脱皮・脱走!脱脂粉乳!!

好ましくない現状から逃れるヒントが転がっています。

© 脱皮・脱走!脱脂粉乳!! All rights reserved.

職場の先輩がうっせぇわ!と思えば思うほど、逆らえない。対処の基準と上手な立ち回り方。

 

・職場の先輩がいつも大声でしゃべっていて、気が散る

・チームを組んでいる先輩が、自分の気分次第で八つ当たりしてくる

・道具のように扱われている、しかも嫌味を言われる

・先輩だからなんと言い返せばよいかわからない・・

 

このような先輩から被害を受けた経験は、誰でも一度はあると思います。今回は、「こんな人の下では働きたくない!」と、思っている怒り心頭なあなたに、うるさい職場の先輩の基準別の対処法お伝えしていきます。

 

 

まあ、うるさい先輩は、どこの職場にもいるのが当たり前と知るべし!

うるさい先輩は、ほとんどの職場に存在します。理由は、基本的に仕事の先輩自身も、正しい教え方を知らないからです。

うるさい先輩というのはほぼ、後輩に仕事を教える方法を上から丸投げされているはずです。というか新人や後輩への指導方法を教えてくれる職場のほうが、むしろ少ない。本来ならばどんな社会人でも、先輩になれば教えるスキルというものを自分から学び取っていくしかないはず。

 

でも、そのまた先輩の教えが雑だったりすると、その部下も雑な先輩兵に育ったり、部下はこき使ってなんぼだと勘違いする先輩が生まれます。その結果、一定数の割合で「うるさい」先輩が発生します。はっきり言ってしまえばその先輩自体の怠慢です。

 

人はダメになるほうが簡単です。楽をしたい生き物なので当然といえば当然でしょう。便利なスマホを使えばもうガラケーには戻れないように、言うことを聞いてくれる部下が便利だから手放せないのと同じです。

 

 

うるさい先輩は、被害の度合いに応じて対処すべし!

 

ざっくり言ってしまえば、

「他の人からも煙たがられているかどうか確認してから対応する」

のが最優先です。

 

理由としては、
特に先輩が威圧的だったり。気が散るくらいうるさい場合、自己の判断さえ間違っているのでは?と錯覚してしまいがち。

 

そんなときほど、

「ほかの職場の人間も、その先輩をうるさいと思っているのか?」を確認してみて下さい。

 

何らかの対処をとるのは、周りの反応をうかがってからでも遅くはありません。

まずは同僚に相談すると、共感を得られるかもしれません。共感を得られなくても何らかの解決の糸口が見つかる可能性もあります。

 

 

 

ただうるさいだけの実害がないタイプの先輩であれば、スルーが一番

作業中にうるさい先輩(たち)でも、ただうるさくしているだけ。であれば、わざわざ同じ土俵に立つのではなく、その態度に対しては無視しましょう。業務に関係のない内容だったり、大の大人がするような振る舞いではないな、と思うようであれば、先輩とはいえ日頃のイライラをぶつけてくるだけのレベルの低い人(たち)だな・・と思うしかありません。

 

コツがあるとすれば、自分の周りに目に見えない強力なバリアを張ってくイメージをもつのです。仕事中なのだかまってちゃんの先輩の行動は目に入ら

ない、余計なノイズも聞こえない。そんな見えないバリアを張る特訓をしてください

 

 

うるさい先輩が目に余れば、直属の上司に相談するしかない

直接先輩に言うのは、避けたほうが良いです。想像してみればわかりますが、立場が下で思い通りに動かせると思っていた後輩から物申されて、素直に聞き入れられる確率は少ないです。誰だって後輩からは偉いと思われたい変な身分制度が存在しているの

。よき上司であれば、何らかの対策をとってくれるはずです。まずは先輩の先輩などの上司に報告することです

いつも業務に関係のないことばかりしゃべり、自分の気分次第でゲラゲラ笑って,人にも話をふってきて
言うことも下品。となれば、もう人間性の問題ですから「そんな人の下では働きたくありません。」と、意思表示するのがまっとうな行動です

そもそも後輩の要望を聞き入れもしないような先輩の器はたかが知れています

小声で話してくれたら助かります、もう少し静かにしてほしいなどのやんわりとし要望にも聞く耳を持ってくれないのであれば、静かにしてほしいと要求しても逆上されるようであれば、

 

先輩としても終わっているように思いますので、

 

・イチかバチか本人に対して逆上してみるか、

・さらに先輩などの上司に相談して外堀を埋める。

 

それでも改善されない、

精神的に参ってしまうなどの限界点を超える日が続きそうであれば、

転職を検討してみるのも視野に入れておくべきです。

 

実害があり、その改善も一ミリもなされない職場にいても不利益しかないです。

 

 

あまりにも自分に対する扱いが雑すぎて精神的に参っている場合は、転職を考えてみる

 

いかにも先輩があなたのことを自分の思い通りに動かせる道具みたいに思っているような態度が露骨だったり、
毎日先輩に言われたとおりに動いているのに人間以下の扱いを受けているのであれば、日に日に気がおかしくなってくるのは目に見えています。

 

 

毎日嫌味を言われ、辛い思いをしている場合方に個人的に言いたいのは、精神的に崩壊するついでに先輩への遠慮する気持ちも崩壊させることもアリです。うるさいわ!仕事の邪魔だからやめてくれる?くらいは言ってもよいと思います。もっといえば、むしろ敵に回すぐらいがちょうどいいです。なぜかというと、結局のところあなたはその先輩に舐めてるのもその態度の一因だからです。

 

 

 

先輩と後輩の身分制度。立場上どうやって言い返せばよいのか?

後輩なので、あまり生意気なことは言えない。なんと言ってやめてもらえばよいのか、わからない人は多いと思います。先輩は仕事上の先輩であり、人間的にも自分より格上なのかは全く別ですが、単純に立場が上の先輩なので頭が上がらないと思うものです。

 

立場上言えない場合も、「後輩が言うのも申し訳ないですが」などの言葉の前置きをすると、ワンクッションが先輩のダメージが和らぎます。お伺いを立てる処せ術・工夫としてはありです。なかには、後輩の提案さえ聞こうとしない先輩もいます。そんなときは、話だけでも聞いてもらえるのだとありがたく思いましょう。大事なのは、態度です。まずは下手に出ているような申し訳なさそうな態度で臨みましょう。腹の底が煮えくり返っていても、態度だけ演技だけ見てくれだけ申し訳なさそうな姿勢ならだれにでもできるはずです。

 

 

 

また、言い返すという概念を捨てるべきです。最後に言い返したほうが勝ち!みたいな論調は仕事には持ち込まないのがポリシーです。有効なパターンとしては、「私は先輩に声のボリュームを下げてもらえるともっと先輩のご期待に添えるのですが・・」ぐらい、したてに出る方法です。しかもさりげなく自分の主張を絡めているので、言いたいことは伝わりやすいかと思います。

なかには、要望をバシッとはっきりしゅちょうして主張してほしいタイプの先輩も存在しますので、見極めは必要ですが、間違えたら言い直せばよいです。

 

 

 

パワハラを疑うレベルの先輩は一生変わらない。周りも改善してくれない場合、転職をお勧めします。

 

 

・人の失敗を見つけては、怒鳴り暴言を吐く。

・嫌なことを言ってくる無視をしててもしつこく喋ってくる。

・毎日嫌味を言われ、辛い。
・鬱陶しさ、イライラがどうしても解消されない。
・先輩が同じ失敗をしても強気、あなたに理不尽な嫌味を言ってくる。
・嫌味や暴言はだんだんエスカレートして仕事どころではない。

・毎日毎日機嫌が悪く、一緒に仕事をしていると憎くてたまらない。

 

 

 

同僚にも上司にも相談したし、何なら先輩にも決死の思いで直談判した!けれども関係が悪化したり一ミリの改善もなされなかった。のであれば、転職をしてしまうことです。どんな仕事をするかよりも、だれの下で働くかということがとても大事です。自己成長や学びのない職場環境は毒以外何もんのでもありません。

 

 

というわけでまとめると、
実害がない場合は無視する、バリアを張る練習をする。個人的な言葉での攻撃やずさんな扱いがあれば直属の上司や同僚に相談して反応を見る。イチかバチかで先輩に反論してみる。一ミリも改善されないのであれば転職の道を考える。

 

 

 

職場の先輩にあ変わらず人を変えるのは簡単なことではありません。労力も時間も神経も削ります。ただ、よくよく話してみれば以外と悪気のない先輩もいたりします。同僚や上司の反応を見つつ、外堀を埋めていく方法が正攻法です。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

現状打破したいのに、なぜか動き出せずに立ち止まった時にやったほうがいいこと。

そろそろ、卒業の時期かな?と、思ったことは、ありませんか? 学校の卒業、ではなく、 「今の自分から、…

糖質制限をしたら、睡眠時間が減った!なかなか眠くならない/夜中に目が覚めるの不安を解消するには?

糖質制限をしていたら、いつのまにか寝付きが悪い。または、夜中に目覚めてしまうことがあります。 ここでは、糖質制限によってよく起こりが…

影響されやすい性格のあなたが騙されにくくなる、裏ワザ的メソッド!

・人やメディアの言ったワードや噂話などを無条件で自動的に鵜呑みしてしまう。 ・結果的に罪のない周りの人を振り回してしまって自己嫌悪し…

人生の迷路。人生の途方に暮れてしまう主なパターンと立ち直り方!

誰もが人生の迷路に迷い込んでしまう。心が空っぽになってしまう原因とは? 誰しも、生きていれば思い通りになることばかりではあり…

「目先の欲に、目がくらむ!」をなくす考え方。時間割引率を理解すれば、我慢せずに方向転換できる!

将来のために行動しようと思っていても目先の欲についつい負けてしまうのは、仕方がないことである。 普段からコツコツ堅実に、将来…

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!