今は丁度その出来事から20年が経ちますが、少し歩行困難が残っています。

そしてこの20年間はずっと、朝昼夕に必ず薬を服用してきました。そしてその薬こそが、私が危険な事態を回避出来た理由でした。

昨年の寒い冬の朝の事です。その日の朝は時間がなかったので、仕事に出る前に薬だけ飲んでおこうと思い、薬を口に含みました。

しかしながら、水で飲みこむ瞬間に薬が口から出てしまいました。水も飲み込めませんでした。症状こそ違いましたが、20年前に家族に救急車をと訴えた時と同じような感覚がしました。

まだ、自覚症状がありましたので、自分でかかりつけの病院に電話をしました。

家族は運転が出来なかった為、「タクシーで来てください」という看護師さんの言葉に従い病院に向かいました。

状況は伝えていましたので、直ぐに私の主治医の先生がいらっしゃってくれて、検査をしました。結果的には「即入院」でした。

体の些細な違和感に気がついて軽症で済んだ理由

「そのまま仕事に行っていたら、どうなっていたのだろう。」

と思うと怖いです。

もしかしたら、運転中に具合が悪くなり、交通事故で他人にケガをさせていたかもしれません。

恐らく20年前の出来事で自分の身体の具合が分かるようになっていたので、今回は「軽い脳梗塞」で済んだのだと思います。

私は上記の出来事を経験して、自分の身体に自信がある方にこそ、伝えておきたいことがあります。

人は、いつ、どこでどうなるのか全く分かりません。

たとえ自分の体でも、内側でどのような状態になっているかなど、検査でもしない限りは分かりようがありません。無症状が、健康だとは限らないわけです。

町の健康診断でも構いませんので、少しでも早く、また少しでも多く、自分の健康を維持できるように何かしらの事をして頂きたいと思います。

お金が無くても、健康な体があれば何でもできると思います。

私以外の他の方に対しては、忘れがちではあるものの、普段から今の体を大事に大事に労って日々を過ごしていって頂きたいと切に願います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!