脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

人と比べる自分をやめる方法!「村人A」から脱出できる思考と、その行動から脱する第一歩とは? 

・ついつい人と比べて落ち込んでしまう。

・普段から劣等感が強い。

・人と比べることをやめたいのに、癖がなかなか抜けない。

・自分と人を比べる人生を止めれる方法を知りたい!

今回は、そんな方に向けて、人と比較する自己嫌悪から脱する方法についてお伝えしていきます。

なぜ、人は芸能人や身近な人間と比較するのか?

(環境的要因)

・周りの人に誰かと今まで比べられてきたから

(本能的要因)

・同類より有能か無能か判断して自分の価値をたしかめたいから。

(経験/習慣的要因)

・些細な優越感の気持ちよさが忘れられないから。

・普段買い物をして比較検討、値踏みをするように人にも応用してしまっている。

芸能人、SNSのキャラクター、身近な人たち。「目についた登場人物」と比べる事の何がいけないのか?

・態度にでてしまうと、人間的評価が下がるから。

・「簡単に」上に立って気持ちよくなれて幸せだなと思われるから。

・上には上がいるので、必ず劣等感で自滅するパターンに乗っているから。

人と比べられた側はどう思っているのか?残酷な真実。

・こちらからどうしてあげることもできず、困惑する。

人から比べられてたら優越感を持つタイプもいますが、そんな人ばかりではありません。

比べられても、こちらから何か有益なものを与えてあげることができないし、

ましてや、おんぶに抱っこで積極的にチャンスを与えてあげることができない。

親子でもなければ、お前はいつまで赤ちゃんだというような、独特なうざったさを感じるの場合が多い。

・人のことを人ではなく、「物」として扱っているではないかと疑念を抱いてしまう。

お店で陳列販売されている商品を値踏みされているような、雑な人間扱いをされているような、嫌悪感を抱いてしまう。

・じゃー、逆にこいつもそのような扱いを受けてもいいんだな。と、自分に自信のない人間だと思われる。

 

 

 

 

あなたが比較しているのは表面的な要素だけの幻である可能性が高い

私の経験ですが、鬱病で食欲がなくて激やせした時期がありました。標準体重が55キロでしたが、39キロまで落ちました。

少し太めな体型を気にする友人と久しぶりに会ったとき、しきりに私の痩せた姿を見て、

 

 

 

「すごい痩せたよね!前より全然痩せたよね?」

 

 

 

 

と、恨めしそうな顔つきで体を見られたことがあります。

が。こちらは鬱病ですよ?病気。食べる気力がないの。不健康。

 

 

 

優越感どころか、友人がそのような背景があるのを知らずに、自分の体型と比べ、しんどそうな気分になっている姿を見て、

 

 

 

「病気のことは話してあるんだけどな。フォーカスするのは、そこなのかー。」

 

 

 

と、思ってしまいました。

 

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、友人の羨んでいる要素には病気だからそうなってしまったのだという背景があって成り立ったものであり、

 

 

 

仮にその友人が痩せた時の幸せとは、種類が全く違うんだぞ?

 

 

ということです。

 

 

 

たしかにその時、私は表面上何の努力もなく楽して痩せました。

 

でも、痩せたのは蓋を開ければ望んでもいない鬱病によるものであるので、

 

 

「じゃあ、変わってくれよ!」

 

 

と思いました。

 

 

なんなら、その時彼女の方は婚約したばかりで、その部分だけみたら幸せな時期でした。

 

 

が、もしかしたら、それゆえに何かしら不安定なこともあるのかな。

 

 

とも、思いました。

 

 

 

このように、

誰もが羨む、とか。誰もに羨ましがられる、とか。存在しないと思うのです。

 

 

 

人というのは、優劣で比べたり比べられたりすると、人間関係に少しずつズレができてやすいものです。

 

思考のグレードをあげると、わざわさ比較しなくて済むのだと知る。

 

 

自分より優れた要素を持つ人と比べて落ち込む。

という図式ばかり何度もたどっていませんか?

 

 

 

それがなぜやめられないのかと言うと、

 

 

・あなたが自分の価値をうまく見つけられてないから、他と比べるしかないから

 

 

です。

 

 

つまり、人の人生の上に自分の立ち位置が成り立っています。

 

 

・比較して自分を判断すると言う思考回路が脳内に構築されてしまっているから。

 

 

思考回路というのは、環境や個人的価値観、とある出来事によっていつのまにか習慣になり、出来上がっていくものです。

 

 

では、思考のグレードを上げるには、どうすれば良いのでしょう。

 

 

・見た目だけで人を判断しない

人は本来、多面的な生き物です。ある分野では知的な才能があっても、その背景には努力があったり、また、違う分野ではあなたに全く及ばない。というような一面もあったりします。

 

 

人というのは、普段から全ての要素を丸出しにして生活していません。あなたの見方にもなんらかのバイアスが働いています。

 

 

だから、良くも悪くも人の真の意味でのの総合点などわかりようがないのです。

 

 

・人と比べている人に、伝染されないようにしてみる

 

 

 

世の中、価値観に共感したもの同士が仲良くしています。

側から見たら、どこを見ても同じカテゴリーの人間が行動しているように見えますよね。

 

 

 

付き合う人間関係によって、仕草や言葉遣い、考え方まで似てくるのです。

 

 

だからこそ、自分の成長につながらない不利な関係は、相手が傷つかないように断ってでも遠ざけるべきです。

 

 

 

例えば悪口や噂、比較してどっちが優れてる劣ってるのような幼稚な行為は、

放っておいたらどこまでも伝染していくので、この負の連鎖をあなたのところで断ち切るべきなのです。

 

人と比べてしまう

芸能人、SNSのキャラクター、身近な人たち。「目についた登場人物」と比べる事の何がいけないのか?

・態度にでてしまうと、人間的評価が下がるから。

・「簡単に」上に立って気持ちよくなれて幸せだなと思われるから。

・上には上がいるので、必ず劣等感で自滅するパターンに乗っているから。

人と比べられた側はどう思っているのか?残酷な真実。

・こちらからどうしてあげることもできず、困惑する。

人から比べられてたら優越感を持つタイプもいますが、そんな人ばかりではありません。

比べられても、こちらから何か有益なものを与えてあげることができないし、

ましてや、おんぶに抱っこで積極的にチャンスを与えてあげることができない。

親子でもなければ、お前はいつまで赤ちゃんだというような、独特なうざったさを感じるの場合が多い。

・人のことを人ではなく、「物」として扱っているではないかと疑念を抱いてしまう。

お店で陳列販売されている商品を値踏みされているような、雑な人間扱いをされているような、嫌悪感を抱いてしまう。

・じゃー、逆にこいつもそのような扱いを受けてもいいんだな。と、自分に自信のない人間だと思われる。

あなたが比較しているのは表面的な要素だけの幻である可能性が高い

私の経験ですが、鬱病で食欲がなくて激やせした時期がありました。標準体重が55キロでしたが、39キロまで落ちました。

少し太めな体型を気にする友人と久しぶりに会ったとき、しきりに私の痩せた姿を見て、

「すごい痩せたよね!前より全然痩せたよね?」と、恨めしそうな顔つきで体を見られたことがあります。

が。こちらは鬱病ですよ?病気。食べる気力がないの。不健康。

優越感どころか、友人がそのような背景があるのを知らずに、自分の体型と比べ、しんどそうな気分になっている姿を見て、

「病気のことは話してあるんだけどな。フォーカスするのは、そこなのかー。」

と、思ってしまいました。

つまり、何が言いたいのかと言うと、友人の羨んでいる要素には病気だからそうなってしまったのだという背景があって成り立ったものであり、

かりにその友人が痩せた時の幸せとは種類が全く違うんだぞ?

ということです。

つまり、私は表面上楽して痩せましたが、蓋を開ければ望んでもいない鬱病によるものであるので、

「じゃあ、変わってくれよ!」

と思いました。

なんなら、彼女の方は婚約したばかりで、その部分だけみたら幸せな時期ですが、それゆえに何かしら不安定なこともあるのかな。

とも、思いました。

このように、

誰もが羨む、とか。誰もに羨ましがられる、とか。存在しないと思うのです。

人というのは、優劣で比べたり比べられたりすると、人間関係に少しずつズレができてやすいものです。

思考のグレードをあげると、わざわさ比較しなくて済むのだと知る。

自分より優れた要素を持つ人と比べて落ち込む。

という図式ばかり何度もたどっていませんか?

それがなぜやめられないのかと言うと、

・あなたが自分の価値をうまく見つけられてないから、他と比べるしかないからです。

つまり、人の人生の上に自分の立ち位置が成り立っています。

・比較して自分を判断すると言う思考回路が脳内に構築されてしまっているから。

思考回路というのは、環境や個人的価値観、とある出来事によっていつのまにか習慣になり、出来上がっていくものです。

では、思考のグレードを上げるには、どうすれば良いのでしょう。

・見た目だけで人を判断しない

人は本来、多面的です。ある分野では知的な才能があっても、その背景には努力があったり、また、違う分野ではあなたに全く及ばない。というような一面もあったりします。

人というのは、普段から全ての要素を丸出しにして生活していません。あなたの見方にもなんらかのバイアスが働いています。

だから、良くも悪くも人の本当の総合点などわかりようがないのです。

・人と比べている人に、伝染されないようにしてみる

世の中、価値観に共感したもの同士が仲良くしています。

側から見たら、どこを見ても同じカテゴリーの人間が行動しているように見えますよね。

付き合う人間関係によって、仕草や言葉遣い、考え方まで似てくるのです。

だからこそ、自分の成長につながらない不利な関係は、相手が傷つかないように断ってでも遠ざけるべきです。

例えば悪口や噂、比較してどっちが優れてる劣ってるのような幼稚な行為は、

放っておいたらどこまでも伝染していくので、この負の連鎖をあなたのところで断ち切るべきなのです。

 

 

 

もちろん、人と比べるのが有効な場面も存在する。

・自分の足りない部分を補って成長する前提がある。

・相手を補ってあげたい前提があるし、相手もそれを望んでいる。

・ライバルや競合目線で比較することで、ビジネスアイディアに応用したい場合。

 

 

 

足りない部分、足りている部分の違いを認め合える人とだけ付き合うのが理想です。

 

 

人に興味を示すのは素晴らしい事ですが、本当に欲しいのは、人と比べて安心したい欲求を満たしたいだけなのだと思います。

 

 

しかしそれは間違いなく、相手に見透かされます。

 

 

 

それだけでなく、あなたが人間としてなかなか成長できていない事がバレてしまい、心の中で笑われる人生ほど苦痛なものはありません。

 

 

成長とは、その場の雰囲気を壊さないとか、人を不快にさせない人間的な内面要素です。

 

 

中身がないと思われたら地獄ですよ。

 

 

度を超えた比較は自分も破滅してしまうと気づくべきです。自分の人生をいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

悪用厳禁!献血に引っかからないくらい“血を濃くする”ための3つのヒント

・献血をして世の中の役に立ちたいのにいつも比重の検査で引っかかって断られてしまう ・献血で引っかからない位血を濃くしたい …

「病気になったらどうしよう!」と不安になり過ぎる人が知っておきたい、人生の切り抜け方

体は元気なのに、病気に対して恐怖を抱いて怯えてしまう自分が怖い!なんて、思って悩んでいませんか? 例えば、 ・闘病など…

「老化が怖い」「見た目が老けていくのが不安」と必要以上に怯えてしまう時の、適切な克服方法とは

生きていれば誰しもいずれ、おじいさん・おばあさんになることは頭の中ではわかりきっていることではありますが、心では受け入れたくない。…

親と関わりたくない時に、操作されずに徐々に離れていく方法

親。親。親。 「いまさら親と一緒に生活したくない。」 「いちいち細かなことでワーワー言われるのが苦痛…

本をたくさん読みたいが、読む時間がない時は、要約の要約に動け!

世界中に存在する本の数は、種類だけでも億を超えていますから、一生掛かっても読み切れないほど膨大です。 日本だけでも、次々と話…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!