脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

糖質制限をしたら、睡眠時間が減った!なかなか眠くならない/夜中に目が覚めるの不安を解消するには?

糖質制限をしていたら、いつのまにか寝付きが悪い。または、夜中に目覚めてしまうことがあります。

ここでは、糖質制限によってよく起こりがちな睡眠事情の変化と理由、糖質制限を継続しながら睡眠の質を改善していく方法について解説します。

糖質制限を始めたら、やたら夜中に目が覚める。寝る時間なのにいつもどおりに眠気がこない。何で?

糖質=炭水化物系/脂質系ほかの栄養バランスが変わる→代謝時間の長さが変わるから

通常は、食事で摂取した栄養素によって、体内での消化吸収や、代謝に掛かる時間やそれに伴う必要なエネルギーが違ってきます。

例えば、牛丼は7割くらいが米でそれ以外が肉と玉ねぎと調味料としましょう。

ざっくりと全体の7割が糖質だとすれば、米と肉を一緒に食べてもそれぞれ(炭水化物とタンパク質)の消化に使われる時間やエネルギーって違ってくるんですね。

どちらかと言うと、肉や脂の方が消化が良いとされています。

もしあなたが糖質制限を初めて、逆に肉7割の牛丼に切り替えたとしたらどうでしょう?

バランス的にも消化の早い食品に変わりました。ということは、

米7割の牛丼を食べていた時よりも消化するのに体に掛かるエネルギーが必要なくなり、以前よりも体が疲れなくなってきます。

消化にエネルギーが使われなくなると、必然的に眠たくなりにくくなるし、自然と睡眠によるエネルギーチャージが終わる時間が早くなります。

そのため糖質制限をするもと、いつも眠くなっていた時間帯にも関わらず目が冴えたり、心当たりがないのに夜中に目が覚めてしまうひとが続出するのです。

糖質制限をすると頭の中がクリアになるが、劇的変化だからこそ寝不足が不安になる

糖質制限をすると、砂糖や炭水化物などの食べると眠たくなりやすいものを遮断するので、必然的に頭の中がクリアになり、冴え冴えとしてきます。

人によっては今までの自分とまったく違うような劇的な変化を体験している!とびっくりすることもあるようです。

文字通り頭の中の固定概念が覆されるくらい研ぎ澄まされた境地になるため、

「糖質制限って、本当はもしかして体に悪いんじゃなかろうか?」

「じつは体の中ですごいことが起こってしまってるのではないのか?」

と不安を覚える人もいるでしょう。

糖質制限に対する睡眠不足への不安を喜んでぶっ飛ばす!

そんな人にまずお伝えしたいのが、

・むしろ睡眠が減って喜べ!

ということです。

なぜならば、人が眠たくなるのは疲れた時であり、目が覚めるのは疲れが取れた時だからです。

糖質制限で眠たくなりにくくなるのは、単純にからだが疲れるような行動が減ったためです。糖質制限をすると消化に使うエネルギーがセーブされるので、おのずと内臓が疲れにくくなります。

同じように、糖質制限で夜中に目が覚めるようになってしまうのは、消化に掛かる負担が変わってきたため、エネルギーチャージが早く終わっただけの話です。

その結果として眠気が来にくくなるのだと分かれば、不安は吹き飛ぶはずです。

糖質制限してるコミュニティに入ると、不安も吹っ飛ぶ!※ただしマナーは守って。

それともう一つは、

・糖質制限仲間を作ろう!

です。

要するに、各々各自がふだんの糖質制限の結果や感想を報告し合うコミュニティに入ることです。

注意点としては、

糖質制限に関する知識を教えてもらえるような、スクール的なものではないので、知識に関しては本や動画などで自分で仕入れましょう。

なぜならば、

糖質制限のコミュニティに入っている人はだいたい素人です。基本的にモチベーションを保って継続させたり、知識交換をしてお互いを良い方向に高めあうことを目的としている場合がほとんどです。

つまり、

「糖質制限って、具体的に何食べればいいの?」

とか、

「オイルのオススメって何ですなぁー?」

などと

自分で知識を探してもいないのに質問だけして楽をしようとすることを繰り返すと、「努力しない人間なんだな」と思われます。

その後ちょっとした発言が嫌がられたりして居心地が悪くなり、結果として糖質制限自体も継続しにくくなります。

糖質制限のコミュニティに入ると、頑張っている仲間に触発されて、自分も「よし、やるか!」とみんなに報告すべき行動を起こそうという気持ちになりますし、

Facebookやアプリ内のグループなど、オンラインで無料で参加できるものがたくさんあります。

いくつか掛け持ちしてみて、居心地の良さそうなコミュニティだけ継続してみるというのも方法です。

同じコミュニティ内でも、糖質制限をしているひとにしか分からない些細な疑問や変化が出てきます。睡眠の話だってそうです。

そんな時に仲間内で不安点を共有できるのがコミュニティのよいところです。同じ糖質制限をしているにしても、ひとりひとり視点が微妙に違うので、

交流をしていると学ぶべき点やヒントが多く得られます。

糖質制限で睡眠時間が変化した時にするべき対策

糖質制限で睡眠の質が変わったとは言え、実際に浮いた時間はどうすればよいの?ということですが。

対策としては、

・昼間に頭脳労働を増やして、脳を疲れさせる(物理的に疲れて睡眠を誘う)

・副交感神経を活性化させるために、睡眠時間を前倒しにする(横になるだけでも体は休める)

・眠れるグッズやアプリを総動員してトライしてみる(何で眠れるかは後からわかる)

・昼間に仮眠をする/仮眠をとるからいいやと割り切る(体は帳尻を合わせようとするから大丈夫)

・糖質制限で変わってしまった睡眠時間を記録して隙間時間や休日で帳尻合わせをする(コンディションはどうだったかも記録すると案外いけることがわかる)

です。

できることなら以前より眠れる環境やコンディションを整えて、睡眠の質をさらに上げるようなリテラシーを身につけるように動いてみることです。

特におすすめは、寝る前に難しい本を読むことと、アプリでメトロノームの音を聞きながら入眠することです。

糖質制限をはじめると、睡眠の質が分かりやすいほど変わってくるため、その変化に戸惑ってしまう人が多いのは事実です。

しかし、それは消化に掛かる負担が軽くなったからであり、不安に思う必要はありません。

その不安を飛ばすには、健康上は問題がないけど今は違和感があるのだと知ること。糖質制限コミュニティに属して情報交換をすること。

寝不足が懸念されるのであれば、記録をしてみて3日や1週間単位で、コンディションもはせて分析してみること。以外と眠れなくても平気な場合もあります。

睡眠の質をさらに上げるために、早めに寝られる環境を整えたり、アプリを活用するなどして、今の生活にカチッとはまる方法を編み出していくことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

職場の先輩がうっせぇわ!と思えば思うほど、逆らえない。対処の基準と上手な立ち回り方。

・職場の先輩がいつも大声でしゃべっていて、気が散る ・チームを組んでいる先輩が、自分の気分次第で八…

現状打破したいのに、なぜか動き出せずに立ち止まった時にやったほうがいいこと。

そろそろ、卒業の時期かな?と、思ったことは、ありませんか? 学校の卒業、ではなく、 「今の自分から、…

影響されやすい性格のあなたが騙されにくくなる、裏ワザ的メソッド!

・人やメディアの言ったワードや噂話などを無条件で自動的に鵜呑みしてしまう。 ・結果的に罪のない周りの人を振り回してしまって自己嫌悪し…

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!