脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

Administrator at Humans to Mars Summit (NHQ201805090001)

「今日は褒めてくれないんだね」と言われた時はどうすれば良いのか?適切な対処方法とは

褒めることは、他者とのコミュニケーションにおいてかなり重要な役割を果たします。もちろん人は褒められると嬉しくて承認欲求や自己肯定感が刺激され、仕事の能力や勉強も伸びてくれやすいです。

しかし、「過剰な褒め言葉」は、相手に対して不自然な印象を与えることもあります。時には相手に、「あれっ?最近褒められなくなった…」と違和感を持たれたり、言われたりする場面もあるのではないでしょうか。

そんな時は、次のような方法を試してみては?

なぜ、「今日は褒めてくれないですね」と言われるのか?

ある日、「この人、自分を褒めてくれなくなった…」そう思われる理由は主に3つあります。

「具体的な部分を評価してくれていないから」「褒めてくれたことが心底モチベーションになっていたから」「本心で褒めていたのか疑いを持ち始めたから」です。

1.「具体的な部分を評価してくれていないから」

まず、褒め言葉には誠実さが求められます。

ただ単に褒め言葉を連発するのではなく、その人が本当によくやったことを見つけ、認めて褒めることが大切です。褒め言葉が無意味にならないように、褒める対象に関する具体的な理由を伝えることが重要です。

2.「褒めてくれたことが心底モチベーションになっていたから」

一定期間、人を褒め続けると、相手は嬉しくて気分が良くなり、そのうち褒められるのが当たり前になってしまいます。褒められるのが当たり前になってしまうと、普段の褒め言葉の効果が薄れます。

褒め言葉の魔法が解けてしまったら、相手によっては、もっと褒められたい!という気持ちを言葉にして求めるようになってしまいます。

3.「本心で褒めていたのかに疑いを持ち始めたから」

過剰な褒め言葉は、相手に対して不自然な印象を与えることがあります。たとえば、あなたが子供に対して「とっても上手な絵を描いたね!」と毎回連発していると、子供は本当に上手に描いたのかどうか、あなたが言ってくれるために描いたのかどうか分からなくなる可能性があります。

「この人、表面的に褒めてるだけだな…」と思われないためには、「その場での努力」や「行動」など、具体的な内容を評価することが大切です。

褒めすぎが逆効果になることも

人は褒められることで自己肯定感を高めることができますが、過剰な褒め言葉、取って付けたような棒読みのような褒めは逆効果になることがあります。

相手が適切な行動をとるために必要な情報を与え、それを肯定することが重要です。例えば、部下に上手な資料作成をして欲しかったら、

「資料作成をA君にやらせたら右に出るものはいない!」よりは、「B君の作った資料はいつもわかりやすいよ!特に内容が簡潔でグラフもシンプルなのが良い!いつも頼りにしてる!よろしくね。」

と、抑揚をつけて具体的に褒めつつ伸ばしていくべきでしょう。褒めるべき点を絞って、ピンポイントで深い内容で褒めるのがコツです。

「今日は褒めてくれないんですね…」と言われたら

「今日は褒めてくれないんですね」と言われた場合は、相手の意見を真剣に受け止め、自分が褒める理由について説明することが効果的です。

その際に、「今日は忙しかったから褒めるのを忘れてしまったわけではなく、あなたが本当に価値あることをやっていることを知っているからこそ、今日もよくやったと思っている」というように、具体的な理由を伝えるとより効果的です。

適切な褒め方を身につけることで、相手が本当に価値あることをしたときに、その努力に対して伝わる評価ができます。これにより、相手の自己肯定感を高め、関係性をより強固なものにすることができます。

相手を褒めるときの注意点

まず、褒めすぎることは避け、「適切なタイミングで褒める」ことが大切です。いつも褒めてばかりいては、褒められすぎてプレッシャーを与えてしまうことにもなります。

適切なタイミングとは、「ここぞ!」という瞬間のことです。褒めるポイントを見つけた時に、すかさず褒めると信ぴょう性を感じてもらいやすいです。

「褒め」と「改善点」をセットに最強

「最近褒めてくれない…」と思われないためのとっておきの方法として、「改善点がある時の前置きとして、クッションのように褒める点を一点に絞って評価すること」です。

褒めること以外にも、改善点を指摘することも重要です。やはり、「すごい!」とただ漠然と褒めるだけでは相手も成長はできません。具体的なアドバイスや改善点を指摘し、その改善点の実践を促すことで、より良い成果が期待できます。

実際に褒めながら改善点を促して相手が成長すれば、「あなたに褒められたからできた!」という事実と感謝が長い間持続します。こうなれば、もう「褒めてくれないね」なんて言われません。

おわりに

以上のように、適切な褒め方を身につけることは、「職場の部下」や「家庭での子供」との関係性をより強固なものにするために非常に重要です。ただし、褒めることに留まらず、改善点も指摘し、アドバイスを与えることが大切であることを忘れずに行動しましょう。

職場の部下や家での子供に対して適切な褒め方を実践すると、結果的にお互いの関係性を強化することにつながります。

関連記事

コメントは利用できません。

灼熱の日に、外出先で快適に過ごすためのアイデア

暑い夏の日は、外出先で快適に過ごすのが難しいものです。猛暑の中での移動や長時間の外出は、体力を消耗させるだけでなく、熱中症のリスクも高まりま…

浪費の落とし穴から、這い上がる方法

あなたはお金に関する悩みを抱えていませんか?借金や節約がうまくできず、日々の生活に疲れを感じているかもしれません。でも心配しないでください。…

【ワークアウト・ブルー】筋トレで心が折れそうな現象が起こる原因と対策とは?

ワークアウト・ブルーとは? 筋トレは健康や美容に大きな効果があることは広く知られています。その反面、習慣のある人でも、負荷や…

職場が体育会系のノリだった時に知っておきたいこと全部のせしてみた

職場が体育会系のノリで、「自分はに合わない!」と感じたら、どうすればいい?そんな時になんとか乗り切るためのアドバイスを全てお伝えします。体…

トラブル回避!人間関係のゴタゴタに巻き込まれないためにできる本質的なこと

人間関係は、私たちが生活していく中で避けることのできないもの。しかし、トラブルが発生した場合、メンタルの健康や、仕事など生活のパフォーマン…

ページ上部へ戻る