脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

仕事にやりがいが見いだせない時にできることは何だろう?

給料・昇給・扱い、、、自分の思い通りの見返りがないからやりがいが腐っていく。

「仕事をしててもいまいちやりがいが感じられないなぁ。」

「生きてても、なんとなく手ごたえ感じられないなぁ。張り合いがないなあ。」

そう思ったことありませんか?

なぜあなたがそうなっているかと言うと、こちらが与えて見返りに対して、思ったような成果が返ってこないからです。

例えば、キャッチボールをして自分が投げたボールを相手が的確に返してくれないと感じたときです。

仕事の場面でも同じです。自分がやった仕事に対して、自分が思ってるような結果が、給料や昇給や待遇等によって帰ってこないとしたらやりがいは無いと感じてくすぶってしまいがちです。

他の場面でも、自分がこんなに与えているわりに、全然感謝されない気がする。そのような時は、一体どう解消していくのがマストなのでしょうか。

仕事にやりがいを感じない時にどうすればよいのか?

・自分の能力を洗い出し、足りない部分を補う活動をしてみる

仕事自体にやりがいが感じられないのであれば、会社が求めているものと自分の職場で本当の能力にギャップがあるのかもしれません。

対処法としては、フレームワークなどを利用して自己分析をしてます。そこから自分の強みや弱点を見つけていきましょう。もし足りない分があれば、補うための勉強だったり、訓練がてらに業務にあたる日々を過ごしながら、小さな行動から実践して成長を図りましょう。

・社内を取り巻く人々の相関図を作り、パワーバランスや能力値を割り出す。

会社というのは残念ながらコネや世渡り能力による私的な優遇など、仕事の能力とは全く関係のない人間関係で評価されたりする事は当たり前です。

そこで社内の人たちの相関図を作ります。矢印などでAさんとBさんの関係だったり、好意を持っている、特別視している、期待してる、もう想定で構いませんので

図に書いて把握しましょう。そこからその中であなたがやりがいを見出すには、どういう戦略をとっていったらいいか。策略をたてましょう。

できれば、どの能力が強みの人だなども分析しておくと良いです。

相関図を作ることで、「自分がこのフィールドでやりがいを見出すには何を改善していけばいいか?」と出方を変える名案を思いつくかもしれません。そして、勝機があると思ったタイミングでそれを実行するのです。

やりがいと給料を天秤に掛けて今後を判断する

やりがいのある仕事をしても、給料が安ければモチベーションもだんだん削がれていくものです。

逆に、給料さえ多ければやりがいがなくてもその見返りはお金として返ってきます。これを読まれている方は、やりがいと給料を天秤にかけても現状納得できない方が多いかもしれませんね。

ただ言いたいのは

やりがいとお給料は比例することする事はなかなかないのです。

やりがいを重視するのか?

給料を重視するのか?

どこに重点を置いた仕事をしたいのか?

やりがいはなくても、とりあえずお金稼げればいいやと言う考え方もあるのだとしっておきましょう。

好きな仕事をしている場合は、条件なしで、やりがいがあります。しかし給料面で満足はいかないと、いずれやりがいを失うパターンが多く見受けられます。

しかし給料等の待遇さえあれば好きな仕事じゃなくても、ひとまずは気が収まります。「やりがいに重点を置かない」と言う選択肢も必要です。

やりがいがないくらい、くだらない職場だと感じたら、他のフィールドを探すべし。

もしあなたが今の職場のレベル(待遇、条件)に対して、何も得るものはないと思ったら転職を検討してみるのもいいかもしれません。

簡単に転職ができれば良いのですが、そうでなければ副業やお金になるような探してみるのも良いでしょう。

そこにいても一生報われない、こんな人生嫌だと心底思うのであれば、今の会社らあなたがいるべきではない場所はなのかもしれません。

もし今の給料や待遇に不満があるときは遠慮せずに交渉してみましょう。日本人の苦手とする交渉ですが、トレーニングがてらに実行してみるのも面白みがあります。

ダメ元でその反応や会社の態度を見て、自分はどうすればいいのかの判断材料にしていきましょう。

やりがい構築に必要なのは、能力・自分の見せ方・運である。

やりがいは構築できると私は思っています。なぜなら今の時代、やり方や努力次第で、大体の能力を身に付けることができます。

また、自分の軸をはっきりさせた上で、会社での立ち位置を決めて、周りの反応がどうであろうと社内でそれなりの振る舞い方をしていくことで、なんらかの変化や成長が見込まれます。

できるところまでカスタムしていったら、たとえうまくいかなくてもじゃあ次はこういうで形にしようかと、定期的に職場で実験してみたりもできます。

まさにロールプレイングゲームです。

社内の登場人物とのやりとりや、自己錬金(スキル構築のための勉強など)で、徐々にやりがい構築につなげていきます。

ほかには、社内の空気や運の要素もありますが、たとえやりがいの構築にうまくいかなくても、じゃあ次はこういうで形にしようかと定期的に職場で実験してみたりするのも良いです。

そうすると、「やりがいないな」と思っていた仕事も楽しんでやる、と言う感覚で着手できるようになってきます。

見せ方を工夫するというのも大事です。良さそうな雰囲気や服装、しぐさを身につけてさらに良い印象に見られるようにしておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

おうち時間でもできる。マンネリ化への対処の仕方とは?

マンネリ化。それは日々の怠慢ではありません。あなたのせいではありません。 脳がそういう風にできているがゆえ…

誰がなんと言おうと、自分の夢は先取りしておいた方が良い!

自分の夢を先取りするために必要となる「自覚」とは? 夢を先取りする上で自覚しておかなければいけないことがいくつかあります。 …

「温かい家庭」を夢みる人ほど結婚生活に失敗してしまいやすい。何度も相手選びを間違わないためにやることとは?

俗に言う、「温かい家庭」とは、どんな家庭のことを指すのか? ・笑ってご飯が食べれるのが当たり前の家庭 ・家族のことも他…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!