脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

「目標を明確にする」のが難しすぎると思ってしまうのはどうして?

何か新しいことを目指そうとするときに、よく「目標を明確にししないと意味がない。」と言う話があります。

その目標自体を見失って、継続性がなくて、諦めてやめてしまった経験は誰にでもあると思います。

「目標を明確にする」って、そもそもどういうことなの?

人は目標の明確にする方法、やり方さえくっきりわかれば、本当の目標を見失わずに済むんじゃないかと思いました。

そんなこんなで今回は、目標を明確にするコツをお伝えしていきます。

「目標を明確にする」とは、自分の望みがいつでも詳しく説明できるレベル

ざっくりいうと、

  • 自分が「どうなりたいのか」がわかっていること
  • 「欲しい結果」をすぐに見えるように「鮮明に描ける」こと

です。

目に見える目標であれば、誰でもすごーく鮮明に映し出せます。ただ、厄介なのが「目で見えない目標」です。

だからこそ絵や文字に書いてでも、「この目で見えるくらい」のリアル感あふれる明確さが必要なんです。

目標を明確にするのが下手な人の理由

目標はあってもした後の自分がどんな風になっているか、それほど想像がつかない

・期待感は確かにあるものの目標達成したら実際的にどんなことが起きるのか?と言う想像もイメージが湧かない

今の自分とのギャップが多すぎることがほとんどです。

場合によっては、

・具体的に何をすればそこにたどり着けるか、正しい方法すらイマイチわからない。

と言う場合があります。

目標を明確にとらえるにはどうすればいいか?

じゃぁ、「目標をくっきり鮮明にしている人」のは何をしてるの?

・達成した人の話を聞きに行く

・達成するための具体的な方法調べまくる

・目標達成しやすい場所はどこなのか?というのをアンテナを常に張っている

・目標を達成すした後どうしたいか?達成した後の気持ち、したときのイメージを何度も何度もリアルに繰り返している

・実際にそれを忘れないように紙に書いて貼り出したり忘れない意識付けをしたりする工夫をしている

・既に目標に向かって実際に行動している

大体知らず知らずの間に目標達成しているよって言う人は、これだけのことを無意識のうちに行っています。

そこにあるのは、目標達成した後にどうしたいか?どうなりたいか?と言う熱量がそうさせるんですね。

そうしなければいけない絶対的な理由というのがもう自分の中で確立されていて、迷いがありません。

もちろんすべてのことがうまくいくとは限らないから、目標に挑戦する期間をきっちり決めて、そこで到達できたある程度努力して到達できなかったら諦める位の割り切理があります。

新規事業の立ち上げ企業も、期間内にある程度の利益が出なければ撤退するというのがセオリーになってきています。

目標は目に見えないからこそ、明確にできるだけで価値になる!

例えば、来週までに二郎のラーメンが食べたいという目的意識を持つ「気軽さ」を取り入れてはいかがでしょうか。

二郎のラーメンが食べたければ二郎の場所を調べて二郎のある場所に行くだけです。

目標も同じように、

手に入れたい目標が発生すれば

・その目標を達成した人の発信がないか調べたり、

・達成する方法を調べたり

・同じように達成しようとしている人たちのコミュニティーに入ったり

近づくことは全然簡単です。特に簡単だと思うことが大事です。

要するに、「目標に関連することで一日を埋め尽くす」のがコツ!

自分の頭の中を、その目標に関連することで埋め尽くす活動をする。のが一番効果的です。

とにかく目標を忘れると、目標を考えた時間から今までを全部無駄にしてしまいます。本当に妄想だけで時間の浪費をしただけで意味がありません。もちろん目標の継続もできないし、前へ歩けている成長の実感も湧きません。

そんな失敗の多い方は、一緒に頑張る仲間がいれば、よっぽどだれた仲間たちでなければ目標を忘れることもまずないですし、仲間の存在だけで「自分もやらないと!」となれます。内輪でわちゃわちゃするのが嫌いな人ほど仲間を作るべきです。

とにかく目標忘れないためには、頭の中をその目標に関連する情報でいっぱいにすることに精一杯の努力注ぐのが先です。忘れない工夫が自己成長を一番底上げしてくれます。

常にアンテナを張り、目標達成ができるリアルなイメージを働かせ、紙などに書いて目標を見える化し、同じ仲間を作る。もし今まで忘れっぽくて目標立てても意味なかった、うまく行かなかった、という方は、ちょっとした工夫をするだけで忘れにくくなってきます。

つまり、大体のことは頭の中で忘れなければ行動に繋がります。行動を起こせるようになったら、やり方を修正しながら継続さえしていれば、いつかは達成できことが多いのです。

でも普通の人は切羽詰まらないと目標を立てたことすら忘れてしまいます。「あれほど欲しいと思った結果」でさえ次の日に忘れてしまうのが人間というものなんです。

今までの計画倒れしてきたパターンをわかった上で、忘れない工夫を少しづつ重ねていく。それだけで他と圧倒的な差が生まれてきます。

目標を忘れないように行動する人しない人。あなたはどちら側の人間でありたいでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【以外な危険性】鳥の羽根も火傷する!便利なはずの接着剤も間違った使い方に注意!

いきなりですが・・・「接着剤で火傷する」って知ってました?正直なところパッケージ裏の説明まで見ない人がほとんどだと思います。 今回は…

なぜわたしは落ち着いて最後まで相手の話を聞けないのか?

コミュニケーションにおいて、相手と自分が話す配分が10:0に近ければ近いほど「自分だけ話しやがって」と思ってしまうわけですが、 中に…

振り返りを記録すると人生がゲーム感覚になる!

人生は振り返りの連続です。1日単位、週単位、月単位、目標単位... なぜ「振り返り」が必要なのかと言うと、 ・現状がうまくいっ…

増やしすぎても良くない!第二領域の取り扱いに注意!

時間管理のマトリックスとして、縦軸を「緊急度」横軸の「重要度」と呼ばれる考え方があります。 ビジネスのシーンでは大体がチーム…

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血…

ページ上部へ戻る