脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

毒素排出!メンタルが崩壊しないように行った7日間のファスティング体験記

今のところは健康でも、将来のことはわからない。元気な体は最低限、両親から受け継いでいる。はず。

そんなラッキーなカラダに感謝するなら、その元気をさらに活かしたいものです。

健康な体を維持するには、「生活環境を整える」「ストレスをためずに定期的に発散する」「食事で毒素をためずに定期的に排出する」の3つが大事です。

今回は、3つ目の「毒素排出」にフォーカスを当ててみました。

 

体にたまっている毒素目で確認すると、実感できる。

 

人間の体は、食べたものや皮膚からの経皮吸収などにより、良くも悪くも様々な成分を取り込んでいます。

 

微量な重金属や有害といわれる食品添加物は、特に脂肪にため込まれやすいと言われています。

その体の奥底にため込まれた毒素は日常では排出しきれないものとして体内に蓄積されるのです。

 

その毒素をどうやって調べるかというと、

身近なところでは毛髪の重金属チェック(郵送)というものがあります。

 

私も一度申し込んでみたことがありますが、不規則な食生活を送っていなかったのも関わらず、それなりに数種類の金属系の成分が検出されました。

 

実際に毒の量を測ることは専門的な機関を利用しないと、なかなか難しいです、目安となる方法があります。

それは、

・口の中がネバネバしている。

・舌苔の量

・お腹が壊れた時

・小水の色の濃さ

など、特に朝起きたり食生活が偏っていた場合は解毒の状態がいつもよりキョーレツだったりします。

いつもの解毒状態を目でチェックして比較すると、その原因が発見できることもあります。

人間をはじめとする生き物には毒を排出する機能がそなわっています。

このようにして、体が健康であれば解毒力は最低限保証されているのですが、

さらに毒素を極力排出するには、断食をして体の機能を解毒する力に集中させることです。その結果、いらない毒素の排出を図ろうと言うものです。

 

実際に個人的に実行したり、プロのサポートを受けて体験することもできるため、断食やファスティングに挑戦する人がかなり増えました。

正しく行えば気軽で体調が良くなり、文字通り体の中からすっきりです!

 

健康志向の高い人でなくても、一度経験しておくとかなり世界観が変わります。(ほかにも毒素排出方法はたくさんありますが、今回はわかりやすく一つのテーマで行きたいと思います!)

 

 

 

細胞が毒素を食べてくれる最強の解毒機能が発動するのが「断食」

 

断食ファスティングはその方法が沢山世に出回っていますが、シロウトが自宅で行う程度ならば最低限の栄養素は摂取しながら行うべきです。

必要な栄養素とは、糖分の入ったドリンクと、塩分、サプリメントとミネラルウォーター。タンパク質と脂質は一切ぬきにする

 

1日の摂取カロリーを大幅に減らすことで、3日目あたりから「オートファジー」という現象が起こります。体内が飢餓状態になったことで、健康な細胞が体内のごみを食べてくれるというものです。

 

つまり、体内の大掃除をしてくれるということです!11963年に、体内でオートファジー(恒常性維持)現象が起こるということが世界的に発見されました。

 

体内を大掃除してくれるということは、体がすっきりして今よりも健康になること間違いなしなのです。

 

 

【ファスティング体験記】ネットで拾い集めて抽出したファスティング情報をもとに始めてみた

 

個人的にも挑戦してみたく、年に3回程度実践しています。ネットや書籍からの情報収集から現在の自分の都合と照らし合わせて行います。

 

 

もともとの食生活

一日一食 (煎り玄米・オイルと塩コショウで和えた野菜サラダ・好きなもの)

週一回好きなものを食べ放題の日を作る

週3回のトレーニング(筋トレとストレッチのみ)

体重55・5kg

体脂肪20%

 

元々.それほど極端に特徴的な体格はしていません。今どきの意識高い系ではありませんが、健康志向が強い生活を送っています。

今回の目的はというと。

 

 

 

 

 

 

オートファジーを経験してみたい(体内のいらないごみを食べてもらいたい!)

 

 

 

 

毒素排出(不要な毒素を排出する体の機能を最大限フル活動させたい!)

 

 

要するにデトックスして、さらに健康になるというのが私がファスティングを行う理由です

 

 

 

 

 

【ファスティング体験記】必要だと感じた栄養素と、主に実際に使用したもの

 

 

 

 

糖質・・はちみつのレモンづけ(コストコで購入したはちみつの大量消費が目的でした。炭酸水や水で薄めて飲むと、糖分が脳にすぐに栄養として取り込まれ、頭の中がぼうっとすることが少ないと推測できる)

 

 

 

アミノ酸・・(筋力を落とさないため。筋肉の栄養の素になる必須栄養素)

 

 

 

カルニチン・・(筋肉の糖新生を防ぐため)

 

ビタミン・・(マルチビタミンのサプリメント)

 

 

ミネラル・・(濃縮ミネラルを飲み物に注入して飲む)

 

 

鉄分・・・(貧血予防)

 

 

乳酸菌・・・(腸内環境の正常化を図る)

 

 

クエン酸・・(疲れたと感じたときに、必要に応じて梅干しかパウダー)

 

 

 

 

 

 

「脳をだましながらゆるくやる」のがファスティングに挫折しない最大のコツ!

・断食道場に行けるような自由な環境にない!

・気が散りやすい性格なので、基本は抑えて臨機応変にやりたい!

気合を入れすぎて今までダイエットに失敗してきた!

 

 

 

などなどの事情?から

 

 

 

今回は、力を入れてやるのではなく、何とな~く体に教え込ませる感覚で始める

 

 

 

という作戦です。

 

そのためにやったことは、

「あまりガチガチに決意を固めて完璧主義を捨てる」

ことだけです。

 

 

 なぜなら、いくら決死の覚悟でファスティングに臨んだところで、空腹感が出てきたときは本能的に逆らえない。

そんな時に無理にファスティングにフォーカスすると、逆に食べ物の誘惑に負けるなどして挫折の可能性が上がると思ったからです。

それならば、力を緩めて気を紛らわしながら行った方が良いのではないかと考えました。

 

 

実際に7日間のファスティングをしてみた詳細を記録しました。

実際の7日間ファスティング生活と、体重・体調・摂取したもの・所感

 

準備期間の三日間

まごはやさしい食生活を中心にしました。豆料理、ごま、野菜料理、ナッツ類。

 

ファスティング中は、内臓に負担をかけないことが特徴なので、消化酵素をたくさん消費しやすいたんぱく質を率先して除去しました。例えば肉や魚。たまご。もちろんお菓子類もさようならです。

 

 

そのかわり、体に優しい食品であれば、ストレスをためてまで量をセーブしようとは思いませんでした。

 

 

ちょうど、冷蔵庫の中の食品が消費できそうだったので、タイミング的にもテイクオフできるのは今だなとイメージトレーニングでそわそわしながら過ごしました。

 

 

 

 

 

 

ファスティング①日目

・体重54.6キロ

・体調いつもと変わらずすがすがしい

・摂取したもの マルチビタミン クリスタルソルトブラック アミノパワー カルニチン二錠 ザワークラウトの汁 乳酸菌一錠 梅湯 はちみつレモン炭酸割

・所感 いつものようにトレーニングジムで筋トレを一時間後、電池切れする。ドラッグストアで購入したパウダー状のアミノ酸を水で飲んでパワーがよみがえった。いきなり固形物が絶たれたので、気持ちがかなり不安になり、身近にある栄養素をあれこれ試したような一日になりました。立ち寄ったドラッグストアでどん兵衛の肉うどんが目に飛び込んできたので、ファスティング後に落ち着いたら食べるようとして購入することで今食べたいという留飲を下げましたv

 

ファスティング②日目

・体重54.キロ

・体調こめかみが少し痛い、普段の食生活が寂しい気持ちが芽生える 筋肉痛少しあり 驚くほど内臓が楽

・摂取したもの マルチビタミン カルニチン二錠 鉄分サプリメント 塩飴 味噌汁具なし ジンジャーはちみつレモン炭酸割り

・所感 体の脱力感が来てしまうのではないかという不安と、筋肉が落ちたらどうしようという不安から、今日もいつも通りジムに通ってしまう。体調がSOSになってしまった時のために常に塩飴やマグマソルト、アミノ酸を携帯。

 

ファスティング③日目

・体重53.8キロ

・体調 便秘気味になってくる 頭痛が回復したものの、寝起きのどっと疲れた感覚があり、二度寝をする 体力を奪われた感覚なし

・摂取したもの 寝起きにジンジャーはちみつレモン炭酸割り、カルニチン二錠、鉄分サプリ、塩飴 ジンジャーはちみつレモン炭酸割り

・所感 筋肉が落ちたらどうしようとやはり不安がぬぐいされず今日もジムに行ってしまう。うらはらに体はよく動き、通常のトレーニングをしてしまう。頭の中はすっきりしているし体はすいすい動くので苦痛なし。固形物を食べないと決めているので、外食の店を見かけてもスーパーを見かけても「食べに行こうかな~」「買い物しようかな~」などの余計な選択肢や思考がわかないのでかなり頭の中が楽。便秘気味になってきたのでよくよく分析してみれば、水分摂取量が足りないので1.5から2リットルに増やしてみる。空腹感自体はなし。固形物を食べない習慣がない違和感はまだある。

 

ファスティング④日目

・体重53.0キロ

・体調 口の中が苦い 夜中にトイレを催す 早朝覚醒 寝起きが悪い 目と頭の疲労感

・摂取したもの レモネード 塩飴 フレークソルトブラック マグマソルト 青汁 カルニチン二錠 梅湯 鉄分サプリ ワタナベオイスター

・所感 空腹感やパワー不足は驚くほど少ない。しかし固形物への渇望が消えなく、日に日に「ファスティングが落ち着いたら食べたいものコレクション」が増えていくのが我ながらいじらしい。体調よりもメンタル的な不安のほうが大きすぎる。そろそろお目当ての「オートファジー」が体内で行われているはず!と、イメージトレーニングをして一日を過ごした。

ファスティング⑤日目

・体重52.8kg

・体調 相変わらず口の中が苦い 寝起きは普段通り しばらくすると、頭の中が爽快になった 舌苔が少し減った

・摂取したもの レモネードの炭酸割 ミネラルウォーター2リットル 塩飴 フレークソルトブラック マグマソルト 青汁 カルニチン二錠 梅湯 鉄分サプリ アミノ酸パウダー2袋 ワタナベオイスターゼリー

・所感 頭の中では体に悪そうなものすら欲しがっているのがわかったが、体が欲していないということが自覚できた。もう5日も固形物を食べていないのに、まだまだ動けるのは糖分の補給で脳の状態を維持できていたことから、精神状態が健全に保てていたおかげだと認識。便秘状態の自覚が出てきたので、水分摂取の不足にやっと気が付き、ミネラルウォーターを積極的に飲むようにした。水分摂取を忘れるほど空腹感が全くない。ただ、二時間おきに栄養摂取しないと電池切れして体の力がなくなっていく恐怖感は拭い去れなかった。時々横になって休憩する。

ファスティング⑥日目

・体重52.6kg

・体調 口の中がねばねばしなくなってきた 早朝覚醒後の二度寝 夜中にトイレに起きる

・摂取したもの レモネードの炭酸割 ミネラルウォーター2リットル 塩飴 フレークソルトブラック マグマソルト 青汁 カルニチン二錠 梅湯 鉄分サプリ アミノ酸パウダー2

・所感 頭の中がとにかくクリアで眠気もなかったため、車の運転にも不安がなかったが、最低限にとどめておいた。時々おなかの中がぐるぐる言っていたので、良い予感がした。水分摂取が苦痛だった。また筋肉が減ってしまうことが不安でスポーツジムで思い切りトレーニングをしてしまう。マシントレーニングのみ。たびたびストレッ

ファスティング⑦日目

・体重51.8kg、体脂肪186

・体調 頭の中のぼーっと感が起床後2時間程度続いた 舌苔解消 眠りが異常に深かった感覚 便秘解消

・摂取したもの レモネードの炭酸割 ミネラルウォーター2リットル 塩飴 フレークソルトブラック マグマソルト 青汁 カルニチン二錠 梅湯 鉄分サプリ アミノ酸パウダー2

・所感 ついに最終日を無事に迎えたうれしさで、頭の中は高揚感でいっぱいになる。ただ、栄養補給は恐怖感からあれこれ多めにとってしまう。体内でオートファジーされている妄想を一日中することでモチベーションを上げた。

 

 

 

 

自己流のファスティングで得た結果とは・・・?

 

体重53.8kg減・体脂肪1・4%減!

標準体重に近いこともあり、まずまずの減り心地

 

 

 

・復食期三日間に摂ったメニュー

 

↓ ↓ ↓

すっきり大根というメニューで体内の大掃除を狙う。

大根三分の一を短冊切りにして昆布の入ったお湯でゆでる

無添加の梅干しと味噌、ゆであがった大根とその汁を交互にゆっくりと食す

 

2時間後、何度かトイレですっきりしてくる

 

三日目まではたんぱく質禁止。

 

やわらかい蒸し野菜やみそ汁中心の食事

水分さえ次から次に体に入れたくなるが、そのたびにほかのことを考えて我慢をする

 

復食期が終わってからは、徐々に普通職に戻していった。

 

 

 

ファスティングをして得たこと

食べない生活がこんなにもシンプルで楽なことに気が付いた。買い物、外食、おやつ。食べるものを求めて調理し、食す時間が大幅に節約できて、自分の時間が増えた感覚にさいなまれた。

・体に入れるものの質を意識できた。体が欲する栄養素の声が聞こえたようなスピリチュアルな気分になった。

・何も食べない断食をした苦痛からは想像もできないぐらい快適に実行できた。体調不安から解放された。

・またやりたい!と思うぐらい良い経験になった。

 

うまく言った理由を分析してみた

ゆるく始めた。完璧な結果を求めなかった。

情報収集しまくった。

・困ったことがあれば、やりながら判断して軌道修正していけばいいやと思っていた。

体重はただの数字。コントロールは100パーセントできないと知っていたので特にこだわらなかった。

・体の中で今何が起こっているか、良い想像をしながらモチベーションを維持した。

 

 

 

 

おわりに

私はファスティングを快適に行うことができました、あなたもいかがですか?

 

なんておすすめはしません。しかし、ファスティングに興味が出てからというものの、ファスティングに関するノウハウコレクターのようになっていたことで、かなりもやもやしていたので実行にうつしてしまいました。気をつけねばならないのは、復食期だということも痛いほどわかりました。食欲は、生き物である人間の本能的な欲求ですから、それをコントロールするのは至難の技であり、ファスティング後の飢えた体にはかなり誘惑が強いので危険だと痛感しました。そこが、断食道場などの管理下で行わなければならない大きな理由だと感じました。

そして、やり方さえ間違っていなければ、体内がとてもリフレッシュされて、未病をも防ぐことができそうです。また数か月後にも再挑戦してみようと思います。次回は、尿中のケトン試験紙で体内の状態を観察してみる予定です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!