脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

ボスママとのお付き合いをやり過ごす方法、10連発!!

 

 

高圧的なママ友・ボスママに悩んでいる人は非常に多い!

いきなりですが、先日友人から相談を受けました。

 

「ボスママが近所に住んでいて、毎日うんざりするけれど、引っ越したい・・」

 

具体的な理由は、

宅配サービスのグループに入ることを強引に勧めてきたり、

お茶会への強制参加というしきたり。ボスママさんの意に沿わないと、陰で悪口

さらにボスママさんの子供が彼女の世帯の郵便物にいたずらをしているというのです。

自分の子供や家族のことをある程度知られている状態でのコミュニティ。

ただのご近所さんではなくママ友・パパ友があつまれば、楽しいことばかりではありません。

じゃあ、どうしてボスママさんが全国のいたるところに「生息」しているのでしょう?

 

 

ボスママが派生してしまう理由とは?そして彼女の考えていること!

 

もともと、子育て世代という共通点はありながら価値観の違う者同士。馴れ合えば馴れ合うほどに遠慮がなくなって距離感が難しくなるものです。

確かに、子育ての先輩・後輩のようなちょっとした上下関係は存在するかもしれません。

 

けれどもボスママさんというのは、おそらく誰もボスになれと頼んでもいないのに、

ママ友たちを取り仕切りたいタイプの方なんでしょう。いわゆる、「支配欲」「自己顕示欲」「承認欲求」「共感されなかったときの自己否定感」が

人一倍強い傾向にあります。いわゆる、一人勝ちしたいタイプです。

 

 

それが彼女の人生当たり前なんです。そうじゃなきゃいられない。

これも価値観なんです。

 

ボスママの弊害に悩まされるのは実にあほらしい。その理由!

 

女性の多い職場でもこういった古株さんがボス的に集団を取り締まるという現象が起こったりしています。

役職上そうなっているのであれば、仕事内容の範疇を超えていなければ問題がないわけです。

その場を取り仕切る本人は良くても、それをプレッシャーづくで操作される立場はたまったもんじゃありません!

 

 

 

周りに不快を与えてしまうほどの、行き過ぎたしばりを与えてしまっている。しかも反論は許さない。

 

 

 

もう、ただのいじめですよこれは。

それなのに支配欲が満たされないと爆発してしまうほど心が傷つくのです。

つまり、彼女は子供みたいな人です。心は子供だけど姿が大きい人間に、逆らったら何をされるのか想像したくもないほどの恐怖です・・・

我慢を知らない子供のような人に、大人の知恵をフルに悪用されてしまうかもしれないあたりがもうしんどい。

 

まずは大きな子供に悩まされているのだとあなたが気づくことです。

 

 

 

ボスママ対策10連発!!あなたを惑わせる集団心理は全シカトでOK!

以下は、ボスママに悩まされているけどすぐに離れられない方向けのやり過ごし方になります。

 

  1. 常に笑顔で接する(お断りするときも)
  2. 羨望のまなざしでいることをアピールする
  3. ほめる・優越感を惜しみなくささげる
  4. 話や考えに共感する態度を見せる
  5. 断るときには大げさにへりくだってみる
  6. 危害が及びそうだったら、複数の行政機関に必ず相談する。
  7. 基本的に物理的な距離をおく。忙しくして離れる努力をする
  8. ちょっとした相談をして、頼りにしてみる
  9. ボスママの本当に良い部分をクローズアップして他のママ友たちと共有してみる
  10. 思い切って、マンツーマンのときに「ボスママのこんなところが唯一つらいからどうすればよいか」本人に相談してみる

 

要するに、大人の対応をできる時にはやりましょう、ということです。また、ボスママといえど100%害のある人間ではない場合がほとんどです。

頼れる部分を見つけて程よく仕切ってもらうのも手です。時には我慢できなくなることもあるでしょう。

そんなときこそボスママ本人に、「ボスママのこういう発言に傷ついて悩んでいるんです、どうすれば。。」

などとポロリとこぼしてみれば、本音でのお付き合いにも転ぶチャンスかも。

 

だけど、身の危険を感じたら、逃げるが勝ちが最強です!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!